障がい者アスリートが競技と業務を柔軟に両立し続ける環境を実現

PwC Japanでは、ビジネスにおけるプロフェッショナルとしてのキャリア形成とアスリートとしてのキャリア形成を両立する新たなアスリートキャリアの考え方「デュアルキャリア」に基づき、障がい者アスリートがライフスタイルや志向に合わせて「競技」と「業務」の比重を変えながら、長期にわたり柔軟な働き方ができる環境を提供しています。その具体例となる「チャレンジドアスリート」には、車いすバスケットボール 男子日本代表チームのヘッドコーチを務めるメンバーをはじめ、数多くの障がい者アスリートが所属しており、日々競技と仕事に励んでいます。今後もPwCでは、スポーツの持つ多様な価値を効果的に活用し、障がいを持つ方々が一員として長期的に働ける環境づくりを進めていきます。

及川 晋平

PwCあらた有限責任監査法人 シニアアソシエイト

車いすバスケットボール 男子日本代表チーム ヘッドコーチ

“それぞれの違いを尊重しながら活躍できる場がここにはあります”

車いすバスケットボールではPwC Japan の「チャレンジドアスリート」のチームのコーチと男子日本代表チームのヘッドコーチを両立しながら、業務にも携わっています。PwCにはとても自由な空気が満ちていて、そうした土壌があるからこそ、障がい者が競技をしながら働き続けることへの理解が世間に先駆けて浸透しているのだと実感しています。