移転価格グローバルポリシー作成

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、企業グループにおける移転価格に対する考え方を明確化し、日本および各国の移転価格税制に則した移転価格ポリシーの作成を支援いたします。

移転価格ポリシーとは、日本の法令が準拠するOECD移転価格ガイドラインにおける独立企業間原則に基づき、グループ内の関連者間取引に係る移転価格を、整合性の取れた手法で設定するためのグループ内の方針です。

グローバル移転価格ポリシー作成のメリットとして、以下の点が考えられます。

  • 各国における移転価格調査において、グループとして整合性の取れた対応が可能となる。
  • グローバルタックスマネジメントを視野に入れた移転価格ポリシーの構築により、グループ全体の税負担の最少化を図ることが可能となる。

▼グローバル移転価格ポリシーの作成プロセス

グローバル移転価格ポリシーの作成プロセス