金融取引にかかわる移転価格税務サービス

View this page in: English

移転価格算定方式が複雑で特殊な金融取引

グローバルトレーディング、リサーチ、貸付金、保証、投資顧問業、再保険等さまざまな関連者との金融取引がありますが、目に見える有形資産の取引とは異なり、サービスや資金の提供に伴う目に見えない金融取引は、移転価格の算定方法も複雑で特殊になりがちです。たとえば、業界独自のビジネスモデルや個々の事業の状況に応じた分析が必要な場合もあります。さらに、金融市場の激変に伴う企業グループ内の再編等の変化も関連者間取引の移転価格に影響します。

税務調査で移転価格が焦点となる傾向に

最近は、一般税務調査においても移転価格が主な焦点になるケースが増えているため、移転価格の合理性を説明できる準備が十分でないと、課税リスクが増大します。本格的な移転価格調査は、通常1~2年という長期にわたり、その対応には大変な労力と費用を要します。仮に調査で更正された場合、国内法救済手段あるいは二重課税排除のための相互協議手続きは多国籍企業に多大な労力を強いるばかりでなく、場合によっては二重課税が排除されないことすらあります。

こうした状況に企業が対処していくためには、過年度の移転価格に対するリスク分析だけでなく、事前の移転価格のプランニングや、場合によっては、将来の移転価格課税リスクを未然に防止する事前確認制度を活用することが有効です。

PwCの金融を専門とする移転価格プロフェッショナル

税理士法人プライスウォーターハウスクーパース移転価格コンサルティンググループには、金融取引を専門とするプロフェッショナルチームがおります。

私どもの移転価格コンサルティンググループは、日本における金融取引の移転価格に係る豊富な経験、ならびに世界30カ国以上にわたる金融取引の移転価格コンサルティングプロフェッショナルのネットワークを通じて、日本と取引相手国双方のリスクを考慮したお客様の個々のニーズに見合う解決案を提供しております。移転価格問題のご相談にお気軽にお声をお掛けください。