英国:Brexitの「Flextension」‐社会保障における影響は?

2019-04-18

英国とEU27は先週、2019年10月31日までの柔軟なEU離脱延長に合意しました。現在の政治情勢では、「合意」を伴わずに欧州連合(EU)を離脱することは、英国議会では支持されておらず、従って、柔軟な延長は、離脱協定合意の過半数を得ようとするテレサ・メイに多少一息つく間を与えることになったようです。

「合意」を実現することは、社会保障の点において事業主により明確な方針を示すことになるでしょう。しかしながら、「合意なき」のEU離脱も起こりえることは引き続き懸念されます。

以下に、「合意」への期待と「合意なき」という状況の継続的な脅威の両方を考慮しつつ、事業主がBrexitに関連する社会保障の取り扱いに対応するためのいくつかの洞察と実務的なアプローチを共有し、特に本insightsでは、今後6カ月およびそれ以降に、どの社会保障調整ルールを事業主が検討する必要があるかについて取り上げています。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us