ビデオライブラリー

注目コンテンツ

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳 弘之氏 インタビュー ‐ 2016 APEC CEO意識調査 ‐(2016年12月2日)

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳 弘之氏から、APEC市場の重要性と市場の変化、国際標準の規制整備、中国でのビジネス展開、デジタル化戦略、ダイバーシティ&インクルージョン、経営スタイルなどについてお話を伺いました。

動画一覧

AI時代の人材育成とAI・ビッグデータ活用を促進させるためのアプローチ

5年後に目指すAI(人工知能)の活用目標数値と現状のギャップが世界と比べて日本は非常に大きいのは何故か。AIの活用を阻んでいるのは何か。「AI」「ビッグデータ」「企業経営」のトップランナーによる各分野の最新動向および日本のビジネスの将来像の提言を受け、日本の経営トップが取り組むべき、AI時代の人材育成とAI・ビッグデータ活用を促進させるための課題にアプローチします。(2017年5月15日)

変容する世界で未来を描く~過去20年における世界のCEOの意識変化と日本企業への示唆~

「第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化 未来をどう描くか?」の日本分析版を発表しました。2017年1月にPwCが発表した調査から、日本企業のCEO110名の回答に焦点を当て、世界全体や他地域と比較を行い、日本企業が置かれている状況や今後の課題について考察したものです。 (2017年5月15日)

金融サービステクノロジー2020年を越えて:破壊を取り込む

フィンテック(FinTech)が金融サービス業界とその監督機関や利用者にどのような影響を及ぼすのか、PwCが金融機関の役割と構造、競争環境、その市場や社会に破壊的な変革をもたらそうとしている大きな力、技術的進歩に焦点を当て分析しています。(2017年4月25日)

贈収賄リスクへの対応の重要性

PwCフォレンジックチームは、企業が全世界で直面する贈収賄リスクを含むコンプライアンスリスクに対して、コンプライアンス体制の構築から詳細な調査に至るまで全面的に支援します。(2017年4月3日)

PwCのパートナーが語る‐監査法人におけるキャリアと人財の多様性

PwCあらた有限責任監査法人では、会計士の方のみならず、多様な人財が生き生きと活躍しています。組織のフラットさ、カルチャーなどパートナーからの生のメッセージで是非感じてみてください。(2017年3月29日)

想定されるEU離脱シナリオ、そして離脱後の姿

PwC Japanグループは外務省の後援のもと、Brexit Forum「英国のEU離脱シナリオに向けた課題と対策」(2017年2月8日)を開催し、慶応大学 教授 庄司 克宏 氏にアカデミックな見地からブレグジットとその影響について講演いただきました。(2017年3月29日)

PwCファミリービジネスサーベイ2016:ビジョン実現に向けた中期戦略計画の構築

PwCの「ファミリービジネスサーベイ2016」では、世界50カ国、多種多様な業界を代表する2,800社以上の経営幹部に協力いただき、家業を守り続ける上で直面する経営課題、グローバル化、デジタル化への対応などについてお答えいただきました。(2017年3月13日)

RADAR‐PwCリスクインテリジェンスサービス

PwCあらた有限責任監査法人は、経営者がリスクを的確に捉え、意思決定のスピードの向上を実現するための経営基盤(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)の強化に最新のテクノロジーを適用するデータアナリティクスサービスを提供しています。(2017年3月2日)

第20回世界CEO意識調査20年史

PwCは過去20年にわたり、世界のCEOに対して人口構造の変化、急速な都市化、世界的な経済力や企業活動の再編成、資源の不足など世界に影響を及ぼしているメガトレンドについて調査を行ってきました。調査を開始した20年前と比較して、世界はグローバリゼーションとテクノロジーによって大きな変貌を遂げる中、多くの人が20年前には予期していなかった種々の課題に直面しています。(2017年2月23日)

次世代育成の取り組み~コンサルティング・会計監査の仕事を伝える~

PwC Japanグループは専門性を生かしたCorporate Responsibility(企業としての責任)活動の一環として、中高生の職場体験学習の受け入れ、大学生へのキャリア教育プログラムの提供を行っています。(2017年2月22日)

PwC Japan Season's Greetings 2016‐2017

PwC Japanから季節のご挨拶を申し上げます。Season's Greetings from PwC Japan.(2016年12月7日)

42号公告による移転価格コンプライアンスへの影響

42号公告による移転価格コンプライアンスへの影響」というテーマで、2016年6月29日に公布された42号公告における中国の新たな移転価格コンプライアンス要求についてご紹介いたします。(2016年12月2日)

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳 弘之氏 インタビュー ‐ 2016 APEC CEO意識調査 ‐

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳 弘之氏から、APEC市場の重要性と市場の変化、国際標準の規制整備、中国でのビジネス展開、デジタル化戦略、ダイバーシティ&インクルージョン、経営スタイルなどについてお話を伺いました。(2016年12月2日)

2016年度コンプライアンス調査

PwCの第6回年次コンプライアンス調査(State of Compliance Survey 2016年度調査)では、グローバル全体で約800社にご協力いただき、各社からの回答結果を基にレポートを作成しています。本レポートは、倫理・コンプライアンス・プログラムのさらなる高度化へ向けた指針を示すことを目指しています。(2016年11月18日)

英国のEU離脱が財務報告に与える影響

英国の国民投票の結果を受け、PwCのグローバルIFRSネットワークのリーダー達が財務報告への影響について語ります。 後半ではユーザーからの質問についても回答します。(2016年10月18日)

EU離脱(ブレグジット)とEU単一パスポート制度

英国のEU離脱により、「単一パスポート制度」はどうなるのか、金融機関への影響や対策について、金融セクターの和田パートナーが解説します。(2016年9月30日)

EU離脱(ブレグジット)と日本企業

クライシスマネジメント・事業再生部門の責任者であり、ブレグジット・アドバイザリー・チームリーダーの倉田パートナーが英国のEU離脱に関して日本企業における影響全般について解説します。(2016年9月30日)

PwC Japanグループ代表 木村 浩一郎のメッセージ

PwC Japanは、これまで以上に幅広いステークホルダーの皆様との協働を積極的に行い、そして、これからも日本社会や企業の持続的な成長と発展のために貢献してまいります。(2016年9月28日)

PwCあらた有限責任監査法人代表執行役 木村 浩一郎、および執行役副代表 木内 仁志のメッセージ

PwC Japanは、これまで以上に幅広いステークホルダーの皆様との協働を積極的に行い、そして、これからも日本社会や企業の持続的な成長と発展のために貢献してまいります。(2016年9月23日)

Cities of Opportunity7:日本が世界に誇る都市交通インフラ その現在と未来(パネルディスカッション)

世界の主要都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」レポートの重要な指標の1つである「交通インフラ」について、都市ソリューション研究会の構成メンバーによるパネルディスカッションを開催しました。※掲載内容、法人名、所属部署、肩書などは実施当時のものとなります。(2016年9月7日)

PwC Japan in Slush Asia 2016 - スタートアップと大手企業によるイノベーションの創出をサポート[English]

PwC Japanが「Slush Asia 2016」(2016年5月13日-14日、幕張メッセ)に参画した内容を紹介しています。このイベントには国内外の才能あふれる若き人材と起業家、投資家、企業、メディア、学生が集い、スタートアップの土壌を育むグローバルコミュニティを創りました。(2016年8月18日)

ストラテジック・バリュー・コンサルティング

私たちは、協働を通じ、貴社の意思決定にバリューレンズを取り入れ、ステークホルダーのバリューインパクトの焦点を鮮明にし、 強固なコンセンサスの形成、コミュニケーションの向上と同時に、最も重要な企業戦略、資本戦略からのリターン拡大を支援します。(2016年8月9日)

連結納税サービスのご紹介

国内子会社の税務ガバナンスの強化を達成する上で適切なツールと言える連結納税制度について、導入支援サービスの内容をPwC税理士法人 パートナーの山下 信子がご紹介します。(2016年8月1日)

グローバル化と事業再生

本ビデオでは、巨額の投資にもかかわらず海外進出が上手くいかず、苦境に陥っている企業の典型をドラマ仕立てで紹介しています。(2016年6月13日)

投資ストラクチャーに関する税務アドバイスについて

PwC税理士法人 パートナーの鬼頭 朱実が、金融ビジネスコンサルティング業務のうち、投資ストラクチャーに関する税務アドバイス業務についてご紹介します。(2016年6月9日)

国際資産税サービスのご紹介

クロスボーダー環境の資産税に関する国際資産税サービスについて、PwC税理士法人 パートナーの遠藤 浩二郎がご紹介します。(2016年6月8日)

PwC Innovation Platform‐イノベーション加速化のためのプラットフォーム

企業のイノベーション促進のための専門組織「グローバルイノベーションファクトリー(Global Innovation Factory/GIF)」では、PwC Innovation Platformとして、イノベーション創出のための方法論によるプロセス・組織・制度改革、またPwCネットワークと外部スタートアップアクセラレーターや大学などとのコラボレーションによりアイデアの創出から商品化まで支援します。(2016年5月26日)

PwC Japanグループ キャリア教育支援への取り組み2015年版

私たちは専門性を生かした地域社会への貢献の一環として、次世代の人材育成に取り組んでいます。このため、中高生の職場体験学習の受け入れ、および、大学生に対するキャリア教育支援のひとつとして、特定非営利活動法人キャリアクルーズが主催する「キャリア大学」に参画しています。2015年度キャリア大学アワードにおいて、プライスウォーターハウスクーパース株式会社が「総合賞第1位」「ベストファシリテーション賞」を受賞しました。(2016年5月16日)

第19回世界CEO意識調査:CEOインタビュー サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長 新浪 剛史 氏

第19回世界CEO意識調査 サントリーホールディングス株式会社の新浪氏に以下のテーマについてお話を伺っています。 ‐不安定な時代の中で成長するには ‐多様なステークホルダーへの対応 ‐ダイバーシティーによるイノベーションの促進 ‐社会への影響の測定とターゲットへの伝達 (2016年5月)

デジタル時代のカスタマーストラテジー

本セッションでは、企業は、誰が自社の顧客なのかを明確にし、その顧客との関係性構築のために、デジタル化を含め、ケイパビリティを最大限に高め、活用してこそ生き残りの道があるのです。いくつかの取り組みと、ケイパビリティ獲得のために考えておきたいことをプライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社 ディレクター 唐木 明子が紹介します。

デジタル技術の進化が引き起こす産業構造の大変革

本セッションでは、PwCコンサルティング合同会社 ストラテジーコンサルティング(Strategy&) 代表 今井 俊哉が成長戦略のテーマでデジタル技術の進化が引き起こす産業構造の大変革について語ったセッション動画です。

税務ガバナンスの強化

本セッションでは、最近、ROEを経営指標の1つとして捉えている日系企業が増えてきているため、企業価値向上につながる税務ガバナンスの強化・整備についてPwC税理士法人 パートナー 白崎 亨が講演します。

グローバル金融規制

本セッションでは、日米欧の監督当局が金融規制・監督につきどのようなアプローチをとろうとしているのか、またそれが金融業界に与え得る影響について株式会社プラスウォーターハウスクーパース総合研究所 マネージングディレクター 北野 淳史が解説します。

内部不正調査とデジタルフォレンジックス

本セッションでは、ケーススタディなども交え不正調査の裏側をプラスウォーターハウスクーパース株式会社 シニアマネージャー 池田 雄一が内部不正調査とデジタルフォレンジックスについて紹介します。

サイバー攻撃対処としてのレスポンス能力の構築に役立つ取り組み

サイバー攻撃に係るインシデントへの対応体制としてCSIRT体制の設置が多くなってきてはいますが、体制構築に偏重する傾向が強く、能力向上のための取り組みは不足しています。本講演では、組織自らの努力でレスポンス(対応)能力を構築する取り組みをPwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問 名和 利男が紹介します。

デジタル時代の リスクガバナンス

本セッションでは、PwCの全世界サーベイ「Risk in Review」およびリスクマネジメントのフレームワークを用いてデジタル時代のリスクガバナンスの課題分析と対応トレンドにつきPwCあらた監査法人 パートナー 出口 眞也がご紹介します。

Sharing Economy

本セッションでは、Sharing Economyの海外・日本における動向、将来性、障害、既存企業/新しくサービスを始める企業/生活者に必要な備えについてプラスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 矢矧 晴彦が考察します。

グローバル化と事業再生

本セッションでは、プラスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 倉田 治が海外事業戦略の展望と対応のテーマでグローバル化と事業再生について語ったセッション動画です。

デジタル時代におけるリスクとは

PwC税理士法人 理事長 宮川 和也がリスクマネジメントへの対応のテーマで「デジタル時代におけるリスクとは」について語ったセッション動画です。

デジタル時代の人材戦略

本セッションでは、PwCコンサルティング合同会社 パートナー 作佐部 孝哉がデジタル時代の人材戦略と働き方のテーマでデジタル時代の人材戦略について語ったセッション動画です。

M&AにおけるPMI

買い手に愛想をつかした貴重な人材は、PMIに入るとすぐに転職してしまいます。なぜ人を獲得するためのM&Aが難しいのか、PMIにおける落とし穴とは何か、買い手の人材戦略との整合性をどう考えたらいいのかについて事例を交えてプラスウォーターハウスクーパースマーバルパートナーズ株式会社 代表取締役社長 岡 俊子が解説します。

デジタル活用によるビジネスモデル変革

本セッションでは、PwCあらた監査法人 代表執行役 木村 浩一郎がデジタル化の新潮流のテーマでデジタル活用によるビジネスモデル変革について語ったセッション動画です。

変化する世界における企業の成功を捉え直す

本セッションでは、PwCジャパン合同会社 代表執行役 鈴木 洋之がキーノートセッションで変貌する世界における成功を再定義する ~第19回PwC世界CEO意識調査から~について語ったセッション動画です。

イノベーションを加速するケイパビリティの新しい使い方‐破壊的変化に備えて

本セッションでは、各企業はどのようにイノベーション体質を強め、破壊的な変化に対応した事業体として変化し続けるのか、Strategy&が毎年行っているイノベーション1000の調査結果および、クライアントの新規事業支援の中から、グローバルR&D活動の重要性、コーポレートベンチャリング、組織全体のイノベーション力の向上という観点でお話します。

ワークスタイルイノベーション

本セッションでは、創造性を高め、目に見える形で業績向上を実現するイノベーティブなワークスタイルをプラスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 野口 功一がワークスタイルイノベーションについて紹介します。

Full Speed Forward:新しいテクノロジーの流れを捉える

イノベーションのサイクルは目にも止まらぬスピードで動き、変化ししています。今まで成功してきた多くの企業は、その動きを捉えられなくなっています。 多くの技術の中から新しいトレンドとなる動きをいち早く見つけ出し、フルスピードで進むために、PwCは価値ある知見と展望をお届けします。

第19回世界CEO意識調査:複雑な時代の成長に関するCEOの見解

グローバル市場でCEOは困難や不確実性に直面していますが、多くのCEOがビジネスを成長させる大きな機会だと捉えています。 世界の各業種のCEOが複雑な時代における成長に関して見解を述べています。

第19回世界CEO意識調査:イントロダクション

複雑な時代の中、どのように企業をリードしていくか?すべてのCEOが長引く不安定な時代にその答えを求めています。 世界経済の見通しや、将来のより複雑なグローバル市場に向けてビジネスを構築するうえで直面する課題について何をCEOが話すべきか、PwC会長デニス・ナリーが語っています。

東北復興におけるステークホルダーマネジメント

PwCコンサルティング合同会社 東北イノベーション室長 野口 功一が、東日本大震災の復興支援活動を通じて経験した「ステークホルダーマネジメント」について解説します。 PwCは震災直後より、プロボノ活動として被災自治体の復興計画策定、復興支援NPOの補助金・助成金獲得、海外ファンドと公益法人のマッチングなど、被災地の復興を支援してきました。2013年には専門組織「東北イノベーション推進室」を設置し、被災地域の企業や自治体への支援体制を強化しています。 本ビデオでは、業種・職種の異なる多様な“仲間”と共に活動した経験から学んだ、通常のビジネスとは異なる環境での「ステークホルダーマネジメント」の特徴と重要性を紹介しています。

社会の変化とともに高まるコーポレートサステナビリティ戦略の重要性

人口動態の変化、経済大国のシフト、都市化の加速、気候変動と資源枯渇、技術革新。今後起こりうる社会の変化により企業の事業活動が影響を及ぼす領域が拡大、幅広いステークホルダーが企業活動に関心を持ち、さまざまな形で対話・要求を求めてくる可能性があります。PwCのサステナビリティ戦略策定支援サービスは、マテリアリティ分析、KPI設定などを通じ、社会の変化に対応し幅広いステークホルダーに配慮した中長期事業戦略をクライアントが立案・策定するプロセスを支援します。

PwC Japan 車椅子バスケットボール支援の取組み

PwC Japanは車椅子バスケットボールを応援しています。 さまざまな壁を乗り越え、自らの限界と可能性に挑戦し続ける選手たちのプレーは多くの­人々に夢と感動を与えています。

日本本社における税務ガバナンスの強化について

日系企業において、海外税務を管理する必要性は、より一層高まってきています。 PwC税理士法人 パートナーの白崎 亨が、日本本社における税務ガバナンスの強化についてご紹介いたします。

Game of Threats™ ‐サイバー攻撃とインシデントレスポンスを疑似体験する対戦型ゲーム‐

Game of Threatsは経営層やセキュリティ管理者がサイバー攻撃の脅威を疑似体験できる対戦型ゲームです。サイバーセキュリティ教育の一環としてサイバー演習やインシデントレスポンス訓練に活用いただくと効果的です。

国際取引にかかる間接税コンサルティングサービスのご紹介

PwC税理士法人 パートナーの村上 高士が、間接税サービスについてご紹介いたします。間接税チームでは消費税、およびV­ATなど海外の間接税に関するサービスを提供します。

PwC Japan Season's Greetings 2015‐2016

PwC Japanから季節のご挨拶を申し上げます。 Season's Greetings from PwC Japan.

サイバー攻撃からの早期復旧を実現するPwCサイバーサービス合同会社

PwCサイバーサービス合同会社 最高執行責任者 星澤 裕二が、従来の防御主体のサイバーセキュリティから脱却し、サイバー攻撃を受けた後の­早期復旧を目指すレジリエントセキュリティを実現する新組織と新サービスについて説明­します。

野村ホールディングス 取締役 鈴木 裕之氏 インタビュー[日本語字幕版]‐2015 APEC CEO意識調査デプスインタビュー‐

野村ホールディングス 取締役 鈴木 裕之氏は、APECにおける今後の成長予測、金融とテクノロジーの融合とフィナンシャルインクルージョン、インフラと中小企業ファイナンスの重要性、そして今後の求められる人物像について語っています。

フォレンジックが支援する企業の持続的成長

企業は会計不正や贈収賄、情報漏えいなどさまざまなリスクに直面しています。 これらのリスクに対する予防策、リスクが顕在化した際の適切な対応、事後の再発防止策は企業の持続的な成長に大きな影響を与えます。 PwCのフォレンジックサービスは、企業が直面する複雑な問題の解決を通じて企業の持続的な成長を支援しています。

椎名 茂 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦 ~日本と世界のCEO意識調査から見えるメガトレンドへの対応比較~

業界や国の境界線がなくなり、ますます激しくなる市場競争を生き抜くなかで、第18回世界CEO意識調査結果から日本と世界のCEOの意識の違いと傾向を比較し、メガトレンドに対しどのような対応をしているのかを考察します。

坂野 俊哉 ASEAN:10年目線で今何をすべきか

本セッションでは、10年という長期的視点の下、グローバルメガトレンドである、経済の多極化、中間層の増加、都市化の進行について、ASEANに起きている構造変化を理解し、日本企業が留意しなくてはならない点と今から手を打っておくべき点について議論を進めます。

松崎 真樹 デジタルがもたらす未来のビジネス像

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 松崎 真樹デジタル、既に皆が知っているキーワード/バズワードです。企業、社会、個人のライフスタイルを一変する力を持つとされています。

小林 昭夫 コーポレートガバナンス・コードと日本企業の対応

日本の成長戦略の一環として、2015年6月にコーポレートガバナンス・コードが導入されます。コーポレートガバナンス・コードの導入の背景や日本企業の対応について説明します。

佐々木 亮輔 2022年の働き方~人財戦略と業績管理のパラダイムシフト~

事業が必要とする人財はどう変わるでしょうか?そうした人財をどう惹きつけ、定着させ、動機付けできるでしょうか?今後重要性が増すと思われる人財戦略や業績管理について検討すべき観点を紹介します。

田中 玲 FinTech分野におけるDigital Disruptionへの対応

不確かな未来に向けて挑戦する姿勢と仕組み、発想の転換に基づく事業モデルの変革が必要と考えます。銀行の新たな脅威として出現したDisruptor(破壊者)とどう向き合い、いかに自己変革すべきか。金融とテクノロジーを融合させたFinTechの分野を例に考察します。

池田 雄一 グローバルで勝負するためのコンプライアンスリスク対応 ~海外規制当局による調査方法の作法

積極的な海外進出行う日本企業が、あらゆるコンプライアンスリスクから企業を守るための対策を考察します。

吉田 あかね クロスボーダーM&Aにおける一部事業買収の課題と解決策

事業の主機能のみを買収対象とすることなどから効率的な買収と見られる反面、一部事業の独立に際して売手グループから得ていたシナジーの喪失や、買手による譲受事業の受皿インフラ整備等、買収後の事業モデルを確立するうえでの難易度が高いです。本講演では事業譲受取引における実務上の留意点について紹介します。

松崎 真樹 デジタルがもたらす未来のビジネス像

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 松崎 真樹デジタル、既に皆が知っているキーワード/バズワードです。企業、社会、個人のライフスタイルを一変する力を持つとされています。

PwC税理士法人からのお知らせ: 2015年7月1日より法人名を変更いたしました。

当法人は、2015年7月1日より「PwC」ブランドを法人名称とし、「PwC税理士法人」に変更いたしました。 引き続き、付加価値の高いプロフェッショナルサービスを企業目線で提供し、もって日本経済の発展に貢献していきます。

PwCあらた監査法人、代表執行役 木村 浩一郎より法人名称変更についてのメッセージ

あらた監査法人(東京都中央区)は、2015年7月1日より、法人名称を「PwCあらた監査法人」に変更しました。 代表執行役 木村 浩一郎から、法人名称変更についてのメッセージをご覧ください。

レジリエントセキュリティを実現するサイバーセキュリティサービス「スレットインテリジェンスサービス」と「アドバンストSOCサービス」

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 星澤 裕二が、レジリエントセキュリティを実現するサイバーセキュリティサービス「スレットインテリジェンスサービス」と「アドバンストSOCサービス」について説明します。

ダイバーシティ&行動理念 PwC Japan Culture Week

PwC Japanでは、ファーム内でのダイバーシティと行動理念(PwC Experience)のさらなる浸透を目指して、「共に考え、共に学ぶ」をコンセプ­トに2013年よりカルチャーウィーク(Culture Week)を開催しています。

海外子会社におけるリスク管理の高度化支援サービスのご紹介

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 マネージャー 西川 智章が、海外子会社におけるリスク管理/ガバナンス/コンプライアンスをご懸念されている企業様向けのサービスについて説明します。

顧客情報のデータ分析におけるカスタマーアナリティクス支援サービスのご紹介

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 シニアマネージャー 勝山 公雄が、顧客情報の活用を考えている方向けのサービスについて説明します。

Art of Transformation‐メガトレンドフォーラム

グローバルを舞台とする日本企業は、従来の独自のビジネスモデルと商習慣から脱却し、­世界のメガトレンド(人口構造の変化、世界の経済力のシフト、急速な都市化の進行、気­候変動と資源不足、テクノロジーの進歩)を踏まえつつ、自ら企業の変革を推進しながら­グローバルレベルでの顧客ニーズを創出し、一方でそれぞれの地域・嗜好に応じた商品・­サービスを提供することが求められています。

デジタル化との融合によるカジノの将来像

今、カジノ業界は、テクノロジーの進化、オフラインとオンラインの融合を中心とした顧客とのコミュニケーション手段の多用化、 オンラインゲーミング市場の成長などにより、大きく変わろうとしています。

Revolutionising the Future of India!‐インドの未来革命

独立から70年目を迎えたインドは、未来に向けて経済を飛躍的に発展させ、イノベーションや新たな技術、そして幅広い研究開発を糧とする成長路線を実現するとともに、人間開発指数(HDI)の大きな向上をもたらす「勝利への飛躍」に臨もうとしています。

第18回世界CEO意識調査‐メガトレンドフォーラム

人口構造の変化、世界の経済力のシフト、急速な都市化の進行、気候変動と資源不足、テクノロジーの進歩といった世界のメガトレンドをビジネス戦略に組み込み、リスクを最小限に抑えながら経営規模を拡大し、そして、2020年に向けた事業機会の創出を進めることは、日本企業にとって重要なミッションといえるでしょう。

Autofactsおよび自動車産業セミナーの紹介

1985年以降、独自のマーケット分析手法により生産予測を中心に自動車産業の調査分析を行っているAutofactsと、Autofactsを活用したセミナー、自動車産業シリーズ「世界の自動車産業の現状と展望」をご紹介します。

PwC会長デニス・ナリー、PwC「第18回世界CEO意識調査 CEOの楽観的見方は後退」について語る

PwCが実施した「第18回世界CEO意識調査」では、世界経済の成長見通しについてCEOは1年前ほど楽観視していない結果になりました。慎重な成長見通しとなった競争環境の中においても成功するためにCEOはどのような要素を重視しているのでしょうか?

東北地区の活動 あらた監査法人成長戦略支援本部

あらた監査法人成長戦略支援本部では、東北地区の皆様に少しでも復興のお役に立てるよう活動を続けています。 三陸地区を中心に活動しているNPOが主催する塾へ参加し、「若手経理担当者のための財務・経理セミナー」を開催するなど、具体的な活動内容と今後の予定をご紹介します。

メガトレンドが企業にもたらす影響とは

成功とは「失敗しないこと」だけではありません。学習し、柔軟になり、よりよい成果を出せれば、それが成功です。PwCは何千社という企業とその経営陣の話を伺ってきました。

PwC Japan キャリア教育支援への取り組み2014年版

私たちは専門性を生かした地域社会への貢献の一環として、次世代の人材育成に取り組んでいます。このため、中高生の職場体験学習の受け入れ、および、大学生に対するキャリア教育支援のひとつとして、NPOキャリアクルーズが主催する「キャリア大学」に参画しています。

PwC Japan Season's Greetings 2014‐2015

PwC Japanから季節のご挨拶を申し上げます。 Season's Greetings from PwC Japan.

2020年のアジア太平洋地域における不動産市場

PwCの調査報告書「2020年の不動産業界の展望」は、不動産セクターの今後6年間の市場の変化についての調査をまとめています。

「わかる経理」若手向け実務セミナーの紹介 -ビジネスゲームで経理情報による意思決定を体感-

あらた監査法人は、中部地区の経理人材の育成や企業を超えたネットワーキングや意見交換を目的として「あらた’sアカデミー」を立ち上げました。その一環として、若手経理マンを対象とした4日間の実務セミナー「わかる経理」を開催しました。

「第3回あらた監査役懇話会」のご紹介‐「会社法改正が監査役に与える影響」ならびに、不正事例シリーズⅢ「事例解説~海外子会社等における不正とその対処方法」

あらた監査法人では、当法人が監査を担当する上場会社の監査役の皆さまと私どもの担当業務執行社員のコミュニケーションの場として「あらた監査役懇話会」を開催しています。

PwC Japan キャリア教育支援への取り組み

PwC Japanは専門性を生かした地域社会への貢献の一環として、次世代の人材育成に取り組んでいます。中高生の職場体験学習の受け入れ、また、大学生に対するキャリア教育支援のひとつとして、NPOキャリアクルーズが主催する「キャリア大学」に参画しています。

ビックデータ時代におけるリスクマネジメント

PwC(プライスウォーターハウスクーパース)のリスクアナリティクスサービスは、グローバルで培った豊富なリスクマネジメントに関する知見・経験およびビックデータ分析に関する先進的なテクノロジーの研究・開発を基に、企業のリスク低減、リスク兆候の検知、意思決定の高度化などを支援します。

「あらた監査役懇話会」のご紹介

あらた監査法人では、当法人が監査を担当する上場会社の監査役の皆様と私どもの担当業務執行社員のコミュニケーションの場として「あらた監査役懇話会」を開催しています。

デジタル時代における勝利

このビデオでは、デジタルの概念をビジネスに組み込むことの重要性を訴えています。企業は需要や市場の変化に適応するために、より革新的かつ俊敏になる必要があります。

PwC Analytics Services delivering 'intelligence in the moment'

PwCのアナリティクスサービスは、実績ある分析モデル、独自開発ソリューション、グローバルベンチマークデータなどを高度に活用し、デジタルの概念を組み込んだビジネス戦略の立案および実行を強力に支援します。

PwC Japan 日本代表 鈴木 洋之、第17回世界CEO意識調査 日本分析結果について語る

PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」でのアンケート結果より、世界のCEOと日本のCEOの意識の違いを比較し、今後の日本の展望を分析した結果から特徴的なポイントをPwC Japan 日本代表の鈴木 洋之が語ります。待ち受ける主要な課題に対する日本のCEOの見解とは?

企業の意思決定のための革新的なフレームワーク(TIMM)

あらた監査法人サステナビリティサービスリーダーの三橋 優隆が、Total Impact Measurement and Management 通称TIMM(ティム)革新的な意思決定モデルについて、説明します。

企業の意思決定のための革新的なフレームワーク‐Total Impact Measurement and Management(TIMM)

PwCのグローバルサステナビリティリーダーであるマルコム・プレストン(Malcolm Preston)が、企業の意思決定における新しいアプローチ方法である「企業の意思決定のための革新的なフレームワーク-Total Impact Measurement and Management (略称:TIMM) 」についてご紹介します。

PwC会長デニス・ナリー、PwC「第17回世界CEO意識調査 CEOの自信が上昇傾向」について語る

PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」では、昨年と比較してより多くのCEOが、世界経済に対して前向きな見解を示しています。この先に待ち受ける主要な課題に対するCEOの見解とは?

クロスボーダーM&Aの支援

プライスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 岩嶋 泰三が、当社のクロスボーダーM&A支援について説明。 文化、マーケット、商慣行、法規制、会計・税務などの諸制度を含む各国特有の状況についての情報力と経験が成功の鍵となるクロスボーダーM&Aにおいて、ターゲット選定からクロージング、および買収先との統合(PMI:Post Merger Integration)までワンストップで支援します。

経団連会長 米倉 弘昌氏(住友化学株式会社 代表取締役会長)インタビュー[日本語字幕版]‐自由貿易とアジア太平洋地域‐

[APEC 2013 CEO意識調査] 経団連会長 米倉 弘昌氏(住友化学株式会社 代表取締役会長)は、自由貿易はインフラストラクチャーの拡大と同様に、アジア太平洋地域ので経済成長の鍵であるという見解を示しています。

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐ Shale oil: The next energy revolution

シェールオイル生産は、世界の石油生産の12%に値する一日あたり約1,400万バレルにまで達し、シェールオイル生産の結果として、2035年までに約25%から40%まで世界の石油価格が下落することが予測されています。

ミャンマー進出への準備はできていますか?

ミャンマーは国家管理経済から自由経済に移行しつつあり、これらの発展はミャンマーへ­の投資を模索している企業に多大なビジネス機会をもたらしますが、多くの課題もありま­す。 ミャンマー投資ガイドはミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダンスや留意事­項にとどまらず、さまざまな情報を包括的に提供する目的で作成されています。 また、ミャンマーへの国際制裁に関する近年の進展および成長見通しを含むミャンマーの­経済や投資環境の詳細にも触れています。

PwC会長デニス・ナリー、PwC「第16回世界CEO意識調査 不測の事態を乗り越える」について語る

世界68カ国、1,330人のCEOは、今後のビジネスの事業機会や課題をどう捉えているのでしょうか? PwC(プライスウォーターハウスクーパース)が実施した「第16回世界CEO意識調査」では、大半のCEOが、2013年も世界的な景気減速が続くと回答しています。

※法人名・役職などは掲載当時のものです。