グローバル タックス マネジメント

View this page in: English

日本企業のグローバル化はすでに長年の歴史を経て、既存の海外事業形態をビジネス環境の変化に応じて抜本的に再検討する段階に差し掛かっています。過去、海外事業を展開したその時点ではビジネスおよびタックスプランに基づき個別最適であったストラクチュア(企業組織形態、グループ持株構造等)についても、ビジネスの実態と現時点での日本および関連する海外主要国の税制を踏まえて再検討する必要が生じています。

また日本企業の国際化は、上場会社を中心に外国株主比率の増大という形においても展開されています。キャッシュフローを重視する外国株主は、それに大きく影響する実効税率に強い関心を払い、欧米多国籍企業に比して高い日本企業の実効税率に対しても厳しい目を向け始めています。

さらに、リスクマネジメント・コンプライアンスの観点からも、海外グループ会社における税実務(法人・個人・間接税)にかかわる管理面および実務上の課題を、日本の親会社として、適切かつタイムリーに把握しておかれる必要性も高まりつつあります。

このような経営環境の変化の下、適切なグローバルタックスマネジメントは国際的にビジネス展開をされる日本企業にとっては、単なる節税対策という域を越えた、重要な経営戦略として認識されるべき課題です。

私たちは日本企業に対し、PwCの海外ネットワークを活用して、経営面からの課題を踏まえたグローバルタックスマネジメントサービスを提供いたします。

主たるタックスサービス

  • 連結決算ベースでの実効税率マネジメント
  • グループ企業組織再編(国内・海外)を実行するにあたってのタックスコストの分析
  • グループ内財務戦略
  • 海外グループ会社におけるタックスリスクの分析