英国のEU離脱(ブレグジット)への対応と考察

英国のEU離脱(ブレグジット)は企業にとって非常に大きな影響を与えます。その余波について専門家の視点から企業が考慮すべき対応と考察を解説します。

ブレグジットと日本企業

”離脱のための交渉期間は2年間といわれていますが、日本政府から要望書がでたりと、EUと英国の交渉も一筋縄ではいかないのではないでしょうか。”

”このブレグジットをネガティブに捉えるのではなく、新しい視点でビジネスチャンスと捉えて動く企業もあるようですので、変化にどう対応するか、柔軟な戦略を練っておくことが必要と思います。”

loading-player

Playback of this video is not currently available

ブレグジットと日本企業(倉田 治)
YouTubeを再生できない方はこちら

 

Follow the conversation

PwCのブレグジット・アドバイザリー・チームが、最新情報、業界動向、用語の解説などを配信中

Twitter ‎@PwC_JP_Brexit


Related content

PwC Japan、「ブレグジット・アドバイザリー・チーム」を設置

PwC Japanグループは、6月30日、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)により影響を受ける日系企業を支援する専門組織「ブレグジット・アドバイザリー・チーム」を設置しました。

グローバル化支援:PwC UK

PwC UK JBNは、監査・会計、法人税、個人所得税、関税、人事企画、コーポレートファイナンスなど、日系企業のクライアントの皆様に日本語で直接サービスできる体制を整えております。

英国の国民投票が財務報告に与える影響

英国が欧州連合(EU)からの離脱を採択したため、今後は長期的な交渉が開始され、政治的・法的な詳細な論点が決着して離脱の現実的な影響が明らかになるのに合わせて不安定な時期が何カ月も続くことが見込まれます。

Contact us

倉田 治

倉田 治
PwCアドバイザリー合同会社
パートナー

森下 幸典

森下 幸典
PwCコンサルティング合同会社
パートナー
Profile

和田 安弘

和田 安弘
PwCあらた有限責任監査法人
パートナー


 

Steve Sloman

Steve Sloman
PwCアドバイザリー合同会社
パートナー
Profile

高島 淳

高島 淳
PwC税理士法人
パートナー
Profile

Follow us

Twitter Facebook Youtube