英国のEU離脱(Brexit・ブレグジット)への対応

英国のEU離脱まで1年を切りました。いまだ不確実な状況が続く中、ポストブレグジット時代に向け、日本企業はどのように準備すべきでしょうか。専門家の視点から、企業が考慮すべき対応を考察します。

多くの企業が、今ビジネスに変化を起こすには、EUとの将来の関係があまりにも不確実であると感じています。しかし、最終的な将来関係には明らかに2つのシナリオしか存在しません。カナダ+α型の自由貿易協定か、ノーディールかです。離脱までの期限が迫ってきた今こそ、企業が行動を起こすべきときです。

ポストブレグジット時代に向けた、8つの「後悔しないための」意思決定をお勧めします。

PwC Brexitリーダー Andrew Gray

loading-player

Playback of this video is not currently available

Brexit(ブレグジット)対応のステップと対応サービス

PwCはクライアントの“Brexit パートナー”として、Brexitに向かう過程で生まれる事業機会や課題への対応を、さまざまな分野の専門家が協働しながら支援します。

Follow the conversation

PwCのブレグジット・アドバイザリー・チームが、最新情報、業界動向、用語の解説などを配信中

Twitter ‎@PwC_JP_Brexit

主要メンバー

森下 幸典

PwC Japan合同会社 パートナー, 東京, PwC Japan

Email

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

倉田 治

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

高島 淳

PwC税理士法人, パートナー, 東京, PwC Japan

Email

村上 高士

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

和田 安弘

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email