調査/レポート ‐ コンサルティング

ストラテジー

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換(2015年02月20日)

成長市場の多様化により多くの企業が戦略策定に多くの時間を費やす一方、複雑な市場構造が戦略実行を困難にしています。本稿では単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換を目指すステップを取り上げます。

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐(2014年05月29日)

オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐(2013年12月17日)

グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

新しい指導体制、成長への新しい課題 第18回中国共産党全国代表大会(2012年11月29日)

中国は一桁成長という新しい標準、中程度の成長期に向かっており、投資家も国内市場の成長と所得増加に注目すると同時に、グリーンプロジェクトと労働力集約型産業の中部、西部地域への移動に関心が集まっています。

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~(2012年11月27日)

PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

Future of Japan 〜成長への処方箋〜(2012年09月01日)

複雑化する今日のグローバルな事業環境において、自社の舵取りをするため、企業経営者は組織変革の推進にこれまで以上にリーダーシップを発揮しなければならない。

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界(2012年06月04日)

ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Asia-Pacific Pharma Newsletter(2011年12月05日)

アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

2050年における銀行業界の展望(2011年10月12日)

PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB](2011年07月01日)

本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める(2011年04月01日)

国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表(2011年01月26日)

日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014(2010年03月01日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA(2010年02月28日)

本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

Biotech reinvented: Where do you go from here?(2010年02月20日)

バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

Global pharma looks to India: Prospects for growth(2010年02月10日)

インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界(2010年02月01日)

研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表(2009年11月10日)

金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013(2009年07月20日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界(2009年06月30日)

現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

The World in 2050: Beyond the BRICs (2050年の世界ーBRICsを超えて)(2008年12月10日)

2025年までに先進国を追い越す中国、新興諸国で最も急速な経済成長を遂げるベトナム、世界の上位に入るインド、ブラジルなどに焦点をあてています。

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?(2008年09月30日)

アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

オペレーションズ

RPAによる次世代のオペレーションエクセレンス(2016年8月23日)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が労働力にもたらす業務変革とは?硬直化したオペレーションへのRPA導入を成功させるには、従業員を巻き込んだ社内の組織や文化の変革が必要です。

Total Retail 2015 小売業と破壊の時代(2016年3月17日)

買物客が購買で重視すること、利用するチャネル、小売業者に期待することは何でしょうか?それは小売業者のビジネスモデルにどのような影響を及ぼすでしょうか?PwCの報告書は小売業者が直面する4つの破壊の波を明らかにしています。

10Minutes 戦略的サプライチェーンマネジメント(2015年01月29日)

先進企業は、サプライチェーンを戦略的資産として扱い、成長と効率化を両立しています。本10minutesでは、サプライチェーンがビジネス戦略に与える影響の大きさ、同業他社と差別化するための方法を示しています。

サプライチェーンとリスクマネジメント‐業務パフォーマンスを強化するリスクマネジメント(2014年12月12日)

PwCは、MITのサプライチェーンイノベーションフォーラムと共同で、グローバル企業209社を対象に、サプライチェーンの運営とリスクマネジメントに対する取り組みを調査し、「グローバルサプライチェーンとリスクマネジメントサーベイ」を発表しました。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~(2012年11月27日)

PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

技術だけでは不十分である(2012年09月13日)

クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界(2012年06月04日)

ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

2050年における銀行業界の展望(2011年10月12日)

PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響(2011年08月31日)

PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

事業継続性とサプライチェーンリスク(2011年08月30日)

本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?(2011年08月30日)

本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB](2011年07月01日)

本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

The sustainability yearbook 2011(2011年04月05日)

PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める(2011年04月01日)

国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表(2011年01月26日)

日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

Big Picture ~サステナビリティの未来を考える(2010年10月10日)

PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

ファイナンス&アカウンティング

デジタル時代における財務経理の新しい形:デジタル化が進んだ時代に求められる役割をひも解く(2017年2月24日)

デジタル技術の革新により、財務経理部門は自らの役割や存在意義を考え直す必要性に直面しています。本レポートでは、変わりゆく財務経理部門の役割を分析し、理解するためのフレームワークを紹介しています。

PwC グローバルファイナンスベンチマークレポート 2015/2016(2016年12月21日)

経営環境が多様化・複雑化し、グローバル競争が激化する中で、CFOおよびファイナンス機能(財務経理企画)に対する期待は高まっています。本書では、ベンチマークデータに基づくトレンドや先進事例について考察します。

2015年業績評価マネジメントに関する企業意識調査(2015年11月02日)

PwCでは2015年3月から4月にかけて「2015年 業績評価マネジメントに関する企業意識調査」を実施し、各企業が抱える業績評価マネジメントにかかわる課題と改善への取り組み状況を調査しました。

グローバルシェアードサービスセンターに関するPwC調査報告書(2014年度)(2015年05月11日)

PwCが2014年に欧州で行ったシェアードサービスセンターに関する調査をまとめたものです。本調査によると、シェアードサービスおよびアウトソーシングは効率化、標準化、ガバナンス強化の手段であり、PwCはその実現性評価、構築、導入後までを一貫して支援します。

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査(2015年04月27日)

本報告書では、英国勅許管理会計士(CIMA:Chartered Institute of Management Accountants)の会員約900名の回答から、企業が業績管理に関して抱える課題や、優先投資領域を明らかにするとともに、近年の技術革新による新たな潮流について解説します。

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について(2013年12月17日)

グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査(2013年05月15日)

プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題

第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees(2011年12月14日)

不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

人事・チェンジマネジメント

PwCのダイバーシティの歩み インパクトの創造、成果の実現(2016年12月22日)

12年前から開始したPwCにおけるダイバーシティ&インクルージョンの歩みを通じて確立されたアプローチと私たちの経験を紹介しています。

デジタル時代における人材マネジメントの新機軸「ピープルアナリティクス」~2016年度人材データの分析活用度調査~(2016年12月12日)

日本における人材データ分析の活用は、先進的な企業とそうでない企業との二極化が進みつつあります。本レポートでは、人材データの分析活用度調査結果と事例をもとに、日本企業の現状と進むべき方向性を考えます。

ビッグデータが生み出す新たな人材マネジメントの潮流‐2015年度人材データの分析活用度調査‐(2016年2月24日)

データ活用への関心の高まりは世界的な潮流であり、それは人事領域においても例外ではありません。本レポートでは、人材データの分析活用度調査結果をもとに、日本企業の現状と進むべき方向性を考察しています。

ミレニアル世代の女性:新たな時代の人材(2015年10月16日)

PwCは、「ミレニアル世代の女性:新たな時代の人材」を発表しました。本報告書では、企業や雇用主がミレニアル世代と呼ばれる世代の女性を雇用し、組織に定着させ、次世代の女性リーダーとして育成するためにどのような行動が必要か、ミレニアル世代の女性の生の声を基に考察しています。

デジタル時代の人材戦略 人材についての新たな視点(2015年09月17日)

デジタル革命は社員の生活や働き方を大きく変化させています。未来の技術革新がどのようなものでも成否を分けるのは人材です。世界CEO意識調査の結果をもとに、デジタル時代の人材戦略の要件を紐解きます。

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年(2015年03月25日)

国際間異動の活用力が企業の競争優位性に大きく影響しています。本調査では、国際間異動の課題と先進企業の最新事例から、新たな国際間異動のあり方を「モダンモビリティ」と名付けてあるべき姿を提案します。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年(2015年03月17日)

本調査では人事機能が真の価値を提供するために、いかに景気回復期の定石を打破し、新興市場について考え直し、新たな多様性の価値を捉え、社員との信頼関係を構築するか、最新動向を踏まえたあるべき姿を提言します。

Smarter incentives:‐報酬規制の変化を強みに変える‐(2015年01月21日)

報酬規制を順守しつつ、自社の報酬制度を必要な人材を惹き付け、引き留め、組織や社員のベクトルを一つに合わせるための企業基盤として、より機能させるためのポイントやアプローチを紹介します。

より少ない経営資源でより大きな成果を生み出す トップパフォーマーはどこが違うのか?(2014年12月26日)

先行企業の最も効果的な人事業務の在り方や、事業ニーズに迅速に応えるために人事部門に求められている変革について、調査結果を元に明らかにします。

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望(2014年10月23日)

未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題(2014年09月01日)

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成(2014年06月02日)

PwCは、「ミレニアル世代」の女性に関する「次世代のダイバーシティ–未来の女性リーダーの育成」を発表しました。本報告書では、企業が当世代の女性を獲得、定着、育成するために不可欠なテーマを明らかにしています。

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査 ‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐(2013年07月25日)

PwCが実施した「アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査」では、調査に参加した企業のCEOへの意識調査を通じて、アジア地域の各企業が直面する「人材」にまつわる課題の分析や、必要となる施策の提言を行っています。

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐(2013年06月20日)

PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」では、人材の需給マッチやコスト削減といった、世界の企業のリーダーが抱える人材にかかわる課題意識と今後の方向性について、その分析結果を報告しています。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

役員報酬サーベイ 2012(2012年11月21日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。今回の調査では、役員報酬の水準が減少し、企業統治の観点からは報酬委員会の設置企業数・開催回数が増加したことが明らかになっています。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

21世紀世代の社会進出(2011年12月21日)

この先の将来、企業の中枢を担う若手人材(世界75カ国4,364名)にアンケート調査を行い、若い世代の仕事や会社への期待を分析し、その期待に応えるために会社に必要な施策について提言を行っています。

役員報酬サーベイ 2011(2011年12月02日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ 2011」では役員報酬の水準が経済危機前の水準まで回復し、多くの役位で報酬額は上昇傾向にあることがわかりました。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表(2011年01月26日)

日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

役員報酬サーベイ 2010(2010年11月20日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ2010」では、2010年3月施行の改正内閣府令を受けた開示の実態を明らかにし、開示の充実度は企業や項目で異なるという結果を得ています。

役員報酬制度と個別報酬額の開示 ~内閣府令のポイントと対応策~(2010年10月20日)

2010年3月31日に、今年度(3月31日決算企業)より、個別報酬額を含む役員報酬やガバナンスに関する企業内容の一層の開示を義務付ける内閣府令が発表されました。経済界を中心に強い反発もありましたが、概ね金融庁の当初案のとおり実施されるようです。

役員報酬サーベイ 2009(2009年11月20日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。2008年度調査では、これまで増加傾向にあった役員報酬水準は、一転して減少していることが明らかになりました。

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?(2008年09月30日)

アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

テクノロジー

金融サービステクノロジー2020年を越えて:破壊を取り込む(2017年4月25日)

このレポートは、フィンテック(FinTech)が金融サービス業界とその監督機関や利用者にどのような影響を及ぼすかを分析したものです。金融機関の役割と構造、競争環境、その市場や社会に破壊的な変革をもたらそうとしている大きな力、技術的進歩に焦点を当ています。

The future starts now‐未来の幕開け‐クラウドベースのテクノロジーを活用した財務・経理機能の変革(2017年4月18日)

クラウド型ERP市場をリードするWorkdayのファイナンスソリューションが、財務・経理部門の役割をどのように変えることができるか――何を提供できるか、なぜ他と違うのか――について理解を深めます。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション(2016年9月16日)

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

第7回 Digital IQ調査 デジタルリーダーに学ぶ 業績向上につながる10の属性(2016年3月22日)

第7回 Digital IQ調査は、PwCが2015年7月から同年9月までに実施した世界51カ国の主要企業、1,988社の経営幹部を対象にしたIT先進情報技術への企業の理解および適用状況の最新調査報告書です。

technology forecast インテグレーションの再考:クラウドコンピューティングをリードする企業の新たな動き(2015年11月06日)

データのコントロールは生産性向上、競争力向上に直結していきます。ディープアナリティクス、人工知能をはじめとするコンピューターインテリジェンスには、データコントロールが必須です。

サッカー界のデジタル改革 デジタル時代におけるサッカークラブの成長機会(2015年07月01日)

今日のデジタル機会をいかにして最大限に活用するか。本報告書では、複雑に絡み合う多くの領域について考察し、それらが今日のサッカービジネスの運営に与える潜在的な影響を明確にすることを目指しています。

Three surprising digital bets for 2015(2015年04月27日)

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。

グローバル情報セキュリティ調査®2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐(2014年07月14日)

モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

サイバーセキュリティの疑問に答える‐継続的な取り組みの必要性‐(2014年04月16日)

PwC米国が発行した本文書は、企業によるサイバーセキュリティ対策の疑問に答える提言を示したものであり、日本でもサイバーリスクの開示義務が課された場合には、重要なヒントとなることでしょう。

経済犯罪実態調査 2014(日本分析版)

「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)(2014年3月27日)

95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

グローバル情報セキュリティ調査2014(2014年02月05日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

IT-BCPサーベイ2014(2013年12月12日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐(2013年09月02日)

国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が大きな社会問題となっており、もはやITの問題ではなく組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐(2013年07月30日)

ソフトウェア業界の動向を調査・分析したグローバル100ソフトウェア・リーダー・レポートでは、クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデル変革の鍵になると述べています。

Digital IQ調査 日本分析版(2013年07月26日)

日本企業のクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータ、モバイルテクノロジー、企業のIT戦略についての投資状況、活用方法や課題について、グローバル企業との比較を行っています。

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査(2013年04月23日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

グローバル情報セキュリティ調査2013(2013年01月25日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016(2012年06月19日)

PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

Charging forward‐電気自動車に関する調査報告書2012年版‐(2012年05月29日)

電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

グローバル情報セキュリティ調査®2012(2012年03月20日)

PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに(2012年01月27日)

本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

経済犯罪意識調査 2011(2011年12月05日)

第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

グローバル情報セキュリティ調査®2011(2011年01月10日)

PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。

サイバーセキュリティ

Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)(2017年4月25日)

「APT10」として広く知られた攻撃者グループによる、かつてない規模で長期間にわたり展開された国際サイバースパイ活動「Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)」を発見し、目的遂行を阻止するべく協働した調査報告書です。

政府統一基準に準拠したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスを共同で提供開始(2017年3月23日)

NTTデータ、PwCあらた、富士ソフトの各社らは共同で、内閣サイバーセキュリティセンター制定の政府統一基準に対応したセキュリティリファレンスを作成し、3月23日より、政府機関向けに無償提供を開始します。

グローバル情報セキュリティ調査2017:先進的サイバーセキュリティおよびプライバシーの実現(2017年2月14日)

グローバル情報セキュリティ調査は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向などを分析、レポートします。

Financial crimes observer: SWIFT不正送金から得られた教訓‐1億米ドルの不正送金を防ぐために(2016年10月27日)

本レポートは、2016年2月に発生したSWIFT不正送金事案をテーマに、今後金融機関に求められるセキュリティ対策に関するPwCの見解をまとめた報告書です。

サイバーセキュリティのための情報共有分析機関(米国ISAO)に関する調査分析結果および提言(2015年11月25日)

本レポートは、PwCが米国で2015年4月に開催したサミット「ISAOの設立および運用に関する構想」で得た重要な知見や推奨事項をまとめています。なお、本資料は、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」においても、引用されました。

内部関係者によるサイバー犯罪(2015年10月06日)

外部からの攻撃よりも内部犯罪の方がコストや損害が大きいと回答者の3分の1が述べたにもかかわらず、内部の脅威に対応するための計画を作成している回答者は半数に満たない状況です。

米国サイバーセキュリティ:停滞するセキュリティ対策 2015年米国サイバー犯罪調査における主な発見事項(2015年09月29日)

攻撃者は脅威や手法、標的を常に進化させる中、2015年米国サイバー犯罪調査において回答者の76%が過去12カ月と比べてサイバーセキュリティ脅威に対する懸念が高まったと回答しています。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項(2015年03月17日)

PwCが米国で実施したサイバー犯罪調査2014によると、「米国企業の約60%がサイバー脅威について懸念を持っているものの、サイバーセキュリティに対して戦略的な投資をほとんどしていない」という結果が導出されました。

グローバル情報セキュリティ調査®2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響(2014年09月16日)

本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』(2014年08月11日)

PwC Japanでは、米Eurasia Groupと日本における共同マーケティング活動をしており、「サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争」と題した共同レポートを発行しました。

10Minutes データプライバシー(2014年04月28日)

企業は、顧客データの保護(法令遵守や信頼を得るため)と活用(収益性を向上させるため)のバランスをいかにして取ればよいのでしょうか。本10Minutesでは、効果的な先進事例を紹介しています。

グローバル情報セキュリティ調査2014(2014年02月05日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2013(2013年01月25日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

グローバル情報セキュリティ調査®2012(2012年03月20日)

PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

グローバル情報セキュリティ調査®2011(2011年01月10日)

PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。