Cyber3 Conference Tokyo 2017

2017年10月5日(木)/6日(金)

慶應義塾大学三田キャンパス(東京)

Cyber3 Conference Tokyo 2017

Cyber3とは、「Cyber connection」「Cyber crime」「Cybersecurity」を表し、IoTやインターネットサービスによる相互接続性の増大がもたらす影響、この接続性の変化に伴うサイバー犯罪の増加、そしてセキュリティ面の課題という、互いに密接に関連する3分野のテーマを取り上げています。

過去のCyber3 Conferenceでは、産官学のマルチステークホルダーが集まり、サイバー空間の課題解決のためには「業界連携」、「官民連携」、「国際連携」および「人材育成」が重要であることが議論されました。

この1年を振り返っても世の中は大きく変容しています。AI(人工知能)、IoT、仮想通貨、自動運転、ロボットなどは、一般消費者にも当たり前のように浸透しつつあり、人々の課題を解決し、新たな産業を創出し出しています。そして、2020年代には、これらのエマージングテクノロジーがシェアリングエコノミーやスマートシティとして活用され、現代社会システムに大きな変革をもたらしているでしょう。

今回のCyber3 Conferenceでは、「2020 and Beyond」をテーマとし、2020年代のサイバー空間の光と影を鑑み、今何をすべきかについて議論を行います。また、海外有識者の知見、政府の政策、大学の先端研究成果、産業界の取り組みを共有し、真のマルチステークホルダーによるオープンな議論を行い、日本政府などに提言として発信します。

公式サイトはこちら

<開催概要>

開催日:

2017年10月5日(木)、6日(金)

会場:

慶應義塾大学三田キャンパス

主催:

日本経済新聞社、日経BP社

共催:

慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター、独立行政法人情報処理推進機構、国立研究開発法人情報通信研究機構(予定)

協力:

一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会(設立準備中)

企画協力:

PwC Japanグループ、世界経済フォーラム(WEF)

本会議座長:

齋藤ウィリアム浩幸(内閣府参与、経済産業省参与)

後援:

総務省(予定)、経済産業省、警察庁(申請中)、一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、InterNational Cyber Security Center of Excellence(INCS-CoE)、米国大使館商務部、在日フランス大使館、オランダ王国大使館

定員:

500名

参加費:

一人 50,000円(税抜き)

Cyber3 Conference Tokyo 2017

 

 

Cyber3 Conference Tokyo 2017 Program

Day 1 10/5(木)

9:00‐9:45

Morning Session

サイバーリスクに打ち克つ"頼れるIT社会"の実現を目指して

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 理事長

富田 達夫 氏

10:00‐10:20

Opening Plenary

内閣府参与、経済産業省参与

齋藤ウィリアム浩幸 氏

慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科委員長

環境情報学部教授

村井 純 氏

10:20‐11:05

Keynote

駐日米国大使

ウィリアム・F・ハガティ 氏

駐日英国大使

ポール・マデン 氏

Deputy Director Operations, National Cyber Security Centre

Paul Maddinson 氏

11:05‐11:40

Keynote and Agenda Setting

日立製作所 取締役会長 代表執行役

中西 宏明 氏

ConnectTrack Leader

世界経済フォーラム IT・エレクトロニクス産業分野 代表

ダニル・ケリミ 氏

CrimeTrack Leader

インターポール IGCI総局長

中谷 昇 氏

SecurityTrack Leader

サイバーグリーン エクゼクティブディレクター

伊藤 友里恵 氏

KeioTrack Leader

慶應義塾大学 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授(博士)工学

手塚 悟 氏

WorkshopTrack Leader

Non-Resident Fellow for Cybersecurity, Sasakawa Peace Foundation USA

William "Bud" Roth 氏

11:55‐12:40

Special Session

クラウド時代に向けたサイバーセキュリティーの進化

パロアルトネットワークス

サイバーセキュリティ戦略・グローバルポリシー担当バイスプレジデント

ライアン ギリス 氏

13:25‐14:45

Connect Track 1

IoT Cybersecurity beyond 2020

スピーカー

総務省 政策統括官(情報セキュリティ担当)

谷脇 康彦 氏

モデレータ

日本経済新聞社 編集委員(バンコク駐在)

小柳 建彦 氏

Crime Track 1

増大するサイバー脅威の事業リスクと対策

モデレータ

サイバーグリーン エクゼクティブディレクター

伊藤 友里恵 氏

Security Track 1

AIでセキュリティ運用はどのように進化するのか

モデレータ

ディアイティ クラウドセキュリティ研究所長

河野 省二 氏

Keio University Track 1

INCS-CoE 進捗アップデート、新たなサイバー・イノベーション

スピーカー

慶應義塾大学

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授(博士)工学

手塚 悟 氏

モデレータ

慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

日立アメリカR&D Global Center for Social Innovation シニア・マネージャ

野口 和男 氏

Workshop Session 1

「ラグビーワールドカップ2019のハッキング」サイバーインシデント演習

TTX Team

Fellow for Common Challenges and Executive Director of JUMP (Japan-US Military Program), Sasakawa Peace Foundation USA

James Kendall 氏

Cyber Security Consultant, Advanced Concepts and Technologies International, LLC

James Durand 氏

Former Deputy Director, National Security Agency (NSA)

Richard Ledgett 氏

オーストラリアコンピュータ協会(ACS)サイバーセキュリティ技術委員会 委員長

フォレンジック、セキュリティ、リスクスペシャリスト

デービッド・トンプソン 氏

ジョージ・メイソン大学

C4I&サイバーセンター、上級顧問

リントン・ウェルズ2世 氏

President, Hathaway Global Strategies, LLC., and Senior Advisor, Harvard's Kennedy School's Belfer Center for Science and International Affairs

Melissa Hathaway 氏

Non-Resident Fellow for Cybersecurity, Sasakawa Peace Foundation USA

William "Bud" Roth 氏

Senior Adviser, Cyber Operations and Transformation, Deputy Chief of Staff for Operations, Plans and Requirements, Headquarters U.S. Air Force

Riley Repko 氏

Omair Qazi 氏

Vice President, APJ, FireEye

Wias Issa 氏

15:00‐16:20

Connect Track 2

デジタルビジネスにおける攻めと守りのバランス

スピーカー

ジョージ・メイソン大学 C4I&サイバーセンター、上級顧問

リントン・ウェルズ2世 氏

モデレータ

日経BP社 取締役

浅見 直樹 氏

Crime Track 2

攻撃者視点でのサイバーリスク

スピーカー

経済産業省 大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官

伊東 寛 氏

モデレータ

インターポール IGCI総局長

中谷 昇 氏

Security Track 2

プライバシー規制に対する企業のベスト・プラクティス

モデレータ

日本経済新聞社 編集委員

関口 和一 氏

Keio University Track 2

新たなグローバル組織

スピーカー

CISCO 政府渉外チーム(ワシントンDCの)サイバーセキュリティ&プライバシー担当 ディレクター

エリック・ウェンガー 氏

モデレータ

日本マイクロソフト 政策渉外・法務本部 サイバーセキュリティ政策担当部長

片山 建 氏

Workshop Session 1 (続き)

「ラグビーワールドカップ2019のハッキング」サイバーインシデント演習

 

16:35‐17:55

Connect Track 3

デジタル時代の金融サービスを安全・安心にするために

モデレータ

NEC

FinTech事業開発室 室長

岩田 太地 氏

Crime Track 3

日本を狙うサイバー攻撃への対策−見えてきた課題と解決への取り組み−

モデレータ

ソリトンシステムズ エバンジェリスト

荒木 粧子 氏

Security Track 3

日本が目指すべき戦略的エコシステムとは ~人材育成・技術開発・ルール形成の循環を考える~ 

モデレータ

日経BP総研 イノベーションICT研究所所長

桔梗原 富夫 氏

Keio University Track 3

サイバーセキュリティ・サプライチェーン

スピーカー

経済産業省商務情報政策局サイバーセキュリティ課 課長

奥家 敏和 氏

General Manager, SONY

Jerry Hoff 氏

在日商工会議所(ACCJ) サイバーセキュリティタスクフォース共同委員長 公共政策・政府渉外担当 ディレクター(日本担当) シスコシステムズ

出雲 秀一 氏

モデレータ

Portfolio Director for International Strategy and Policy at the MITRE Corporation

Barbara A. Grewe 氏

Workshop Session 1 (続き)

「ラグビーワールドカップ2019のハッキング」サイバーインシデント演習

 

18:10‐18:45

Keynote and Day1 Closing (Critical Infrastracture)

経済産業大臣

世耕 弘成 氏

19:00‐20:00

Cocktail reception

 

※タイムスケジュールは変更になる場合があります。

※ 各セッションの登壇者(パネリスト)は、主催者サイトにてご確認ください。
 

Day 2 10/6(金)

9:30‐9:40

Opening Plenary

内閣府参与、経済産業省参与

齋藤ウィリアム浩幸 氏

慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科委員長 環境情報学部教授

村井 純 氏

9:40‐9:55

Keynote

 

10:10‐11:30

Connect Track 4

Society 5.0による未来像

モデレータ

世界経済フォーラム IT・エレクトロニクス産業分野 代表

ダニル・ケリミ 氏

Crime Track 4

サイバー攻撃に関する官と民それぞれの役割と責務

スピーカー

外務省総合外交政策局審議官兼サイバー政策担当大使

大鷹 正人 氏

モデレータ

前・米国務省サイバー問題調整官

クリス・ペインター 氏

Security Track 4

Future Cybersecurity -AI and Automation-

スピーカー

東京電機大学 教授

佐々木 良一 氏

モデレータ

サイバーグリーン エクゼクティブディレクター

伊藤 友里恵 氏

Keio University Track 4

情報共有と情報交換:STIX/TAXII,NIEMなど標準

スピーカー/モデレータ

Chief Strategist for Cyber Threat Intelligence The MITRE Corporation

Richard J. Struse 氏

Workshop Session 2

サイバーインシデント演習のおさらい

モデレータ

Non-Resident Fellow for Cybersecurity, Sasakawa Peace Foundation USA

William "Bud" Roth 氏

11:45‐12:30

Special Session

サイバーセキュリティマネジメントにおけるリーダーシップのあり方

モデレータ

PwCコンサルティング パートナー

山本 直樹 氏

13:15‐14:05

Plenary (Tokyo 2020 and Beyond)

モデレータ

BS ジャパン「日経プラス10」 メインキャスター

小谷 真生子 氏

14:20‐15:40

Connect Track 5

コネクテッド・カーとシェアリング・エコノミー

モデレータ

日経Automotive 発行人

林 達彦 氏

Crime Track 5

官民連携のあるべき姿(Public–Private Partnership)

モデレータ

PwC サイバーセキュリティ&プライバシー・ディレクター

マイケル・ダーリング 氏

Security Track 5

CxOサイバーセキュリティ ラウンドテーブル

モデレータ

日経BP総研 イノベーションICT研究所所長

桔梗原 富夫 氏

Keio University Track 5

情報のトラストと国際的情報フロー

スピーカー

John Wandelt 氏

モデレータ

Jeff Multz 氏

Keio University Track 6

国境を越えた国際的サイバーセキュリティのトレーニングと演習:米国、英国、日本

スピーカー

経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課 企画官

土屋 博英 氏

モデレータ

William "Bud" Roth 氏

15:55‐ 17:15

Day 1+2 Summary / Discussion

内閣府参与、経済産業省参与

齋藤ウィリアム浩幸 氏

ConnectTrack Leader

世界経済フォーラム IT・エレクトロニクス産業分野 代表

ダニル・ケリミ 氏

CrimeTrack Leader

インターポール IGCI総局長

中谷 昇 氏

SecurityTrack Leader

サイバーグリーン エクゼクティブディレクター

伊藤 友里恵 氏

KeioTrack Leader

慶應義塾大学 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授(博士)工学

手塚 悟 氏

WorkshopTrack Leader

Non-Resident Fellow for Cybersecurity, Sasakawa Peace Foundation USA

William "Bud" Roth 氏

17:20‐17:50

Keynote

 

17:50‐18:00

Closing Remarks

 

※タイムスケジュールは変更になる場合があります。

※ 各セッションの登壇者(パネリスト)は、主催者サイトにてご確認ください。
 


PwC @ Cyber 3 Conference Tokyo 2017

PwCは、Cyber 3 Conference Tokyo 2017に企画協力として参加します。また、サイバーセキュリティにおける内外のエキスパートが、パネリストやモデレーターとして各トラックに登壇する予定です。

マイケル・ダーリング PwCサイバーセキュリティ&プライバシー・ディレクター

リチャード・バーグマン PwCオーストラリア パートナー

イヴェット・ヴァン・ジェマーデン PwCオランダ パートナー

岸 泰弘 PwCあらた有限責任監査法人 パートナー

大手コンピュータメーカーにおいて金融機関向けシステム開発に従事後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス情報システム修士課程終了。その後PwC内のコンサルティング部門を経て現職。専門はITガバナンスとサイバーセキュリティ。金融機関や大手企業に対するシステム監査、セキュリティ監査を多数提供するとともに、その対応のための助言業務を行っている。上記関連テーマにおいて、日弁連、金財、FISC、セミナーインフォ、CMCなどのビジネスセミナーで講演を実施。また、総務省クラウドセキュリティ関連検討会の構成員を務めた。ISACA東京支部元事務局長。情報処理技術者試験委員。日本セキュリティ監査協会(JASA)理事。CISA(公認情報システム監査人)。CAIS(公認情報セキュリティ主席監査人)。編著書「内部統制とSOX法」「クラウド・リスク・マネジメント」。共同執筆「情報資産とセキュリティ管理」。

外村 慶 PwCコンサルティング パートナー

ソフトウェアおよびITサービス、コンサルティングビジネスにおいて25年以上の経験を持ち、直近の7年は情報セキュリティ市場に特化した経歴を持つ。現在はPwC コンサルティング合同会社にてサイバーセキュリティに従事し、大手顧客、パートナー企業とのビジネスを進めている。

慶應義塾大学理工学部を卒業後、日本IBMに入社。ソフトウェアの開発、販売、役員補佐を歴任。2010年にシマンテックに入社。日本法人COOとして日本市場におけるセキュリティビジネスの戦略と実行を担当。2017年にPwC コンサルティング合同会社に入社。

山本 直樹 PwCコンサルティング パートナー

コンサルティング業界で約20年の業務経験を持ち、金融機関や大手製造業などに対して、サイバーセキュリティ、ITガバナンス、アイデンティティ管理、事業継続管理、IT組織改革、ITコスト管理、内部統制など、幅広い分野のサービスを提供。PwC入社以前には、外資系コンピュータメーカーの情報セキュリティ統括責任者として情報セキュリティ管理、顧客情報のプライバシー保護、インシデントレスポンス、事業継続管理、SOX法対応に従事した経験も持つ。現在、PwCのAPA地域サイバーセキュリティ・リーダーシップチーム・メンバーおよび日本におけるサイバーセキュリティ・アンド・プライバシー・リーダー。

白石 章二 PwCコンサルティング パートナー

30年にわたり、自動車、産業機械、化学、エレクトロニクス、エネルギー、食品、流通・サービス業に対し、全社成長戦略、技術戦略、新規事業開発、営業マーケティング戦略、グローバル戦略、合併後の統合、組織・風土改革、ターンアラウンドの実行支援などのプロジェクトを多数手がけてきた。

ベイン・アンド・カンパニーに在籍(パートナー)の後、自らのコンサルティングファームを立ち上げ、戦略コンサルタントとして実績を残す傍ら、複数の事業会社マネジメントを経て、現職。

東京大学法学部卒、カリフォルニア大学バークレー校MBA。

※登壇者は都合により変更される場合があります。


関連情報


お問い合わせ

Cyber3 Conference Tokyo 2017に関するお問い合わせ

Cyber3 Conference Tokyo 2017事務局(日本経済新聞社)

Tel. 03‐6812‐8689

E-mail

サイバーセキュリティサービスに関するお問い合わせ

PwC Japan

Tel. 03‐3546‐8650 (代表)

E-Mail