米国:フランスの特定の税金を支払う個人の納税者は、外国税額控除による還付を請求可能に

2019-07-15

アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)は、フランスの特定の税金(Contribution Sociale Généralisée (CSG)税およびContribution au Remboursement de la Dette Sociale (CRDS)税)を支払う個人の納税者による外国税額控除(FTC)の請求に今後異議を申し立てないことを発表しました。IRSは、過去10年間に支払われたこれらのフランスの税金について米国連邦所得税の申告でFTCを請求していなかった場合、該当する納税者が米国連邦所得税の還付請求を申請できると述べています。各社モビリティプログラムマネージャーは、フランス駐在員の中でこの変更から恩恵を受けられる可能性のある米国籍の納税者を確認することをお勧めします。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us