シンガポール:シンガポール国民の非居住者選択特例の廃止

2019-09-06

シンガポール内国歳入庁(IRAS)は2019年8月、シンガポール国民が1年間の内、6カ月以上シンガポール国外に滞在していた場合に、非居住者としての申告を選択することができる特例措置を廃止する事を発表しました。2021年の賦課年度(2020年1月に始まる課税年度)から、この特例措置は適用できない事となります。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。