移転価格

View this page in: English

移転価格税制への新たな対応
当法人国際税務サービスグループ(移転価格)は、長年に渡り世界中で厳しさを増す移転価格税制に関するサービスを提供してまいりました。

2015年10月のBEPS最終提言を受けて、国際課税枠組みは、グローバルで大きく変わりつつあります。特に移転価格についは、各国とも企業活動の透明性を求めて、新たに三層構造の文書化制度(マスターファイル、ローカルファイル、国別報告)を導入することとなりました。この結果、各国税務当局の移転価格調査アプローチは多様化が進むものと推測されます。

(クリックして拡大表示)
 

ポストBEPSの移転価格リスクは、質、量とともに大きな変化を迎えるとともに、企業に対して税務申告時や取引時点で、移転価格税制に関するコンプライアンスを遵守していることを検証し確認することが求められています。

(クリックして拡大表示)
 

こうした状況に企業が対処していくため、PwC税理法人ではITツールを利用した本社主導の統合的な文書管理(Global Core Documentation: GCD)も新たなサービスとして加え、移転価格リスクの低減とコンプライアンス遵守を、よりサポートしてまいります。

(クリックして拡大表示)
 

【特集】移転価格調査の狙い目と対応上の留意点

OECDのBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトを踏まえ、わが国でも移転価格税制に係る文書化制度が整備された。これに伴い、移転価格調査の執行にも影響が及ぶと予想される。そこで本特集では、過去の調査状況による税務当局の傾向を分析し、あわせてBEPS対応を意識した今後の移転価格調査の対応上の留意点をまとめてもらった。参考にしていただければ幸いである。
» BEPS対応を視野に入れた
移転価格調査の狙い目と対応上の留意点

(中央経済社 経理情報 2017.1.10掲載)