インシデントレスポンス態勢の高度化・CSIRT構築支援

昨今の企業リスクは多様化しており、サイバー攻撃や内部犯行、システム不具合による情報セキュリティに関連するインシデントが頻発しています。経営者が情報セキュリティに関するリスク管理を軽視していると、組織運営に大きなダメージを受ける可能性があります。

このインシデントによる影響を局所化、最小化するためには、平時からインシデントが発生した場合を想定した組織態勢を整備しておく必要があります。つまり、経営層は、事故前提の考え方に基づく危機管理態勢を確立すべきであるといえます。

当社のサイバーセキュリティサービスでは、企業におけるCSIRT(Computer Security Incident Response Team:シーサート)の構築を支援します。このCSIRT構築支援サービスでは、PwCのグローバルネットワークを生かした構築支援から運営サポート、また国内外のほかのCSIRTとの連携支援などを提供します。

セキュリティインシデント検知機能の高度化SOC構築支援