税務会計業務(Tax Management and Accounting Services: TMAS)

View this page in: English

PwC 加藤雅規
担当パートナー
加藤 雅規

税務会計業務をめぐる新たな傾向への対策

税務会計業務は、規則の変更や市場の新たな潮流の影響をうけ、財務諸表の報告や内部統制に関する改善等の法令遵守へと業務の焦点がシフトしてきています。

税務会計部門がこうした新たな傾向に対応するためには、質のよい人材の確保が不可欠となります。しかし、単なる増員では目的を達成することはできません。「有効なプロセスを採用し、そのテクノロジーを使いこなせる人を適切に配置させた部門再編を実施したことで、わが社にとって非常に価値のある業務に一層集中できるようになりました。」という、私どものクライアントのコメントが、人材の重要性を物語っています。

税務会計業務の価値向上を支援いたします

税務部門が、長期的に成果を上げていくために、以下のような総合的な業務改善を実施する必要があります。

-組織の事業目的に沿って、価値を創造し、保護し、十分に活用する。
-事業上発生するあらゆる税務会計に関連するリスクを管理する。
-絶え間なく変わる国際基準に対して法令順守や報告要件を確保する。
 

ただし、どの組織にも効く普遍の“特効薬”はありません。私どもTMASチームは、クライアント皆様の個々の具体的なニーズに即したサービスを提供し、税務会計業務をより効果的に管理するために、次のような点から貴社を支援させて頂きます。