税務コンプライアンス プロセスの変革支援

当法人の税務会計サービスは、法人の規模に関係なく、適正な財務報告および効果的な税務統制を皆様が確立できるように支援を行っています。

税務会計業務をめぐる新たな潮流への対策

税務会計業務をめぐる新たな潮流への対策


企業の税務会計業務は、企業価値を高めるために重要な役割を担っています。特に、税務会計に関するコーポレートガバナンスの強化は、適正な財務諸表の報告だけでなく、申告誤りの未然防止や税務調査での処理誤りの指摘リスクの軽減につながり、新たな潮流となっています。当法人では、以下のような点から、クライアントの個別の状況および具体的なご要望に応じて支援いたします。

  1. 税務会計業務プロセスの見直しおよび改善
    • 企業の税務会計に関するコーポレートガバナンスの状況確認と判定
    • 税制や会計基準の改正を適切に把握し、法令順守を促進する税務財務体制の設計および管理ツールの提案
  2. 税金計算・レビューおよび会計基準のコンバージョン
    • 四半期および決算における未払税金、繰延税金資産の計算サポート
    • 米国会計の要請による不確実な税務ポジションの判定(FIN48)支援
    • 日本会計基準から国際財務報告基準へ、または国際財務報告基準から日本会計基準への変更に伴うサポート
  3. 海外子会社に係る税務申告管理
    • 海外子会社の税務申告等の税務情報管理の一元化サポート
    • 海外子会社の法人税および間接税の申告書作成サポート

*提携するPwC海外事務所によるサポートとなります。