The Day After Tomorrow

Download: The Day After Tomorrow [PDF 439KB]

2008年後半のかつてない危機によって、銀行システムの欠陥は明らかになったが、アセットマネジメントの分野はそれに比べて堅調であることがわかった。もちろん、管理資産は縮小し、個々の過誤も発生したが、多くのファームに対する評判が過度に傷つくことはなかった。それにもかかわらず、この分野における、危機によって生じた結果は深刻であり、長期間続くと思われる。規制、投資家の選択、業界内部の変化によって、アセットマネジメント会社には、無視することのできない多くの機会と脅威が与えられるだろう。

PwCは、「day after tomorrow」シリーズの第2回目において、アセットマネジメントの分野が、今日あるいは今後直面する以下のいくつかの重要な問題をとりあげている。

1. ビジネスモデルはストレスにさらされている
2. 危機後の環境において、投資家はどのように反応するか
3. 財務面における圧力が業界の姿を変えるだろう
4. G8とG20との間の新たな協力がアセットマネージャーにとって重要性を持つだろう
5. 規制の渦はアセットマネージャーにどのような影響を与えるだろうか
6. 圧力にさらされている金融分野において「新モデル」は存在するのか
7. 銀行システムにおけるレバレッジの停止がアセットマネジメントに影響を与えるだろう
8. アセットマネジメントにおける報酬
9. アジアの再覚醒