Total Tax Contribution(TTC)フレームワーク

TTCフレームワークは、今まで明らかになっていない間接税や社会保険料負担等を含めた企業の総合的財政貢献を明らかにします。

TTCフレームワークは、企業の協力の下、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が開発したフレームワークであり、全世界で標準化した測定法を用いるため、国際的な比較が可能です。PwCはイギリス、アメリカ、オーストラリア、インド等、主要な国ですでにこのTTCフレームワークを使用して調査を実施しており、各国での幅広い税目について(たとえば、イギリスでは20税目超、オーストラリアでは50税目超)、独自のツールを用いたデータの収集、分析、発表を行っています。

調査はTTCチームが企業にデータ収集ツールを提供しながら、企業のデータ収集をサポート、データを回収、分析することにより行われます。分析結果は参加企業にベンチマークとともに企業別ショートレポートとして還元され、また、TTCチームは、これを企業が対外的にコミュニケーションする際のお手伝いをします。