金融サービス体制

金融クライアント支援体制

PwC Japan全体で約1,000人の金融プロフェッショナルが、PwCのグローバルネットワークを駆使しながら、金融機関ならびに金融ビジネスに携わる皆様の経営課題の解決を支援します。

PwC Japanの各法人と連携して総合力で支援

あらた監査法人では、PwC Japanを構成する京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社に所属するプロフェッショナルと、相互に連携しながら金融機関ならびに金融ビジネスに携わる皆様の経営課題の解決を支援します。

世界最大級のグローバルネットワークと連携

あらた監査法人は世界158カ国、736都市に236,000人以上のスタッフを有するPwCグローバルネットワークの一員です。欧米諸国における金融規制の動きや大手金融機関の動向、新興国における進出規制や現地事情などの情報を的確に把握し、付加価値の高いサービスを提供します。

独立性を確保しつつ“One Firm”を推進

監査およびアシュアランス業務には高度の独立性が求められていることに加えて、関与先に対するアドバイザリー業務が制限されるほか、アドバイザリー業務とのファイアウォール(業務隔壁)を設けるなど適切な体制が求められます。私たちが提供する金融関連サービスは法令や規制を厳格に順守しながら、“One Firm”として皆様のニーズにお応えします。

業態別に特化した体制

監査/証明業務の実施にあたっては業態ごとの専門部署を設け、それぞれの業態に固有のリスクや規制に精通したプロフェッショナルが高品質なサービスを提供します。

銀行・証券

規制環境の変化や顧客の海外進出など、多様な経営課題を抱える銀行、証券会社のニーズに対応するため、監督官庁出向経験者、海外出向経験者などを多数擁しています。さまざまなノウハウを蓄積したプロフェッショナルが会計監査を軸として銀行・証券会社の発展に寄与します。

保険・共済

保険会社や共済事業者に対する業務を実施する専門部署を有し、長年にわたり、会計監査をはじめとするさまざまなサービスを提供しています。
100人を大きく超えるメンバーには、保険会社・共済事業者の会計・財務報告のみならず、規制、保険数理、業務プロセスやITシステム、ビジネス全般についての豊富な理解・ノウハウが蓄積されています。

資産運用

貯蓄から投資への流れの中で、今後も日本においては資産運用関連業務の拡大が見込まれます。私たちは、資産運用分野のリーディングファームとして、PwCのグローバルネットワークと連携し、先進的なアシュアランス・アドバイザリー・サービスを提供することで日本の資産運用業界の拡大に貢献します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}