代表メッセージ

多様な経験とスキルを持つディールアドバイザリーチームが、日本そして世界各地で、クライアントをご支援します。

PwCアドバイザリー合同会社 代表執行役 平林 康洋

メガトレンドにより社会やビジネスの在り方が大きく変わろうとしており、世界経済の不確実性はますます高まっています。また、コーポレートガバナンスコードの適用、 グローバルレベルでの法規制・税制の複雑化など、企業を取り巻く国内外の環境 は日々変化し、そのスピードは一段と増しています。こうした経済・金融情勢の不確 実性が増す中、日系企業をはじめ多くの企業がグローバル化に対応した事業戦略を遂行すべく、ビジネスモデルの変革や成長市場での業務拡大などの複雑な課題に対し、ディールというアプローチで取り 組んでいます。

私たちPwC アドバイザリー合同会社は、世界158カ国※にネットワークを持つPwCの日本におけるメンバーファームとして、ディール業務、すなわちM&A・事業再生・インフラの三つの領域でサービスを提供しています。ディールアドバイザリーによる企業価値向上を成功させるためにはさまざまな対応が求められます。PwCのディールアドバイザリーサービスは、これらの領域で豊富な経験とスキルを持つ専門家を中心に、グローバルネットワークを駆使し、税務、法務、コンサルティング、 監査・アシュアランスとの協働体制により、ワールドクラスのプロフェッショナル サービスを提供しています。

クライアントの皆様がディールを実行する際にはベストなチームが必要です。PwCのディールアドバイザリーサービスでは、皆様の経営課題やニーズを理解し、共有することを通じて信頼の絆を深めるとともに、情熱を持ち、細心の注意を払いつつも既存の枠組みにとらわれずに大胆な発想ができる人材を結集させています。 私たちPwCアドバイザリー合同会社は、信頼に基づき、プロフェッショナルとしての冷静な判断力とグローバルネットワークを駆使して、皆さまのご要望とご期待にお応えし、クライアント企業の新たな価値創造に貢献するサービスを提供します。

PwCアドバイザリー合同会社
代表執行役 平林 康洋

*2018年10月現在

Contact us