中国:個人所得税法改正が就労許可申請に及ぼす影響について

2019-08-20

2019年1月1日に全面施行された個人所得税(IIT)法に基づく支払協定が、中国での就労許可申請により大きな影響を及ぼしています。この新IIT法は、標準的な基礎控除を増やし、非居住者に対する税制をより明確にするものです。これらの要素は月々の税計算に影響を及ぼし、その結果、事業主が外国人従業員の給与形態について事後証明アプローチ(原文 ‘undertaking’ approach)の下、外国人従業員に対する中国の就労許可を申請する必要があるのかの判断をより複雑にしています。

本文は、PwC税理士法人が参考としてInsights from Global MobilityのIn Briefを和訳しています。

詳細を含む原文はGlobal Mobility Insightsのフルバージョンをご参照ください。PwC税理士法人による和訳には、可能な限り正確を期しておりますが、原文と解釈の相違がある場合は、原文である英語版に依拠してください。

Contact us