サイバーセキュリティ人材の育成

デジタル時代において、サイバー攻撃はグローバルレベルで日々高度化・多様化し、政府や企業にとって大きな脅威となっています。

現在、サイバーセキュリティ人材が世界的に不足しており、世界全体では2022年までに180万人※1、日本では2020年までに19万人※2が不足すると言われています。PwC Japanグループは、コーポレートレスポンシビリティの一環としてさまざまなステークホルダーと協働し、学生やeスポーツ選手を対象にしたサイバーセキュリティ人材育成への取り組みを始めています。デジタル時代における信頼の構築を目指した社会貢献活動に注力しています。

※1 Gartner "Confront the CybersecurityTalent Shortage"

※2 経済産業省 「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

対戦型ゲーム“Game of Threats™”を活用したキャリア教育プログラムの提供

PwCコンサルティング合同会社では、サイバー空間における攻撃とそれによって引き起こされるビジネス上の事象を攻撃者と標的企業双方の立場で疑似体験できる対戦型ゲーム、”Game of Threats™”を提供しています。

”Game of Threats™ 詳細はこちら”

学生向けに、”Game of Threats™”を用いてサイバーセキュリティの重要性について理解を深めるキャリア教育プログラムを実施しています。

木更津工業高等専門学校キャリア教育レポート

loading-player

Playback of this video is not currently available

PwCコンサルティング、「eスポーツ事業推進室」を設立

eスポーツ選手のセカンドキャリア支援

eスポーツ選手と、サイバーセキュリティ人材に必要とされるスキル・マインドに高い類似性がある点に着目し、第一線を退いた選手たちにセキュリティ業界へのキャリアを提案しています。

これは、他のプロスポーツと同様、eスポーツ選手にとっても課題となるセカンドキャリアの構築を支援するだけでなく、セキュリティ人材の不足という社会課題を解決するための選択肢になり得ると考えています。

PwCコンサルティング、「eスポーツ事業推進室」を設立

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}