岩下 直行

スペシャルアドバイザー, PwCあらた有限責任監査法人

略歴

1984年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。同年4月、日本銀行入行。1994年7月、日本銀行金融研究所に異動し、以後約15年間、金融分野における情報セキュリティ技術の研究に従事。同研究所・情報技術研究センター長、下関支店長を経て、2011年7月、日立製作所に出向。2013年7月、日本銀行決済機構局参事役。2014年5月、同金融機構局審議役・金融高度化センター長。2016年4月、新設されたFinTechセンターの初代センター長に就任。2017年3月、日本銀行退職。同年4月、京都大学・公共政策大学院の教授に就任。同年6月、PwCあらた有限責任監査法人のスペシャルアドバイザー兼務、同年8月、金融庁参与兼務。

委員など

  • 経済産業省・総務省・暗号技術検討会 構成員(2000年~2009年)
  • 金融庁・偽造キャッシュカード問題に関するスタディグルーブ オブザーバー(2005年)
  • 経済産業省・情報セキュリティ基本問題検討会 委員(2006~2007年)
  • 総務省・ネットワークアーキテクチャに関する調査研究会 構成員(2007年)
  • 国土交通省・IC乗車券等国際相互利用促進方策検討委員会 委員(2007年~2009年)
  • 内閣官房・電子政府ガイドライン作成検討会 構成員(2008年~2009年)
  • 総務省・パーソナルデータの利用・流通に関する研究会 構成員(2012年~2013年)
  • 経済産業省・FinTech研究会/FinTech検討会 委員(2015年~2017年)
  • 金融庁・フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議 オブザーバー(2016年)
  • 全国銀行協会・オープンAPIのあり方に関する検討会 委員(2016年~2017年)
  • 全国銀行協会・ブロックチェーン技術の活用可能性と課題に関する検討会 委員(2016年~2017年)
  • 総務省・情報通信審議会情報通信政策部会 loT政策委員会 基本戦略WG ブロックチェーン活用検討SWG 構成員(2017年)

寄稿・講演・著書

  • 「情報技術革新と銀行」(『地銀協月報』1995年6月号)
  • 「Business Needs for Cryptographic Technology in Japan's Financial Industry」(『Public Key Cryptography '99』 1999年)
  • 「電子ビジネスと暗号技術」(情報処理学会『情報処理』第45巻第11号 2004年)
  • 「金融業界における情報システムの脆弱性検知と情報共有」(日本銀行金融研究所『金融研究』24巻2号 2005年)
  • 「偽造・盗聴カード預貯金者保護法と金融機関のセキュリティ対策」(『ジュリスト』2006年3月15日号)
  • 「リテール・バンキングのセキュリティ向上を目指して」(日本銀行金融研究所『金融研究』26巻別冊第1号 2007年)
  • 「ビッグデータと金融機関 プライバシー侵害リスクの克服が活用の大前提」(『週刊 金融財政事情』2012年7月30日)
  • 「日立のビッグデータビジネスにおけるプライバシー保護の取り組みについて」(共著商事法務『NBL』2013年8月1日)
  • 「銀行の情報システムの新しい設計思想情報―セキュリティの観点から考える金融ITの将来像」(『週刊 金融財政事情』2015年1月5日)
  • 「フィンテックと金融ITの将来像」(『地銀協月報』2016年1月号)
  • 「中央銀行から見たブロックチェーン技術の可能性とリスク」(日本IBM Blockchain Summit 2016 2016年11月16日)
  • 〈座談会〉ブロックチェーンの法的検討(商事法務『NBL』2017年3月15日‐2017年4月15日)
  • 「フィンテックの発展と地域金融機関の未来」(『リージョナルバンキング』2017年6月号)
  • 「ブロックチェーンの未来」(共著『日経新聞社』2017年9月)

Contact details

Email