調査報告書

2016年

2015年


2014年

2013年

  • 「不動産の新しい動向®アジア太平洋2014年」レポート - 投資見通し・開発見通しランキングで日本が復活

    不動産業界の専門家を対象に行った本調査の結果、日本は政府による大胆な景気刺激策が大きな要因となり、不動産投資と開発投資の見通しランキングでトップ市場の地位に返り咲きました。

  • Transfer Pricing Perspectives: Managing multiple stakeholders in the new economy(英語のみ)

    グローバル化が加速し、国家の財政が厳しい状況において、移転価格ポリシーの必要性はこれまでになく重要となっています。本冊子は、多国籍企業や企業間取引に影響を与える最新の動向をお伝えしています。

  • Paying Taxes 2014

    世界各国における税務コンプライアンスシステムの改正と、租税負担を巡る政策の多様化
    プライスウォーターハウスクーパース(PwC)と世界銀行グループ(World Bank)の最新報告書「Paying Taxes 2014」によると、世界各国が税収増と成長促進とのバランスをとろうと葛藤する中で、さまざまな租税政策を採用していることが明らかになりました。

  • Permanent establishments 2.0: The heart of the matter

    本レポートは、欧米に所在する200社超の多国籍企業の調査を基にPEに関する最新動向の概略をご紹介しています。企業がPEの管理やPEの所得の配分など費やす時間は増加しつつあります。(英語のみ)

  • Asia Pacific Tax Notes 2013: Delivering tax strategies in a world of change – focusing on fundamentals

    グローバルなタックスプランニングに対する姿勢の変化と、最近注目されているOECDのレポートにおける所得侵食と利益移転を紹介。また、アジア太平洋地域各国のセクションでは、各国における主な税制改正や予算案の動向を掲載しています。(英語のみ)

  • 第16回世界CEO意識調査: 税務の観点から(英語のみ)

    税負担が主要なビジネス課題となりつつあり、62%の回答者が今年の世界CEO意識調査にて彼らのビジネス成長における最大のリスクであると述べています。企業税制は、これまでに見受けられなかった形で、政府、規制当局、メディア、一般社会にとっての大きな関心事となりました。本分析書は、税務戦略や、企業評判への影響、世界中のビジネスや政府との密接な関わりを詳述しています。

  • PwC、「第16回 世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス会議)で発表-CEOの、成長への自信低下

    本調査によると、今後12カ月間の自社の成長見通しに「非常に自信がある」と回答したCEOは、回答を寄せた世界のCEOの36%にとどまりました。短期的成長に「非常に自信がある」CEOの割合は昨年の40%、2011年の48%から低下しましたが、2010年の31%および2009年の21%は依然として上回っています。