現金及び現金同等物

 

読み方:げんきんおよびげんきんどうとうぶつ

定義

キャッシュ・フロー計算書が対象とする資金の範囲は、現金及び現金同等物とされており、その内容はそれぞれ次のとおりです。

  1. 現金
    現金とは、手許現金及び要求払預金をいいます。
    ここでいう要求払預金とは、預金者が一定の期間を経ることなく引き出すことができる預金をいい、例えば、普通預金、当座預金、通知預金が含まれます。したがって、預入期間の定めがある定期預金は、ここにいう要求払預金には該当しません。
  2. 現金同等物
    現金同等物とは、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資をいいます。現金同等物は、この容易な換金可能性と僅少な価値変動リスクの要件をいずれも満たす必要があり、市場性のある株式等は換金が容易であっても、価値変動リスクが僅少とはいえず、現金同等物には含まれません。
    現金同等物の例としては、取得日から満期日又は償還日までの期間が3か月以内の短期投資である定期預金、譲渡性預金、コマーシャル・ペーパー、売戻し条件付現先、公社債投資信託が挙げられます。
    なお、現金同等物として具体的に何を含めるかについては、各企業の資金管理活動により異なることが予想されるため、経営者の判断に委ねることが適当と考えられており、資金の範囲に含めた現金及び現金同等物の内容に関しては会計方針として記載することとされています。

参照基準等

  • 会計制度委員会報告第8号「連結財務諸表等におけるキャッシュ・フロー計算書の作成に関する実務指針」(日本公認会計士協会)

Contact us

Follow us