緊急事態宣言発令に伴う対応に関するお知らせ(5月26日更新)

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言について、政府は昨日、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の都道県の解除を発表し、すべての地域において緊急事態宣言が解除されました。

感染の拡大防止とクライアントの皆様並びに職員の安全確保のため、PwC税理士法人、PwC社会保険労務士法人、PwCアウトソーシングサービス合同会社およびPwC行政書士法人は、6月30日まで下記現方針を継続いたします。クライアントをはじめ関係する皆様には多大なご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

1)業務方針

6月1日より受付業務を開始しますが、全オフィスにおいて、引き続き6月30日まで原則全従業員在宅勤務とします。必要に応じ会社訪問、対面での会議等を行いますが、安全確保のため、ビデオ会議、電話、eメール等での業務継続を強く推奨しております。個別業務の進め方につきましては、各担当者までお問合せ下さい。

2)連絡先

クライアントの皆様からのご連絡は、代表電話、各担当の携帯電話あるいはメールアドレスまでお願いいたします。なお、必要に応じてテレビ会議およびWeb会議システムを手配いたします。その他のご連絡につきましては、お問い合わせフォーム によりご連絡ください。

3)郵便の受け取り

郵便は通常通り受領しますが、担当者不在の場合も考えられます。PDFなど電子データにより担当者へ直接送付いただくか、原本が必要なものについては送付前に担当者へ直接ご連絡いただくなどご配慮いただけますようお願い申し上げます。

4)請求書の送付

クライアントの皆様宛の請求書をPDFにて送付させていただきます。なお、PDF送付の際は、請求書への角印の押印は無しとさせていただきます。押印済の請求書送付をご要望の際は、別途担当にご依頼ください。

以上