マレーシア:出向アレンジメントによりサービス税の負担が生じる可能性

2019-11-08

ロイヤルマレーシア税関部(税関)は、令和1年8月5日に「雇用サービスに関する指針」を改訂しました。

法律上、「従業員の出向」は、サービス税法上の「雇用サービス」の課税対象に含まれないと規定されていますが、当該指針においては、マレーシア企業から回収される人件費に対するマージン/マークアップは、サービス税の課税対象であると詳細に述べられています。

このインサイトは、新しい要件が、マレーシアに従業員を派遣している企業にもたらす変更点と影響について述べています。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us