移転価格

View this page in: English

【特集】移転価格調査の狙い目と対応上の留意点

OECDのBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトを踏まえ、わが国でも移転価格税制に係る文書化制度が整備された。これに伴い、移転価格調査の執行にも影響が及ぶと予想される。そこで本特集では、過去の調査状況による税務当局の傾向を分析し、あわせてBEPS対応を意識した今後の移転価格調査の対応上の留意点をまとめてもらった。参考にしていただければ幸いである。
» BEPS対応を視野に入れた
移転価格調査の狙い目と対応上の留意点

(中央経済社 経理情報 2017.1.10掲載)

移転価格税制への対応

当法人 移転価格コンサルティンググループは、世界中で厳しさを増す移転価格税制に関するサービスを提供しています。

移転価格調査は、通常1~2年という長期にわたり、その対応には大変な手間と費用がかかります。仮に、調査により更正された場合、国内法救済手段あるいは二重課税排除のための相互協議手続は多国籍企業に多大な労力を強いるばかりでなく、場合によっては二重課税が排除されないことすらあります。

こうした状況に企業が対処していくためには、過年度の移転価格に対するリスク分析だけでなく、移転価格ポリシーの構築や場合によっては将来の移転価格課税リスクを未然に防止する事前確認制度を活用することが有効です。