HRトランスフォーメーション

 

グローバルに最適化された事業構造への転換が急がれる現在において、人事に求められる役割は、「国ごとの労務管理」から、「グローバル経営を支える人材マネジメント」に、移行しつつあります。

PwCコンサルティング合同会社のHRトランスフォーメーションは、これらに対して、経営戦略と人事機能の連携強化を通じ “グローバル経営のパートナー”を目指す人事への役割転換を支援します。

「グローバルガバナンス」と「事業・拠点の課題解決機能」との最適バランス

グローバル経営においては、全体最適を目指す本社のグローバルガバナンス機能と、事業や拠点ごとのテーマに対応する個別課題解決機能とのバランスがポイントとなります。
HRトランスフォーメーションでは、人事機能の専門特化や事業部門・拠点との機能分担の見直しを通じ、人事オペレーションの最適化を実現します。

人事オペレーティングモデル

HRトランスフォーメーションのアプローチ

「制度、組織、人材、プロセス、情報・情報システム」に対する複合的な改革の推進により、短期間で大きな成果の創出が可能となります。

アプローチ

 

HRトランスフォーメーションのサービスライン

人事部門の役割・体制の見直し、シェアード・サービス・センター(SSC)・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)導入や情報・情報システムの最適化により、「目指すべき人事オペレーティングモデルの実現」を総合的に支援します。

 

人事・組織機能改革の構想策定

経営貢献を高めるために強化すべき機能、効率化すべき機能を特定し、目指すべき人事・組織機能の実現に向けたロードマップを策定

  • 人事機能のビジョン・ミッション策定
  • ベンチマーキング
  • 人事オペレーティングモデル構想策定
  • 人事・組織全体設計と変革ロードマップ策定

経営貢献(人事)機能の業務設計

経営貢献のために強化すべき人事機能を、具体的な業務プロセスとして設計するとともに、新業務への移行計画を立案

  • 新業務プロセスの設計
  • 強化機能に応じた組織詳細定義
  • 新業務への移行計画立案

SSC・BPO導入支援

業務集約によって、強化すべき人事機能への人員再配置を可能とし、業務コストの圧縮と効率化を実現

  • 集約対象業務の選定とサービス内容の設計
  • SSC組織設計
  • BPOベンダー選定支援
  • 移行計画立案、移行準備

情報・情報システム最適化支援

共通の基準で人材情報の可視化を可能とする「標準データモデル(情報管理の最適化)」の定義、および新たな人事オペレーティングモデルを支える「情報システム最適化構想」の策定

  • 標準データモデル定義
  • 機能要件概要定義
  • 人事情報システム全体最適化構想策定
  • システム導入計画立案

お問い合わせ

Follow us