都市開発価値創造サービス

“持続可能な”開発を目指し、デジタル技術を活用して世界中の都市がスマートシティ化を進めるなか、都市づくりを主導する自治体や民間企業にとって喫緊の課題は、都市の将来像と機能についての再考です。加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大から、ワークスタイルを含むさまざまなオンラインサービスの活用が拡がり、人々の生活様式が変化すると同時に、都市の運営も、リアルな活用に仮想空間を融合するなど大きな変化に直面しています。各産業の従来型ビジネスモデルの見直しは必至であり、企業はその対応にも迫られています。

PwCアドバイザリー合同会社はこれまで、スマートシティをはじめとしたさまざまな“持続可能な”都市開発・インフラ関連プロジェクトへの支援を行ってきました。今後は実証実験中心の段階から実行フェーズに移っていくと考え、その豊富な経験とPwCグローバルネットワークの知見を活かし、「サステナブル・スマートシティ」を構成する企業の資本業務提携や収益化、SDGs貢献を通じた企業価値向上を強力にバックアップし、事業化を支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}