Risk in review‐フロントラインからリスクを管理する

2017-07-14

本報告書は、企業がリスク戦略や組織、分析手法をどのように見直しているかについて調査した結果を取りまとめたものです。今回で第6回目となる本調査では世界中の計1,500名以上の企業幹部などの方々にご協力をいただきました。

PwCの第20回世界CEO意識調査でも示されているとおり、企業は、経済成長の不透明感、厳格な規制、地政学的な不確実性、技術変化の速さといった脅威に直面しています。このようにビジネスリスクの多様化が進み、変化の速度が増している中、リスク管理を効果的に行うためにはビジネスの意思決定を行う、第1ディフェンスラインがリスクオーナーとしてリスク管理の主導的な役割を果たすことが期待されています。

今回の調査では、第1ディフェンスラインが中心となり、リスク管理責任を果たしているグループを「フロントライナー」と呼んでいます。このグループの回答は、調査全体のわずか13%程度でしかなかったものの、リスク管理を事業戦略と整合する形で的確かつ効果的にリスク管理を実施できているということが分かりました。本報告書では、このようなフロントライナーに向かうために組織が行うべき行動や各C-suiteが果たすべき役割などについてまとめられています。

Follow us