移転価格 グローバル タックス マネジメント

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、グループ全体の取引体系とグループ会社の機能を分析し、実効税率の削減を合理的に実現する各種プランの提案ならびに実施を支援いたします。

私たちは、国際的にビジネスを展開する日本企業にとって、移転価格を考慮した適切なグローバル タックス マネジメントは、重要な経営戦略であると考えています。各国の移転価格税制に精通したプロフェッショナルが、ビジネスの実体に則したグループ会社間の適正な利益配分を検討し、各企業の戦略的連結経営を支援します。

▼移転価格:グローバル タックス マネジメントの流れ

STEP1:機能・リスク分析
各関連者向け取引ごとに、セグメント損益の把握及び機能・リスク分析を実施


STEP2:ベンチマークスタディ
セグメント損益分析及び機能・リスク分析の結果を踏まえ、比較対象企業分析により各関連会社の妥当な利益水準を検証


STEP3:各国の利益配分状況の検証
ベンチマークスタディの結果を踏まえ、各関連者の利益水準及び利益配分状況を検証


STEP4:ドキュメンテーション
~過去年度における移転価格リスクへの対応策~
STEP2及びSTEP3にて実施した二つの視点からの分析資料を文書化


STEP5:事前確認制度の活用
~将来年度における移転価格リスクへの対応策~

移転価格ポリシーの構築とともに、二国間事前確認を申請


下記の図に示されるように、今後ますます国外関連取引が複雑化していく中で、企業が国際競争力を維持するためには、全世界の移転価格を適切にプランニングしていくことが必要不可欠です。

▼複雑化する関連者間取引

グローバル・タックス・プランニングにかかわる支援(複雑化する関連者間取引