各国・地域最新ニュース

Start adding items to your reading lists:
or
Save this item to:
This item has been saved to your reading list.

PwCは、全世界158カ国、236,000人以上のスタッフのネットワークを通じて、日本企業における海外進出支援をしています。新規海外進出、進出後の各国・地域の税務・会計規則へのコンプライアンス、M&A、また海外展開を戦略的に見直す場合のビジネスアドバイザリー等、海外事業展開におけるさまざまなシーンで、皆様のご要望に沿った幅広いサービスを提供しています。

5月

タイ

インドネシア

中国

香港

台湾

オーストラリア

南アフリカ

4月

タイ

インドネシア

ミャンマー

フィリピン

オーストラリア

ロシア

3月

英国

タイ

中国

台湾

フィリピン

ポーランド

南アフリカ

2月

英国

タイ

中国

台湾

フィリピン

オーストラリア

1月

英国

タイ

インドネシア

中国

台湾

フィリピン

12月

オランダ

インド

タイ

インドネシア

中国

台湾

フィリピン

11月

インドネシア

10月

インド

タイ

中国

オーストラリア

9月

インド

EPFOは、2017年9月1日付けで、現在、インドで働いているおよび2016年10月1日発効の日印社会保障協定締結前にすでに勤務を終え帰国された駐在員および現地採用の日本人の方を対象として、EPFなどの早期一括引き出しを可能とする明確化を行いました。
本明確化の目的は、2016年10月1日発効の日印社会保障協定において、「日印社会保障協定締結前にすでに勤務を終え帰国された駐在員および現地採用の日本人の方」も対象者として規定しているにもかかわらず、しかるべき対応がなされていない現状に対して改善を図るものです。
関連資料はこちら[English]からご確認ください。

8月

タイ

インドネシア

オーストラリア

7月

タイ

インドネシア

6月

英国

インド

2017年6月13日付で、インド企業庁(Ministory of Corporate Affairs)より会社法の規定について非公開会社への適用の除外を定めた通達が発行されました。この通達は、2015年6月に発行された通達の改正という形で発行されており、主要な変更点として下記が挙げられます(添付ファイル7ページ目参照)。

  • IFC(インド版SOX)の適用について、非公開会社で下記条件を満たす会社に対しては適用を除外する。
    1. 直近の監査済み財務諸表における売上が5億ルピー未満の会社、または
    2. 直近の会計年度中、一度も借入額が2億5千万ルピー以上にならなかった会社

これまでは、1人会社、小規模会社のみIFCの適用除外となっており、日系企業はこの定義に該当しないため、IFCの適用を受けることとなっていました。今回の改正により、非公開会社で売上または借入の規模の小さい会社については、IFCの適用除外を受けられることとなりましたので、コンプライアンス負担の軽減という意味で、好ましい変更となっています。

タイ

インドネシア

5月

英国

インド

タイ

インドネシア

中国・香港

オーストラリア

4月

インドネシア

中国・香港

台湾

フィリピン

シンガポール

チェコ

3月

英国

インド

インドネシア

中国

チェコ

2月

台湾

オーストラリア

ロシア

1月

インド

インドネシア

台湾

フィリピン

チェコ

12月

中国・香港

台湾

タイ

ドイツ

チェコ

英国

11月

台湾

タイ

英国

10月

中国・香港

台湾

シンガポール

米国

9月

タイ

中国・香港

台湾

インドネシア

チェコ

英国

8月

タイ

台湾

トルコ

ハンガリー

7月

中国・香港

タイ

シンガポール

チェコ

6月

インド

タイ

中国・香港

台湾

  •  

ハンガリー

5月

台湾

タイ

フィリピン

オーストラリア

英国

ハンガリー

4月

中国・香港

台湾

  • 台湾税務および投資法令アップデート 2016年4月~営業人による建物と土地の同時売却の際には、建物売却額の合理性に十分な注意が必要

韓国

タイ

インド

3月号のニュースにて、2016年3月期に係る個人所得税の確定申告書の様式が公表され、課税所得が500万ルピーを超える個人に対して2016年3月31日において保有する所定の不動産や動産の取得価額そしてこれらの資産に係る負債の残高の記載を求める欄が追加されたことを紹介させて頂きました。その際に、その記載に関して下記の点が不明確であることも紹介させて頂きました。

  • この欄の記載対象者の範囲(Non-Resident、Resident but Not Ordinary Resident、Residentのうち記載対象者に該当するのはどの区分に該当する個人か)
  • 記載対象資産の範囲(インド国外の資産も含まれるのか) 先日税務当局より確定申告書の記載の手引きが公表されました。この手引きより上記の点については下記の通り取り扱うと考えられます。
  • この欄は居住区分に関係なく記載が求められる
  • 記載対象資産はインド国内の資産に限定される

    上記リンクに 「確定申告書の記載の手引き」を添付しておりますので、参照箇所としまして8ページ及び9ページの"Schedule AL"をご参照下さい。

英国

3月

英国

中国・香港

台湾

タイ

シンガポール

韓国

インド

3月31日、インドの税務当局から2016年3月期にかかわる直接税および個人所得税の確定申告書の様式が公表されました。個人所得税の確定申告書では課税所得が500万ルピーを超える個人に対して2016年3月31日において保有する下記の資産の取得価額及び負債の残高の記載を求める欄が追加されました。

  • 不動産(土地、建物)
  • 産(手持ち現金、宝石類、車、ヨット、ボート、飛行機)
  • 記の資産に係る負債

なお、現時点では下記の点が不明確になっております。例年通り後日税務当局より確定申告書の記載の手引きが公表されると予想されておりますので、公表されましたら確認することが肝要と考えております。

  • この欄の記載対象者の範囲(Non-Resident、Resident but Not Ordinary Resident、Residentのうち記載対象者に該当するのはどの区分に該当する個人か)
  • 記載対象資産の範囲(インド国外の資産も含まれるのか)
    個人所得税の確定申告書の様式を添付いたしましたので、"Schedule AL"をご参照下さい。
  • 2016年度税制改正

ブラジル

2月

中国・香港

台湾

  • 中小企業発展条例および産業創新条例による費用の追加控除額の基本所得への加算

タイ

フィリピン

英国

ブラジル

チェコ

1月

中国・香港

ブラジル

タイ

12月

中国・香港

台湾

タイ

インドネシア

チェコ

11月

中国・香港

台湾

  • 日台租税協定の締結とその影響

インドネシア

シンガポール

マレーシア

インド

ブラジル

チェコ

英国

10月

中国・香港

台湾

  • 2014年度移転価格専門調査がまもなく開始

タイ

シンガポール

マレーシア

インド

ブラジル

ロシア

チェコ

9月

中国・香港

台湾

フィリピン

ポーランド

カナダ

チェコ

8月

中国・香港

台湾

  • 【台湾:奥田健士】台湾と中国が「中台間での二重課税の防止および税務協力強化のための協定」を調印

インドネシア

タイ

  • 【タイ:魚住篤志】2016年度MSV(Miximize Shareholder Value)セミナーのご案内
    2015年10月27日にタイのバンコク、シャングリラホテルにて、MSVセミナーを開催します。 (※言語はタイ語となります)

チェコ

7月

中国・香港

台湾

  • 会社法第235条、第235条の1および第240条改正後の法令適用に関する疑義について(2015年6月11日付経商字第10402413890号通達)

インドネシア

タイ

  • 歳入法典アップデート

マレーシア【マレーシア:藤井純一】Relief by Minister of Finance: 2
2015年7月7日に、FIZ(Free Industrial Zone)またはLMW(Licensed Manufacturing Warehouse) の会社から別のFIZまたはLMWの会社への売買取引にかかるGSTを免除する財務省令 「Relief by Minister of Finance: 2」が公表されましたので、その概要を紹介いたします。
※本財務省令は2015年7月15日から適用とされていますので、該当する会社は大至急対応が必要になります。

インド

6月

韓国

インドネシア

フィリピン

タイ

  • 米国一般特恵関税制度(GSP)の延長
  • ASEAN・中国自由貿易協定(ACFTA):2012年版HSコード(HS2012)へ移行
  • 相続税法案および歳入法典改正案

マレーシア

カナダ

5月

中国・香港

台湾

  • 台湾税務および投資法令アップデート
    • 免税物品または役務を販売する営業人は一定条件を満たす場合、免税放棄を遡及適用できる
    • 会社とその支店はそれぞれが実際に販売した物品または役務につき統一発票を発行しなければならない

インドネシア

  • より多くの奢侈品が第22 条所得税の対象に、ならびに税務上の優遇措置に関する指針
  • サンセット・ポリシーに関する更なる規則の公布

タイ

2月

チェコ

Contact us

Follow us