•   PAGE TOP
  •  サービス
  •  対談
  •  セミナーレポート
  •  調査/レポート
  •  動画
  •  プレスリリース
  •  紹介
  •  
  •   Consult us
  •   Facebook
  •   Twitter
  •   LinkedIn
 

サイバーセキュリティ
Cyber Security

業務環境やスタイルの変革などを促すめまぐるしいテクノロジーの進化は、企業を取り巻くIT環境にも多大な変化をもたらしており、新たに検討すべき点が次々に出現しています。
PwCのサイバーセキュリティサービスでは、世界157カ国のPwCグローバルネットワークを最大限に活用し、グローバルにおける数多くの実績や豊富な知見をもとに、サイバーセキュリティに関する日本企業への示唆や提言を行っております。

PwCが提供するサイバーセキュリティサービス

PwCのサイバーセキュリティサービスでは、 3,000人以上のプロフェッショナルを有する世界最大級のセキュリティプロバイダーとして経験と知見を結集し、セキュリティアセスメント、セキュリティコンサルティング、インシデントレスポンス、セキュリティマネジメントの4種類のサービスを一気通貫で行い、サイバー攻撃に関するリスクから組織の重要な資産を保護するための対策やビジネスの推進を支援します。

セキュリティアセスメント

サイバーセキュリティの現状把握と投資効果最大化

組織のサイバーセキュリティ現状を客観的に検証し、抽出された課題から今後導入すべき対策を把握し、サイバーセキュリティ投資効果の最大化を支援します。

  • ITセキュリティストラテジー・ガバナンス評価
  • サイバーセキュリティ対策の有効性評価
  • ペネトレーションテスト
  • Webアプリケーション脆弱性診断
  • サイバーセキュリティ・ベンチマーキング

セキュリティコンサルティング

サイバーセキュリティ態勢の構築支援

サイバーセキュリティを改善するための戦略やロードマップを策定し、最適なサイバーセキュリティ態勢の構築を支援します。

インシデントレスポンス

サイバーインシデントの適切な対応支援

サイバーインシデント発生時に、詳細な調査分析による迅速な対処や復旧を行い、同時に危機管理対策を実行することで、被害の拡大を未然に防止します。

セキュリティマネジメント

サイバーセキュリティ推進の優先度決定支援

サイバーインテリジェンスやサイバー演習により、最適なサイバーセキュリティを実現するための優先順位決定を支援します。

サイバーセキュリティ対談

中部電力 × PwC 対談シリーズ

中部電力 × PwC 対談シリーズ第3回

重要インフラ企業がサイバーセキュリティに対してどのような取り組みを行ってきたのかを中部電力とPwCが対談形式でお送りします。第3回では伊勢志摩サミット後のセキュリティ対策について語ります。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第6回

万一、自分の会社や組織で、情報漏えいの事件が起こってしまったら……。事件が起こったその日(Day1)の動きは重要です。Day1に、情報漏えい元の会社は何から手を付ければ良いのか。企業の情報システム部門、法務部、広報など、それぞれの部署は、どのように対応し、何に気を付ける必要があるのか。2人の専門家が法的側面と技術的側の両方から語ります。

PwC 対談シリーズ

PwC 対談シリーズ 第5回

予期せぬサイバー攻撃がやってきても、慌てずに対応し、被害を最小限に食い止めるには、何と言っても事前に実践的な疑似体験をしておくことが一番です。さまざまなサイバー演習を提供している立場の2人が、サイバー演習の意義とポイント、そして今後のサイバー演習の在り方について語ります。

サイバーセキュリティセミナーレポート

  • 2017年3月15日
    PwCサイバーサービス 上席研究員 神薗 日本シノプシスセミナーで講演
    PwCサイバーサービス合同会社 サイバーセキュリティ研究所で所長を務める神薗 雅紀は2017年3月15日、日本シノプシスが主催する自動車業界のセキュリティ対策にフォーカスしたセミナー「Synopsys Automotive Security Conference」において、「コネクテッドカーに関するサイバーセキュリティ事例の紹介と今後の展望」をテーマに講演しました。

セキュリティ分野の調査/レポート

Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)

Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)

「APT10」として広く知られた攻撃者グループによる、かつてない規模で長期間にわたり展開された国際サイバースパイ活動「Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)」を発見し、目的遂行を阻止するべく協働した調査報告書です。

Financial crimes observer: SWIFT不正送金から得られた教訓‐1億米ドルの不正送金を防ぐために

Financial crimes observer: SWIFT不正送金から得られた教訓‐1億米ドルの不正送金を防ぐために

本レポートは、2016年2月に発生したSWIFT不正送金事案をテーマに、今後金融機関に求められるセキュリティ対策に関するPwCの見解をまとめた報告書です。

グローバル情報セキュリティ調査2017

グローバル情報セキュリティ調査2017

グローバル情報セキュリティ調査は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向などを分析、レポートします。

Insurance 2020 & beyond:サイバー保険に関する展望

Insurance 2020 & beyond:サイバー保険に関する展望

サイバー保険の市場規模は、10年後に75億米ドルまで成長すると見込まれています。本レポートでは、どのようにすればクライアントに価値を提供し続けるサイバー保険を提供することができるかなどを探ります。

 

サービス/法人紹介動画

YouTubeをご覧になれない方はこちら >

サイバー攻撃からの早期復旧を実現するPwCサイバーサービス合同会社

PwCサイバーサービス合同会社 最高執行責任者 星澤 裕二が、従来の防御主体のサイバーセキュリティから脱却し、サイバー攻撃を受けた後の­早期復旧を目指すレジリエントセキュリティを実現する新組織と新サービスについて説明します。 従来のコンサルティングの枠組みを超えたサービスとして、スレットインテリジェンスを­ベースとした『脅威・脆弱性情報提供』『インシデントレスポンスアドバイザリ』『リア­ルタイムインシデントレスポンス』を信頼できる専門家が提供します。さらに、サイバー­セキュリティのコンサルティングと融合しつつ、レジリエントセキュリティの実現を総合­的に支援します。

YouTubeをご覧になれない方はこちら >

Game of Threats™ ‐サイバー攻撃とインシデントレスポンスを疑似体験する対戦型ゲーム‐

PwCコンサルティング合同会社(PwC)が提供している対戦型ゲーム、Game of Threats™について説明しています。ゲームを通して、経営層やセキュリティ管理者がサイバー攻撃の脅威を疑似体験し、どのような攻撃が企業にダメージを与えるのか、どのような対応が効果的な対策となるのかを学ぶことができます。サイバーセキュリティ教育の一環としてサイバー演習やインシデントレ­スポンス訓練に活用いただくと効果的です。

お知らせ

サイバーセキュリティのプロフェッショナル紹介

サービスに関するお問い合わせ

サイバーセキュリティセンター

PwCがグローバルに展開する「サイバー攻撃対策サービス」の日本での活動拠点として、サイバーセキュリティセンターを設置しています。

詳細はこちら