マレーシア:外国人従業員も雇用主による社会保険料拠出の対象に

2019-01-19

2019年1月1日より、マレーシア企業による外国人従業員(家事使用人を除く)のマレーシアの社会保障制度( Malaysian Social Security Organization(SOCSO))に登録し、Employment Injury Schemeへの拠出が義務付けられました。この制度により、従業員の業務に関連して起きた疾病や、通勤中の事故に対して、現金給付、医療補償、リハビリテーションそして就業研修などが補償されることとなります。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us