CEOからのメッセージ

View this page in: English

PwC税理士法人 CEO 宮川 和也

クライアントを取り巻く国際税務の環境に大きな波が押し寄せようとしています。

萎縮する日本マーケットに見切りをつけ海外マーケットへの進出がより一層進むなか、日本企業を取り巻く国際税務の環境がより複雑な状況になっています。OECD/G20の「税源浸食と利益移転(BEPS)」プロジェクトが進行する一方、パナマ文書に端を発し、多国籍企業の税に対する「倫理観」により一層厳しい目が送られる環境になっています。多国籍企業は己の税務ポジションを税務当局のみに説明すれば良いという時代は過ぎ、今や企業を取り巻くさまざまなステークホルダーに対して、その税務ポジションの正当性について説明責任を負う時代となりました。これはどこかに書かれたルールというものではなく、その説明責任を真摯に果たすかどうかは企業の任意となりますが、「法律違反でないので良い」という従来型の対応では、多くのステークホルダーが納得しない時代であるのも確かです。そして、そのような企業の対応が、企業本来のビジネスに影響を及ぼすような時代でもあります。

これに呼応し、今まで以上に企業は「税務ガバナンス体制」を強化する必要があると考えています。すなわち、まずは税務リスクの発生を予防する体制の構築、そして、万一リスクが発生した場合にはそれを早期に発見し、即解決できる体制の構築が喫緊の課題になっています。

税務問題がこのように複雑化している現状では、企業が独自で対応することはもはや困難と言わざるを得ません。

こうした厳しい環境の中で、PwC税理士法人は、税務の「予防医療」から「最先端医療」までをグローバルな視点で提供できるリーディングファームです。 私たちには、豊富な専門知識と海外経験を有する数多くの優秀なスタッフがおります。私たちには、各国税務の最新制度、動向、手法等をタイムリーに入手できるグローバルネットワークがあります。私たちには、アドバイザリーグループ、リーガルグループ等、クライアントのあらゆるニーズにワンストップで対応できるPwCネットワークがあります。

税務業界のリーディングファームたる自負を持ち、クライアントの成長をサポートするNo.1クライアント フレンドリー タックスアドバイザーを目指します。

引き続き、付加価値の高いプロフェッショナルサービスを企業目線で提供し、もって日本経済の発展に貢献していて行く所存です。今後とも、PwC税理士法人を宜しくお願いします。

2016年7月
PwC税理士法人
CEO
宮川 和也