M&A税務コンサルティング

View this page in: English
PwC 山岸 哲也
担当パートナー
山岸 哲也

国内市場が縮小する一方、新興国をはじめとする海外での市場拡大に伴い、日系企業による海外買収が激増しています。また、グローバルレベルでの石油やガスその他天然資源の獲得競争が激しさを増す中、日系大手商社や資源開発会社をはじめとする日系企業による権益取得を目的とする海外投資も多くなっています。さらには、国内でも同じ業界に属する会社同士がマーケットシェアの拡大そして統合によるコスト削減を目指し、国内プレーヤー同士の統合ないし買収も盛んになっています。

ディールそのものが多国籍間で実施されるクロスボーダーディールになっているのに加えて、ディールを取り巻く各国の税制、法制、関連規制、会計制度、人事制度等はますます複雑化しています。そしてディール遂行にあたっても、競合との案件獲得競争に勝利するためには、これまで以上に意思決定のスピードアップが求められています。このような状況では、それぞれの専門家が個別に局所的なアドバイスを提供するのでは不十分であり、ディールを効率的にかつ成功裡に導くためには、関与する専門家が一体となってシームレスで複合的なプロフェッショナルサービスを提供できる専門家集団をアドバイザーとして採用することが重要です。

私たち税理士法人は、M&A税務に特化したディールタックスグループを設けて、主に買収ないし投資の際の税務ストラクチャリングアドバイス、そして対象会社の税務リスクを抽出し企業価値あるいは買収契約へ反映する税務デューデリジェンスサービスを提供しています。また、買収後ないし投資後にシナジー実現のために実施される経営統合(ポストマージャーインテグレーション)の一環として組織再編等が行われることがありますが、そういった組織再編が税務効率的に実施できるように税務アドバイスを提供しています。

私たちディールタックスグループは、PwCグローバルネットワークに属する海外のPwCメンバーファームのディールタックスグループと一体となって海外税務を含めたM&A税務アドバイスを提供しています。また、ディール遂行にあたって重要となる財務デューデリジェンス、バリュエーション、モデリング、経営統合(ポストマージャーインテグレーション)そして人事コンサルティング等を専門とするプライスウォーターハウスクーパース株式会社とも緊密に連携をとりながら、一つのディールチームとして総合的なM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。