シンガポール:継続が予想される中央積立基金(CPF)拠出金の執行の厳格化

2019-09-19

シンガポール政府は、定年および再雇用年齢を考慮した中央積立基金(CPF)拠出金の適正な支払いと財政独立性の強化を重視し、より長く働くことが求められる高年齢労働者を支援するためにCPF拠出金を増額します。

本拠出金は、シンガポール人の退職や住居、医療の需要を支えるために不可欠です。

シンガポール政府はCPF委員会とともに、CPF拠出金を促進し、CPF政策下の国家コンプライアンスを向上させるためのさまざまな施策を提案しています。

最新のCPF委員会年次報告書(2018)および2019年8月に行われた国政方針演説2019で述べられている主な施策は以下のとおりです。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us