英国のEU離脱(Brexit・ブレグジット)への対応

英国のEU離脱まで残すところあとわずかとなりました。いまだ不確実な状況が続く中、ポストブレグジットに向け、日本企業はどのように準備すべきでしょうか。専門家の視点から、企業が考慮すべき対応を考察します。

現在は、Brexit(ブレグジット)プロセスの重要な段階にあります

英国のEU離脱(Brexit)まで残すところあと数カ月となり、大きな注目が集まっています。

秩序ある合意となれば、2020年12月末までは移行期間となり、ビジネス環境はほぼ現状維持となりますが、現時点では、2018年11月にEUと英国間で離脱協定の合意に至ったものの、まだ英・欧州議会での承認、批准が残されており、予断を許さない状況です。

北アイルランド/アイルランド間国境の問題や、将来の貿易に関するフレームワークなどを含む重要な問題、また合意なき離脱の可能性も依然として残されたままです。

このことが英国とEUとの将来の関係について何を意味し、日本企業にどのように影響を及ぼすのでしょうか。

Brexit(ブレグジット)対応のステップと対応サービス

PwCはクライアントの“Brexit パートナー”として、Brexitに向かう過程で生まれる事業機会や課題への対応を、さまざまな分野の専門家が協働しながら支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Follow the conversation

PwCのブレグジット・アドバイザリー・チームが、最新情報、業界動向、用語の解説などを配信中

Twitter ‎@PwC_JP_Brexit

主要メンバー

森下 幸典

パートナー, 東京, PwC Japan合同会社

Email

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

倉田 治

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

高島 淳

PwC税理士法人, パートナー, 東京, PwC Japan

Email

村上 高士

PwC税理士法人, パートナー, 東京

Email

和田 安弘

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email