投資法人に係る2016年度税制改正について

2016-04-11

金融部ニュース
2016年4月11日

 

2016年度税制改正法案が2016年3月29日に国会で可決・成立し、3月31日に公布された当該改正に係る政省令とともに、4月1日に施行されました。

2016年度税制改正においては、投資法人の支払配当等の額が配当可能利益の額の90%を超えていることとする要件における配当可能利益の額の計算について、「繰越利益等超過純資産控除項目額」として、原則として純資産控除項目の額のうち前期繰越利益の額を超える部分の金額を控除する等の調整措置が講じられました。当該改正は、投資法人が施行日以後に支払う配当等の額について適用することとされているため、4月1日以降に配当等の額を支払うすべての投資法人に対して適用される点に留意が必要となります。

  1. 繰越利益等超過純資産控除項目額に係る改正の概要
  2. 繰越利益等超過純資産控除項目額が発生した事業年度における取扱い
  3. 翌事業年度以後の取扱い
  4. 適用時期
  5. 投資法人に関するその他の改正

(全文はPDFをご参照ください。)

 

Contact us