移動自粛要請解除後の業務方針についてのお知らせ(9月1日更新)

PwC弁護士法人は、新型コロナウィルスの感染リスクが引き続き存在している事実を踏まえ、出勤者数を抑制する体制を、当面の間、継続いたします。ニューノーマル下の新しいサービス提供様式への適応を図り、引き続き質の高いプロフェッショナルサービスの提供に注力して参ります。

1)業務方針

当面の間、出勤者数を抑制し、可能な範囲で在宅勤務を継続します(受付業務については、既に通常勤務に復帰しています)。必要最小限人数に限定した会社訪問、対面での会議等は行いますが、安全確保のため、ビデオ会議、電話、eメール等での業務継続を推奨しております。個別業務の進め方につきましては、各担当者までお問合せ下さい。

 2)連絡先

クライアントの皆様からのご連絡は、代表電話、各担当の携帯電話あるいはメールアドレスまでお願いいたします。

 3)郵便の受け取り

郵便は通常通り受領致します。到着後、担当者が受領するまでに数日を要する場合がありますので、クイックレスポンスを必要とするものについては別途、ご連絡ください。

郵便は通常通り受領しますが、担当者不在の場合も考えられます。PDFなど電子データにより担当者へ直接送付いただくか、原本が必要なものについては送付前に担当者へ直接ご連絡いただくなどご配慮いただけますようお願い申し上げます。

4)請求書の送付

クライアントの皆様宛の請求書をPDFにて送付させていただきます。なお、PDF送付の際は、請求書への角印の押印は無しとさせていただきます。押印済の請求書送付をご要望の際は、別途担当にご依頼ください。

以上