調査/レポート ‐ コンサルティング

ストラテジー

Strategy&、グローバルおよび日本のCDO調査を実施

PwCネットワークのStrategy&は、グローバルおよび日本のChief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー、以下CDO)に関する調査を行い、『日本企業のデジタル化とCDO』と題するレポートを発行しました。

PwC Strategy&調査 2016年、世界のCEO交代率は14.9%(2017年5月16日)

日本の新任CEOの平均年齢は61歳と世界で最も高く、他企業からの招聘(3%)、他企業でのCEO経験(9%)、他企業での勤務経験(33%)、MBA保有率(4%)は世界で最も低く、女性CEO就任はなし

PwCファミリービジネスサーベイ2016:ビジョン実現に向けた中期戦略計画の構築

PwCの「ファミリービジネスサーベイ2016」では、世界50カ国、多種多様な業界を代表する2,800社以上の経営幹部に協力いただき、家業を守り続ける上で直面する経営課題、グローバル化、デジタル化への対応などについてお答えいただきました。(2017年3月13日)

ファミリービジネスサーベイ 2016「ビジョンと戦略のギャップ」:ビジョン実現に向けた中期戦略計画の構築(2017年2月9日)

世界50カ国、2,802名のファミリービジネス企業の経営者を対象に、第8回 ファミリービジネスサーベイ2016を実施しました。「効果的な後継者計画の10のステップ」、「効果的な戦略計画策定の10のステップ」なども紹介しています。

イノベーションを加速するケイパビリティの新しい使い方‐破壊的変化に備えて

本セッションでは、各企業はどのようにイノベーション体質を強め、破壊的な変化に対応した事業体として変化し続けるのか、Strategy&が毎年行っているイノベーション1000の調査結果および、クライアントの新規事業支援の中から、グローバルR&D活動の重要性、コーポレートベンチャリング、組織全体のイノベーション力の向上という観点でお話します。

デジタル時代のカスタマーストラテジー

本セッションでは、企業は、誰が自社の顧客なのかを明確にし、その顧客との関係性構築のために、デジタル化を含め、ケイパビリティを最大限に高め、活用してこそ生き残りの道があるのです。いくつかの取り組みと、ケイパビリティ獲得のために考えておきたいことをプライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社 ディレクター 唐木 明子が紹介します。

Strategy&

Strategy&は、PwCコンサルティング合同会社のストラテジーコンサルティングを担うチームとして、企業の皆様の実践的な戦略策定と実行を支援し、グローバル規模での成長を実現します。

Presence to profitability 単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換(2015年02月20日)

成長市場の多様化により多くの企業が戦略策定に多くの時間を費やす一方、複雑な市場構造が戦略実行を困難にしています。本稿では単なる存在としての企業活動から収益獲得への転換を目指すステップを取り上げます。

Growth Markets Centre 複雑な新市場で収益力ある成長を実現するために

Growth Markets Centre(GMC)は、PwC のグローバルな英知を結集し、複雑なGrowth Markets においてクライアント企業の成功を支援します。

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐(2014年05月29日)

オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐(2013年12月17日)

グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

新しい指導体制、成長への新しい課題 第18回中国共産党全国代表大会(2012年11月29日)

中国は一桁成長という新しい標準、中程度の成長期に向かっており、投資家も国内市場の成長と所得増加に注目すると同時に、グリーンプロジェクトと労働力集約型産業の中部、西部地域への移動に関心が集まっています。

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~(2012年11月27日)

PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

Future of Japan 〜成長への処方箋〜(2012年09月01日)

複雑化する今日のグローバルな事業環境において、自社の舵取りをするため、企業経営者は組織変革の推進にこれまで以上にリーダーシップを発揮しなければならない。

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界(2012年06月04日)

ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Asia-Pacific Pharma Newsletter(2011年12月05日)

アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

2050年における銀行業界の展望(2011年10月12日)

PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014(2010年03月01日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA(2010年02月28日)

本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

Biotech reinvented: Where do you go from here?(2010年02月20日)

バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

Global pharma looks to India: Prospects for growth(2010年02月10日)

インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界(2010年02月01日)

研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表(2009年11月10日)

金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013(2009年07月20日)

PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界(2009年06月30日)

現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

The World in 2050: Beyond the BRICs (2050年の世界ーBRICsを超えて)(2008年12月10日)

2025年までに先進国を追い越す中国、新興諸国で最も急速な経済成長を遂げるベトナム、世界の上位に入るインド、ブラジルなどに焦点をあてています。

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?(2008年09月30日)

アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

オペレーションズ

PwCコンサルティング、企業のグローバルロジスティクス改善支援でコネクテッド・カー・アプリ開発のフレクト社と協業を開始

PwCコンサルティング合同会社と株式会社フレクトは5月22日より、クラウド型コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot(キャリオット)」を用いたグローバルロジスティクス業務改善で協業します。

PwCサステナビリティセミナー「レジリエントなサプライチェーンの構築へ向けて」(2017年3月3日 東京開催)

3月3日、「レジリエントなサプライチェーンの構築へ向けて」と題する、PwCサステナビリティセミナーを開催いたします。

東洋経済新報社主催 デジタルXサプライチェーンマネジメント改革(2017年2月28日 東京開催)

PwCコンサルティングは、2月28日開催、東洋経済新報社カンファレンス「デジタル・サプライチェーン・マネジメント改革」に協賛しています。

デジタル・サプライチェーン・マネジメント(2017年2月1日 東京開催)

PwCコンサルティングは、デジタル・サプライチェーン・マネジメントと題したセミナーを2月1日に開催します。

名刺がもたらす収益効果と新しい働き方(2016年10月17日、31日、11月16日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、Sansan株式会社の主催する「名刺が持たらす収益効果と新しい働き方」にて講演を行います。

ミャンマー投資ガイド(Doing Business in Myanmar)(2016年8月29日)

ミャンマー投資ガイドは、ミャンマー進出を検討している皆さまを主な対象として、ミャンマーにおける外国投資に関する規制、各種優遇措置、会計監査制度、税制一般、人事・雇用法などの情報についてまとめたものです。

RPAによる次世代のオペレーションエクセレンス(2016年8月23日)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が労働力にもたらす業務変革とは?硬直化したオペレーションへのRPA導入を成功させるには、従業員を巻き込んだ社内の組織や文化の変革が必要です。

Atmosphere Tokyo 2016(2016年6月14日、15日 東京開催)

2016年6月14日・15日開催の株式会社グーグル主催「Atmosphere Tokyo 2016」にてPwCコンサルティングより今井 俊哉 、PwCサイバーサービスより星澤 裕二が講演を行います。

サプライチェーンデザインサービス

PwCは、多くの企業が重要かつ困難な課題を抱えるサプライチェーンにおいて、戦略的なデザイン(戦略策定や実データを使ったシミュレーションなど)から、改革の実行、定着化までを一貫して支援します。

デジタル時代の人材戦略

本セッションでは、PwCコンサルティング合同会社 パートナー 作佐部 孝哉がデジタル時代の人材戦略と働き方のテーマでデジタル時代の人材戦略について語ったセッション動画です。

ワークスタイルイノベーション

本セッションでは、創造性を高め、目に見える形で業績向上を実現するイノベーティブなワークスタイルをプラスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 野口 功一がワークスタイルイノベーションについて紹介します。

Total Retail 2015 小売業と破壊の時代(2016年3月17日)

買物客が購買で重視すること、利用するチャネル、小売業者に期待することは何でしょうか?それは小売業者のビジネスモデルにどのような影響を及ぼすでしょうか?PwCの報告書は小売業者が直面する4つの破壊の波を明らかにしています。

プライスウォーターハウスクーパース、 LLamasoft社と企業のサプライチェーン改革で協業(2016年01月29日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社はサプライチェーン・ネットワークのモデリング、最適化、シミュレーションに関して幅広い業界の企業を支援しているLLamasoft社と企業のサプライチェーン改革で協業を開始しました。

間接材購買コスト削減 powered by Ariba®

PwCコンサルティング合同会社は、成功報酬型コスト削減とSAPの「Ariba Commerce Cloud」導入支援を組み合わせたサービスで、間接材購買コスト改革を志向する企業を支援します。

10Minutes 戦略的サプライチェーンマネジメント(2015年01月29日)

先進企業は、サプライチェーンを戦略的資産として扱い、成長と効率化を両立しています。本10minutesでは、サプライチェーンがビジネス戦略に与える影響の大きさ、同業他社と差別化するための方法を示しています。

サプライチェーンとリスクマネジメント‐業務パフォーマンスを強化するリスクマネジメント(2014年12月12日)

PwCは、MITのサプライチェーンイノベーションフォーラムと共同で、グローバル企業209社を対象に、サプライチェーンの運営とリスクマネジメントに対する取り組みを調査し、「グローバルサプライチェーンとリスクマネジメントサーベイ」を発表しました。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

直接材調達コスト管理テンプレート

PwCコンサルティング合同会社は、統合的なPDCAによる調達コスト低減進捗の見える化、調達統制強化を実現する「直接材調達コスト管理テンプレート」により、調達改革を支援します。

日本分析版 - レジリエントな対応力の強化(2013年03月29日)

PwCが実施した「第16回 世界CEO意識調査」における日本のCEO162人の回答によると、約7割のCEOが今後の業績について自信を示しています。また、海外への展開では中国や、アジアを重視していること、サプライチェーンの多様化、ステークホルダーとして従業員や地域社会を重視する傾向が強いことが明らかになりました。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~(2012年11月27日)

PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

PwC ソーシャル・インサイト・プラットフォーム

FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアの利用者数は急速に拡大しており、その情報をいかにビジネスに活かすかが重要になってきています。PwCコンサルティング合同会社は、B2C企業がソーシャルメディア上の市場の声をいち早く経営・事業運営に反映するための意思決定を支援します。

技術だけでは不十分である(2012年09月13日)

クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界(2012年06月04日)

ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

Insurance 2020(2012年01月18日)

保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

Seeing the wood for the trees(2011年11月15日)

本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

2050年における銀行業界の展望(2011年10月12日)

PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響(2011年08月31日)

PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

事業継続性とサプライチェーンリスク(2011年08月30日)

本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?(2011年08月30日)

本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

The sustainability yearbook 2011(2011年04月05日)

PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

Big Picture ~サステナビリティの未来を考える(2010年10月10日)

PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

ファイナンス&アカウンティング

経営管理・財務会計サービス

PwCは、CFOのTrusted Partnerとして、CFOが直面するあらゆる課題に対し、グローバル先進事例や最新のIT技術を組み合わせた総合的なソリューションにより、効率的に解決へと導きます。

デジタル時代における財務経理の新しい形:デジタル化が進んだ時代に求められる役割をひも解く(2017年2月24日)

デジタル技術の革新により、財務経理部門は自らの役割や存在意義を考え直す必要性に直面しています。本レポートでは、変わりゆく財務経理部門の役割を分析し、理解するためのフレームワークを紹介しています。

PwC グローバルファイナンスベンチマークレポート 2015/2016(2016年12月21日)

経営環境が多様化・複雑化し、グローバル競争が激化する中で、CFOおよびファイナンス機能(財務経理企画)に対する期待は高まっています。本書では、ベンチマークデータに基づくトレンドや先進事例について考察します。

英国のEU離脱が財務報告に与える影響

英国の国民投票の結果を受け、PwCのグローバルIFRSネットワークのリーダー達が財務報告への影響について語ります。 後半ではユーザーからの質問についても回答します。(2016年10月18日)

EU離脱(ブレグジット)と日本企業

クライシスマネジメント・事業再生部門の責任者であり、ブレグジット・アドバイザリー・チームリーダーの倉田パートナーが英国のEU離脱に関して日本企業における影響全般について解説します。(2016年9月30日)

トレジャリー部門の業務変革支援 - 企業成長に貢献する財務への変革

財務部門の役割の再定義、グローバルでの財務組織の在り方、財務管理システムの選定とグローバル展開など、財務部門が企業成長に貢献する戦略的組織へと変革するための活動を支援します。

2015年業績評価マネジメントに関する企業意識調査(2015年11月02日)

PwCでは2015年3月から4月にかけて「2015年 業績評価マネジメントに関する企業意識調査」を実施し、各企業が抱える業績評価マネジメントにかかわる課題と改善への取り組み状況を調査しました。

チェコ・スロバキアにおけるシェアードサービスセンターに関するPwC調査報告書(2014年度)(2015年05月11日)

PwCが2014年にチェコおよびスロバキアで行ったシェアードサービスセンターに関する調査をまとめたものです。本調査によると、シェアードサービスおよびアウトソーシングは効率化、標準化、ガバナンス強化の手段であり、PwCはその実現性評価、構築、導入後までを一貫して支援します。

グローバルシェアードサービスセンターに関するPwC調査報告書(2014年度)(2015年05月11日)

PwCが2014年に欧州で行ったシェアードサービスセンターに関する調査をまとめたものです。本調査によると、シェアードサービスおよびアウトソーシングは効率化、標準化、ガバナンス強化の手段であり、PwCはその実現性評価、構築、導入後までを一貫して支援します。

Transform for EPM 新たな時代の業績評価マネジメントによる企業価値向上

経営環境の変化が激しい現代において競争優位性を保ち続けるためには、業績評価マネジメントの仕組みも継続的にアップデートする必要があります。PwCは、企業の業績評価マネジメントの今の姿とあるべき姿とのギャップを埋め、経営者に優れた洞察を与え、タイムリーな意思決定を支援する経営管理の仕組みへと変革します。

Closing the gap in performance management 業績管理に対する課題認識と変革の取り組みに関する調査(2015年04月27日)

本報告書では、英国勅許管理会計士(CIMA:Chartered Institute of Management Accountants)の会員約900名の回答から、企業が業績管理に関して抱える課題や、優先投資領域を明らかにするとともに、近年の技術革新による新たな潮流について解説します。

リスク管理ソリューション

リスク管理ソリューションは、事業収益と表裏一体となっている事業リスクを定量的に評価し、予算管理や投資管理、事業評価といった従来の経営管理の枠組みにリスクの考え方を取り入れることにより、事業収益の獲得、ひいては戦略目標実現に資する経営管理の高度化を支援するものです。

IFRS対応ソリューション 効率的かつ効果的なIFRSの導入

PwC JapanのIFRS導入サービスは、コンサルティング部門、アシュアランス部門が会計・業務・システムの対応まで一貫したソリューションをワンストップで提供します。また、PwCグローバルネットワークも活用した、効率的かつ効果的なIFRS導入を支援します。

IFRS対応パック Microsoft Dynamics AXソリューション

PwCは、企業の建設的なIFRS対応を実現するために、Microsoft Dynamics AXとPwC独自の豊富なソリューションを活用し、効率的なIFRS対応を支援します。

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について(2013年12月17日)

グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査(2013年05月15日)

プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題

第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 豊富な事例が生んだIFRS対応方法論

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の数多くの金融機関へのIFRS対応事例を基とした方法論-例えば、金融機関におけるIFRS仕訳の要件定義のテンプレート-を活用し、金融機関ごとに異なる内外の環境を踏まえた柔軟なIFRS導入支援サービスを提供します。

PwCの金融機関向けIFRS対応支援サービス 今、何をすべきか

PwCコンサルティング合同会社は、国内外の金融機関への豊富なIFRS対応支援の実績と金融業界への深い知見と洞察力により、日本の金融機関に最適な影響分析サービスを提供し、IFRSの動向を見据えた柔軟かつ実現可能性の高いIFRS導入計画を提案します。

コストマネジメント再構築

価格競争の激化にともなう生産拠点のグローバル化、製品ライフサイクルの短縮化、といった経営環境の変化のもと、コストマネジメント(原価計算・原価管理)の重要性が増してきています。PwCコンサルティング合同会社は、クライアントの経営環境・事業戦略を踏まえ、コスト競争力強化に直結するコストマネジメントの再構築を支援します。

経理業務プロセス全体の標準化・効率化

PwCコンサルティング合同会社は、グループ会社まで含めた経理業務プロセスの標準化・効率化に関する課題を、業務プロセス、情報システム、人・組織などさまざまな観点から網羅的に抽出・整理し、実効性の高い解決案を提案するとともに、実現までの取り組みを一貫して支援します。

グローバルシェアードサービス構築支援

グローバルでの低コストオペレーションの実現、海外子会社に対するガバナンスとコンプライアンスの強化の手段として、グローバルシェアードサービスが注目されています。PwCは、先進欧米企業における多数の支援実績やノウハウをもとにした、グローバル統一のシェアードサービスとアウトソーシング方法論を用いて、シェアードサービス構築およびアウトソーシングの実現性評価、設計、構築、導入から稼働後の継続的改善までを一貫して支援します。

予算管理改革支援

市場の変化が激しい現代において、予算編成期間の短縮や予算統制の短サイクル化を推進し、変化の兆候をいち早く読み取り、先手を打てる経営を実現する必要があると考えます。国内外の豊富な実績に基づき、予算管理の制度設計からシステム導入、運用定着まで、クライアントの予算管理改革をご支援します。

会計システムの再構築

PwCコンサルティング合同会社は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉え、ベンダーから独立した中立的な立場を生かしたソフトウエアの評価、構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫した、PwCグローバルネットワークを生かしたサービスを提供します。

ビジネスインテリジェンス構築

PwCコンサルティング合同会社は業務とシステム両面から、あるべきビジネスインテリジェンス(BI)の構想策定、ツール選定、導入、定着化まで一貫したサービスを提供します。スピーディーな要件整理や業務設計だけでなく、部門間調整、トータルコスト削減など、経験に裏付けされたプロジェクトマネジメントにより、BIの構築を支援します。

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees(2011年12月14日)

不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

人事・チェンジマネジメント

PwCコンサルティングとスイスのビジネススクールIMD、次世代のビジネスリーダーを育成する日本版リーダーシップ開発プログラムを共同開催

PwCコンサルティング合同会社とスイスのビジネススクールIMDは、次世代のビジネスリーダーを育成する日本版リーダーシップ開発プログラムを共同開催します。初回のプログラムは10月開講を予定しています。

PwCのダイバーシティの歩み インパクトの創造、成果の実現(2016年12月22日)

12年前から開始したPwCにおけるダイバーシティ&インクルージョンの歩みを通じて確立されたアプローチと私たちの経験を紹介しています。

デジタル時代における人材マネジメントの新機軸「ピープルアナリティクス」~2016年度人材データの分析活用度調査~(2016年12月12日)

日本における人材データ分析の活用は、先進的な企業とそうでない企業との二極化が進みつつあります。本レポートでは、人材データの分析活用度調査結果と事例をもとに、日本企業の現状と進むべき方向性を考えます。

名刺がもたらす収益効果と新しい働き方(2016年10月17日、31日、11月16日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、Sansan株式会社の主催する「名刺が持たらす収益効果と新しい働き方」にて講演を行います。

デジタル時代の人材戦略

本セッションでは、PwCコンサルティング合同会社 パートナー 作佐部 孝哉がデジタル時代の人材戦略と働き方のテーマでデジタル時代の人材戦略について語ったセッション動画です。

ワークスタイルイノベーション

本セッションでは、創造性を高め、目に見える形で業績向上を実現するイノベーティブなワークスタイルをプラスウォーターハウスクーパース株式会社 パートナー 野口 功一がワークスタイルイノベーションについて紹介します。

ビッグデータが生み出す新たな人材マネジメントの潮流‐2015年度人材データの分析活用度調査‐(2016年2月24日)

データ活用への関心の高まりは世界的な潮流であり、それは人事領域においても例外ではありません。本レポートでは、人材データの分析活用度調査結果をもとに、日本企業の現状と進むべき方向性を考察しています。

ミレニアル世代の女性:新たな時代の人材(2015年10月16日)

PwCは、「ミレニアル世代の女性:新たな時代の人材」を発表しました。本報告書では、企業や雇用主がミレニアル世代と呼ばれる世代の女性を雇用し、組織に定着させ、次世代の女性リーダーとして育成するためにどのような行動が必要か、ミレニアル世代の女性の生の声を基に考察しています。

デジタル時代の人材戦略 人材についての新たな視点(2015年09月17日)

デジタル革命は社員の生活や働き方を大きく変化させています。未来の技術革新がどのようなものでも成否を分けるのは人材です。世界CEO意識調査の結果をもとに、デジタル時代の人材戦略の要件を紐解きます。

目的を明確にした国際間異動 モダンモビリティ調査 2014年(2015年03月25日)

国際間異動の活用力が企業の競争優位性に大きく影響しています。本調査では、国際間異動の課題と先進企業の最新事例から、新たな国際間異動のあり方を「モダンモビリティ」と名付けてあるべき姿を提案します。

成長に向けた新たな視点 人材マネジメントの最新動向2014年(2015年03月17日)

本調査では人事機能が真の価値を提供するために、いかに景気回復期の定石を打破し、新興市場について考え直し、新たな多様性の価値を捉え、社員との信頼関係を構築するか、最新動向を踏まえたあるべき姿を提言します。

Smarter incentives:‐報酬規制の変化を強みに変える‐(2015年01月21日)

報酬規制を順守しつつ、自社の報酬制度を必要な人材を惹き付け、引き留め、組織や社員のベクトルを一つに合わせるための企業基盤として、より機能させるためのポイントやアプローチを紹介します。

より少ない経営資源でより大きな成果を生み出す トップパフォーマーはどこが違うのか?(2014年12月26日)

先行企業の最も効果的な人事業務の在り方や、事業ニーズに迅速に応えるために人事部門に求められている変革について、調査結果を元に明らかにします。

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望(2014年10月23日)

未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題(2014年09月01日)

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成(2014年06月02日)

PwCは、「ミレニアル世代」の女性に関する「次世代のダイバーシティ–未来の女性リーダーの育成」を発表しました。本報告書では、企業が当世代の女性を獲得、定着、育成するために不可欠なテーマを明らかにしています。

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査 ‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐(2013年07月25日)

PwCが実施した「アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査」では、調査に参加した企業のCEOへの意識調査を通じて、アジア地域の各企業が直面する「人材」にまつわる課題の分析や、必要となる施策の提言を行っています。

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐(2013年06月20日)

PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」では、人材の需給マッチやコスト削減といった、世界の企業のリーダーが抱える人材にかかわる課題意識と今後の方向性について、その分析結果を報告しています。

グローバル・マネジメント・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・マネジメント・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの経営状況診断ツールです。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

役員報酬サーベイ 2012(2012年11月21日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。今回の調査では、役員報酬の水準が減少し、企業統治の観点からは報酬委員会の設置企業数・開催回数が増加したことが明らかになっています。

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)(2012年11月05日)

本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

グローバル・ピープル・サーベイ

PwCコンサルティング合同会社が提供するグローバル・ピープル・サーベイは、欧米系多国籍企業が実施している全世界従業員調査を可能にするWebベースの調査です。調査は58の質問項目から構成され、通常の満足度調査に加えてバランススコアカード(BSC)のフレームワークで、従業員の所属する拠点の経営課題を従業員の視点から可視化します。

21世紀世代の社会進出(2011年12月21日)

この先の将来、企業の中枢を担う若手人材(世界75カ国4,364名)にアンケート調査を行い、若い世代の仕事や会社への期待を分析し、その期待に応えるために会社に必要な施策について提言を行っています。

役員報酬サーベイ 2011

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ 2011」では役員報酬の水準が経済危機前の水準まで回復し、多くの役位で報酬額は上昇傾向にあることがわかりました。

中国における外資系銀行(2011年調査)(2011年11月07日)

PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

役員報酬サーベイ 2010(2010年11月20日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ2010」では、2010年3月施行の改正内閣府令を受けた開示の実態を明らかにし、開示の充実度は企業や項目で異なるという結果を得ています。

役員報酬制度と個別報酬額の開示 ~内閣府令のポイントと対応策~(2010年10月20日)

2010年3月31日に、今年度(3月31日決算企業)より、個別報酬額を含む役員報酬やガバナンスに関する企業内容の一層の開示を義務付ける内閣府令が発表されました。経済界を中心に強い反発もありましたが、概ね金融庁の当初案のとおり実施されるようです。

役員報酬サーベイ 2009(2009年11月20日)

PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。2008年度調査では、これまで増加傾向にあった役員報酬水準は、一転して減少していることが明らかになりました。

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?(2008年09月30日)

アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

テクノロジー

金融サービステクノロジー2020年を越えて:破壊を取り込む(2017年4月25日)

このレポートは、フィンテック(FinTech)が金融サービス業界とその監督機関や利用者にどのような影響を及ぼすかを分析したものです。金融機関の役割と構造、競争環境、その市場や社会に破壊的な変革をもたらそうとしている大きな力、技術的進歩に焦点を当ています。

The future starts now‐未来の幕開け‐クラウドベースのテクノロジーを活用した財務・経理機能の変革(2017年4月18日)

クラウド型ERP市場をリードするWorkdayのファイナンスソリューションが、財務・経理部門の役割をどのように変えることができるか――何を提供できるか、なぜ他と違うのか――について理解を深めます。

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響(2017年4月6日)

PwCが実施したグローバルフィンテック調査2017によると日本の金融機関の9割がフィンテックに脅威を抱いているものの取り組みには遅れが見られました。今後はフィンテック企業とのパートナーシップを拡大する意向です。

クラウド時代のIT統制~Shadow IDがもたらす不都合な現実・隠れた脅威(2017年3月3日 東京開催)

PwCコンサルティングは、「クラウド時代のIT統制」と題したセミナーを3月3日に開催します。

クラウドサービスを安心して利用するためのIDMとは?(2017年1月27日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、2017年1月27日に、「クラウドサービスを安心して利用するためのIDMとは?」と題したIDMセミナーを開催します。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション 第5回

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション 第3回

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション インタビュー

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション 第2回

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション 第4回

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

PwC Technology Forecast:ブロックチェーンとスマートコントラクトオートメーション(2016年9月16日)

ブロックチェーンの概論および今後のブロックチェーン進化を全5回のレポートでご説明します。ブロックチェーンについて知りたい方はぜひレポートを読まれることをお勧めします。

SAP Ariba Commerce Innovation Forum(2016年7月28日 東京開催)

PwCコンサルティングは、SAPジャパン株式会社が主催する「SAP Ariba Commerce Innovation Forum」に協賛しています。

Businnovare - PwC Technology Day - テクノロジーの進化がもたらす未来のビジネスイノベーションを考える1日(2016年6月23日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、「Businnovare- PwC Technology Day‐テクノロジーの進化がもたらす未来のビジネスイノベーションを考える1日」を2016年6月23日に東京で開催します。

PwCコンサルティング、「 Google イノベーションゾーン」を開設(2016年6月15日)

PwCコンサルティングは、6月15日、「 Google イノベーションゾーン」を開設し、Google for Work のサービスを活用した新しい働き方を顧客と共創するサービスを開始します。

Slush Asia 2016 - PwC Executive Lunch Session~Unleashing the Power of Innovation~(2016年5月13日 千葉開催)

PwCコンサルティング合同会社は、「Slush Asia 2016 - PwC Executive Lunch Session~Unleashing the Power of Innovation~」を2016年5月13日に千葉で開催します。

PwC Japanグループ、「Slush Asia 2016」に協賛(2016年4月27日)

PwC Japanグループは、2016年5月13日(金)、14日(土)の2日間、幕張メッセで開催される「Slush Asia 2016」に協賛します。PwCは、スピード感を持って活動するスタートアップ企業や社内イノベーションの創出に意欲的な大手企業など、Slush参加者同士の交流を通じて新たなパートナーシップやビジネスの機会が生まれることを期待しています。

PwCコンサルティング合同会社とDMM、MJI、感情認識ロボットを活用したマーケティング支援で協業(2016年4月27日)

PwCコンサルティング合同会社とDMM、MJI、感情認識ロボットを活用したマーケティング支援で協業し、スマートロボットを活用してIoTの仕組みを実現し、顧客データを統合的に管理・解析します。

PwCコンサルティング、ハウステンボス、DMM.com、 スマートロボットの実証実験を開始(2016年3月31日)

PwCコンサルティングが、ハウステンボスとDMM.comと協業し、スマートロボットの実証実験を開始。ロボットの選定、ユーザー動向の把握、分析・評価、市場投入までを実施。

Full Speed Forward:新しいテクノロジーの流れを捉える

イノベーションのサイクルは目にも止まらぬスピードで動き、変化ししています。今まで成功してきた多くの企業は、その動きを捉えられなくなっています。 多くの技術の中から新しいトレンドとなる動きをいち早く見つけ出し、フルスピードで進むために、PwCは価値ある知見と展望をお届けします。

第7回 Digital IQ調査 デジタルリーダーに学ぶ 業績向上につながる10の属性(2016年3月22日)

第7回 Digital IQ調査は、PwCが2015年7月から同年9月までに実施した世界51カ国の主要企業、1,988社の経営幹部を対象にしたIT先進情報技術への企業の理解および適用状況の最新調査報告書です。

プライスウォーターハウスクーパース、マシンラーニングを用いた業務改革支援サービス提供開始(2016年2月25日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、マシンラーニング(機械学習)を用いたコンサルティングサービスの提供を開始し、国内企業とのパイロットプロジェクトを実施します。

プライスウォーターハウスクーパース、 クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、 コミュニケーション改革支援サービスの提供を開始(2016年2月23日)

プライスウォーターハウスクーパース、Sansan、DMM.comはスマートロボットを活用した企業内コミュニケーションの改革を支援するための協業を開始します。

プライスウォーターハウスクーパースとDMM.com、ロボティクス分野において協業(2016年1月14日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社とDMM.comがロボティクス分野において協業。新ロボットのプロデュースならびに企業のロボット導入・販売を共同で支援します。

technology forecast インテグレーションの再考:クラウドコンピューティングをリードする企業の新たな動き(2015年11月06日)

データのコントロールは生産性向上、競争力向上に直結していきます。ディープアナリティクス、人工知能をはじめとするコンピューターインテリジェンスには、データコントロールが必須です。

サッカー界のデジタル改革 デジタル時代におけるサッカークラブの成長機会(2015年07月01日)

今日のデジタル機会をいかにして最大限に活用するか。本報告書では、複雑に絡み合う多くの領域について考察し、それらが今日のサッカービジネスの運営に与える潜在的な影響を明確にすることを目指しています。

Three surprising digital bets for 2015(2015年04月27日)

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。

グローバル情報セキュリティ調査2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

グローバル情報セキュリティ調査®2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐(2014年07月14日)

モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

サイバーセキュリティの疑問に答える‐継続的な取り組みの必要性‐(2014年04月16日)

PwC米国が発行した本文書は、企業によるサイバーセキュリティ対策の疑問に答える提言を示したものであり、日本でもサイバーリスクの開示義務が課された場合には、重要なヒントとなることでしょう。

経済犯罪実態調査 2014(日本分析版)

「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)(2014年3月27日)

95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

グローバル情報セキュリティ調査2014(2014年02月05日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

IT-BCPサーベイ2014(2013年12月12日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐(2013年09月02日)

国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が大きな社会問題となっており、もはやITの問題ではなく組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐(2013年07月30日)

ソフトウェア業界の動向を調査・分析したグローバル100ソフトウェア・リーダー・レポートでは、クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデル変革の鍵になると述べています。

Digital IQ調査 日本分析版(2013年07月26日)

日本企業のクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータ、モバイルテクノロジー、企業のIT戦略についての投資状況、活用方法や課題について、グローバル企業との比較を行っています。

備えるBCMから使えるBCMへ‐持続的な企業価値の創造に向けて‐(2013年07月31日)

最新のBCMの理論と実践を第一線の専門家が分かりやすく解説しています。いざというときに使えるBCMを構築したい経営者、BCM担当者に必読の一冊となっています。(慶應義塾大学出版会/2013年7月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査(2013年04月23日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

グローバル情報セキュリティ調査2013(2013年01月25日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

事業継続管理支援サービス

プライスウォーターハウスクーパース株式会社のBCM支援サービスは、戦略的なリスクマネジメントの観点から、業務中断リスクの洗い出し、BIA(事業影響度分析)、ITディザスターリカバリー、業務復旧戦略立案、BCP(事業継続計画)策定、インシデントレスポンスなど、企業やサプライチェーン、公共機関、地域社会などにおけるBCMを幅広く支援するものです。

ITディザスターリカバリー支援サービス

PwCコンサルティング合同会社は、企業の事業継続性を確保するため、自然災害やシステム障害など、不測の事態における情報システムの対応計画および手順の策定、データセンター選定・移転/バックアップセンター構築など、情報システムの信頼性を高める施策の検討をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

BusinessDrivenSOAの適合性診断サービス

SOAとは、一般的にシステムアーキテクチャとして認識されています。PwCコンサルティング合同会社では、BPMの活動を通して、ビジネスプロセスの可視化および最適化を行い、ビジネスに適したシステム基盤をSOAにて実現することで、ビジネスとITのより密な融合を実現します。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016(2012年06月19日)

PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

アイデンティティ&アクセス管理

長期的な経営戦略と整合性が確保され、ビジネス環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できる基盤の構築と、それらを支えるアイデンティティ&アクセス管理の実現をビジネスおよびテクノロジーの両面から支援します。

エンタープライズサーチ活用によるビジネスイノベーションの実現

PwCコンサルティング合同会社では、ビジネス・IT両方の視点から、エンタープライズサーチを効果的に活用した、戦略的な情報活用によるビジネスイノベーションの実現を支援します。

Charging forward‐電気自動車に関する調査報告書2012年版‐(2012年05月29日)

電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

グローバル情報セキュリティ調査®2012(2012年03月20日)

PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに(2012年01月27日)

本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

経済犯罪意識調査 2011(2011年12月05日)

第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

グローバル情報セキュリティ調査®2011(2011年01月10日)

PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。

サイバーセキュリティ

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

グローバル情報セキュリティ調査は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向などを分析、レポートします。

「Threat Huntingの課題と展望」~高度なサイバー攻撃を検知し、対応するための情報収集手法~

脅威(Threat)を探求する「Threat Hunting」という概念が、具体的な手法として注目されています。本コラムでは、PwCのスレットインテリジェンスチームがサイバーセキュリティ対策における情報収集の重要性を紹介します。

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」へのリスクベース対応に向けたポイント~第4回:IT統制要件の観点から見る第6章

第6章「情報システムの基本的な安全管理」について解説しています。第6章が求める安全管理要件は会計監査で検証するIT統制要件と強い連動性があります。これらの要件に対応することはソフトローへの遵守に加え、監査費用の低下にも結び付き、組織にとって有益です。

サイバーセキュリティから見た近未来『Businnovare‐PwC Technology Day 2017』

テクノロジーの進化がもたらす未来のビジネスイノベーションを考えるPwC Technology Day。3つの専門的なテーマで討論し、PwC独自の「集合型未来共創技法“カタリストメソッド”」で総括しました。本レポートは、サイバーセキュリティの切り口で紹介します。

PwCあらた、日本マイクロソフトと共同で、Azure、O365クラウド利用における政府機関向けセキュリティリファレンスを提供開始

PwCあらた有限責任監査法人は、日本マイクロソフト株式会社と共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)制定の政府統一基準に対応したセキュリティリファレンスを作成し、8月8日より、無償提供を開始しました。

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」へのリスクベース対応に向けたポイント~第3回:ベンダロックイン対策としての第5章

第5章「情報の相互運用性と標準化」について解説しています。第5章はシステムベンダへの過剰依存を諌める、「ベンダロックイン」対策という観点からも読解しなければなりません。

政府統一基準に対応したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスの紹介@AWS Summit Tokyo 2017

AWS Summit Tokyoは世界中をサーキットする「AWS Summit」シリーズの中でも、世界最大規模のクラウドカンファレンスで、5月30日(火)~6月2日(金)の4日間で19,000名を超えるお客様が来場しました。

施行後も対応すべき内容が不透明な中国のサイバーセキュリティ法

2017年6月1日に中国のサイバーセキュリティ法が施行されました。このサイバーセキュリティ法における主要論点の解説と、企業に求められる対応内容についてご紹介します。

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」へのリスクベース対応に向けたポイント~第2回:<管理責任>と<説明責任>

第4章「電子的な医療情報を扱う際の責任のありかた」について解説しています。 「私たちはしっかりやっている」という、<管理責任>の意識に閉じこもるのでなく、その取り組み状況を外部に向けてしっかり発信していく、<説明責任>を果たすことがガイドラインでは求められています。

PwCあらた、医療・介護事業者向けセキュリティ評価・構築サービスで、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションと協業を開始

PwCあらた有限責任監査法人、メディカルITセキュリティフォーラム、三井物産セキュアディレクションは6月30日より、医療・介護事業者向けのセキュリティ評価・構築サービスにおいて協業を開始します。

Petya - the latest wave(最新の猛威)(2017年6月28日)

「Goldeneye」とも呼ばるPetyaとMischaが統合された最新のランサムウェア亜種の猛威により、6月27日以降、広範な産業分野に渡ってかなりの数の組織が被害を受けています。

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」へのリスクベース対応に向けたポイント~第1回:全体概説

厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」の最新版(第5版)が2017年5月に公表されました。本コラムではガイドラインを読み解くためのポイントを複数回にわたり解説します。第1回目はガイドラインの位置付け、ガイドラインが前提とする法令・規制要件などを整理します。

Google Cloud Next '17 in Tokyo(2017年6月14日‐15日 東京開催)

PwCコンサルティングは、Google が主催する「Google Cloud Next '17 in Tokyo」にプラチナスポンサーとして協賛しています。

PwC Premium Friday Event サイバー攻撃シミュレーションゲーム (Game of Threats) 体験会(2017年5月26日)

PwCコンサルティング合同会社は「PwC Premium Friday Event サイバー攻撃シミュレーションゲーム(Game of Threats™)体験会」を、2017年5月26日に東京で開催します。

EU一般データ保護規則セミナー ~施行まであと1年、今できること、やるべきこと~

PwCコンサルティング合同会社は、2017年5月25日に、「EU一般データ保護規則セミナー ~施行まであと1年、今できること、やるべきこと~」と題したセミナーを開催します。

Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)(2017年4月25日)

「APT10」として広く知られた攻撃者グループによる、かつてない規模で長期間にわたり展開された国際サイバースパイ活動「Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)」を発見し、目的遂行を阻止するべく協働した調査報告書です。

中部電力 × PwC 対談シリーズ第3回

重要インフラ企業がサイバーセキュリティに対してどのような取り組みを行ってきたのかを中部電力とPwCが対談形式でお送りします。第3回では伊勢志摩サミット後のセキュリティ対策について語ります。

中部電力 × PwC 対談シリーズ第2回

重要インフラ企業がサイバーセキュリティに対してどのような取り組みを行ってきたのかを中部電力とPwCが対談形式でお送りします。第2回では伊勢志摩サミットに向け実施したセキュリティ対策について語ります。

中部電力 × PwC 対談シリーズ第1回

重要インフラ企業がサイバーセキュリティに対してどのような取り組みを行ってきたのかを中部電力とPwCが対談形式でお送りします。第1回では伊勢志摩サミットとサイバーセキュリティについて語ります。

政府統一基準に準拠したAWSクラウド利用のセキュリティリファレンスを共同で提供開始(2017年3月23日)

NTTデータ、PwCあらた、富士ソフトの各社らは共同で、内閣サイバーセキュリティセンター制定の政府統一基準に対応したセキュリティリファレンスを作成し、3月23日より、政府機関向けに無償提供を開始します。

【大学生・大学院生向け】現役コンサルタントによるサイバーセキュリティ体験講座(2017年3月17日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、2017年3月17日に、「【大学生・大学院生向け】現役コンサルタントによるサイバーセキュリティ体験講座」を開催します。

トークン化セキュリティによるプライバシーデータ保護と利活用(2017年3月7日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、2017年3月7日に、「トークン化セキュリティによるプライバシーデータ保護と利活用」を開催します。

PwCコンサルティングと日本ヒューレット・パッカード、個人情報保護の「トークン化セキュリティソリューション」で協業開始(2017年3月6日)

PwCコンサルティング合同会社および日本ヒューレット・パッカード株式会社は、3月6日より、個人情報を保護する「トークン化セキュリティソリューション」の提供において協業を開始します。

クラウド時代のIT統制~Shadow IDがもたらす不都合な現実・隠れた脅威(2017年3月3日 東京開催)

PwCコンサルティングは、「クラウド時代のIT統制」と題したセミナーを3月3日に開催します。

グローバル情報セキュリティ調査2017:先進的サイバーセキュリティおよびプライバシーの実現(2017年2月14日)

グローバル情報セキュリティ調査は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向などを分析、レポートします。

クラウドサービスを安心して利用するためのIDMとは?(2017年1月27日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、2017年1月27日に、「クラウドサービスを安心して利用するためのIDMとは?」と題したIDMセミナーを開催します。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第6回

万一、自分の会社や組織で、情報漏えいの事件が起こってしまったら……。事件が起こったその日(Day1)の動きは重要です。Day1に、情報漏えい元の会社は何から手を付ければ良いのか。企業の情報システム部門、法務部、広報など、それぞれの部署は、どのように対応し、何に気を付ける必要があるのか。2人の専門家が法的側面と技術的側の両方から語ります。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第5回

危機管理は日頃から最悪の事態を想定して、備えておくことが鉄則です。もしも情報漏えいが発生してしまった場合、すみやかに対応するために調査委員会を設置して対策に当たることも対応策の一つです。調査委員会を設置する目的と意義について語ります。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第4回

個人情報を預かっている企業が、情報を漏えいしてしまった場合、報道などで、その企業が責任を問われている光景をよく目にします。しかし、データを預けているデータオーナーにも、当然、責任があります。これについて、法的・技術的側面の両方から語ります。

企業のためのサイバーセキュリティの法律実務(2016年12月13日)

サイバー攻撃の高度化やパーソナルデータを巡る国内外の法改正など、サイバーセキュリティを取り巻く環境の変化に対応するには、テクノロジーとリーガル両面の理解と見識が不可欠となってきています。本著は、こうした実情を踏まえ、テクノロジー面に偏りがちなサイバーセキュリティ対策に関する書籍類とは一線を画し、テクノロジーとリーガル両面から企業のセキュリティ対策について解説しています。(商事法務/2016年12月)

PwC Japan、「グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)」を発表(2016年11月18日)

PwC Japanは、グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)の結果を発表しました。

Financial crimes observer: SWIFT不正送金から得られた教訓‐1億米ドルの不正送金を防ぐために(2016年10月27日)

本レポートは、2016年2月に発生したSWIFT不正送金事案をテーマに、今後金融機関に求められるセキュリティ対策に関するPwCの見解をまとめた報告書です。

ユーティリティ企業に求められるデジタル化対応の最前線(2016年10月26日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は10月26日に「ユーティリティ企業に求められるデジタル化対応の最前線」と題したセミナーを開催いたします。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第3回

サイバー攻撃による個人情報漏えい事件が世間を騒がせています。その対策として、各組織ではさまざまなセキュリティ対策ソフトやシステムを導入しています。それでもさまざまな脆弱性が露見している現状を見て、不安になっている方も多いのではないでしょうか。ひとたび問題が発生すると、情報管理にばかり目が行きがちですが、そもそも情報収集とは、どのようにするべきなのか。セキュリティの原点に立ち戻って、対策を考えてみましょう。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第2回

近年、SNSがわれわれの日常生活で使われています。そういったソーシャルなサービスが飛躍的に普及することによって、これまであまり表面化していなかった脆弱性が狙われ、個人情報が漏えいする事故が次々と起こっています。具体的に、どのような盲点があり、どう対応するべきなのか、ソーシャルを巡る危機と課題を探ります。

PwC Japan、電力・ガス業界に対応したサイバーセキュリティソリューションを開発(2016年10月11日)

PwCコンサルティング、PwCサイバーサービス、PwCあらたは、電力・ガス業界固有の課題である、電力システムへの攻撃や新電力会社とのシステム連携などに対応したサイバーセキュリティソリューションを開発しました。

TMI総合法律事務所 弁護士 大井 哲也 × PwC 対談シリーズ 第1回

企業や組織に甚大な被害をもたらすサイバー攻撃。それによる個人情報の流出は大事件に発展しています。しかし、実は、攻撃されていることにすら気が付かず、情報が外部に漏れ続けているケースもあるのです。どのようなセキュリティの穴が狙われるのでしょうか。それに対して、どのような対策をとればよいのでしょうか。多くの事例を分析し、セキュリティ対策に当たっている2人が語ります。

日本企業に求められる 「EUデータ保護規則対応」(2016年9月29日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は9月29日に『日本企業に求められる 「EUデータ保護規則対応」』と題したセミナーを開催いたします。

PwCコンサルティング、大学生・大学院生向けにサイバーセキュリティ体験講座を開講(2016年9月15日)

PwCコンサルティング合同会社は、将来の経営者となりうる若者のセキュリティ意識の向上を目的として、大学生・大学院生を対象にした、サイバーセキュリティ体験講座を開講しました。

PwC、米国国家安全保障局よりサイバーインシデント対応支援認証を取得(2016年8月3日)

PwC 米国法人は、国家安全保障局(NSA)よりサイバーインシデント対応支援(Cyber Incident Response Assistance: CIRA)認証を取得しました。

PwC Japan、グローバルに事業展開する企業向けに個人情報保護の支援サービスを開始(2016年7月14日)

PwCコンサルティングが、EUデータ保護規則など各国の法規制に対応した、個人情報保護の支援サービスを開始しました。

Businnovare - PwC Technology Day - テクノロジーの進化がもたらす未来のビジネスイノベーションを考える1日(2016年6月23日 東京開催)

PwCコンサルティング合同会社は、「Businnovare- PwC Technology Day‐テクノロジーの進化がもたらす未来のビジネスイノベーションを考える1日」を2016年6月23日に東京で開催します。

Atmosphere Tokyo 2016(2016年6月14日、15日 東京開催)

2016年6月14日・15日開催の株式会社グーグル主催「Atmosphere Tokyo 2016」にてPwCコンサルティングより今井 俊哉 、PwCサイバーサービスより星澤 裕二が講演を行います。

Palo Alto Networks Day 2016(2016年6月7日 東京開催)

6月7日開催の「Palo Alto Networks Day 2016」にてPwCコンサルティング シニアマネージャーの林和洋が講演をいたします。

サイバーセキュリティ対策における不正アクセス対策とデータ保護(2016年6月3日 東京開催)

日本マイクロソフト株式会社とPwCコンサルティング合同会社は、「サイバーセキュリティ対策における不正アクセス対策とデータ保護」と題したセミナーを2016年6月3日に東京で開催します。

PwC 対談シリーズ 第5回

予期せぬサイバー攻撃がやってきても、慌てずに対応し、被害を最小限に食い止めるには、何と言っても事前に実践的な疑似体験をしておくことが一番です。さまざまなサイバー演習を提供している立場の2人が、サイバー演習の意義とポイント、そして今後のサイバー演習の在り方について語ります。

PwC 対談シリーズ 第4回

最もサイバー攻撃の対象になりやすく、また最も被害が甚大になりやすいのが、重要インフラ事業です。サイバー攻撃によって、人々の生活は一変し、さらには、生命や財産まで危険にさらされる可能性もあります。こうした重要インフラは、どのようにセキュリティを強化すれば良いでしょうか。目前に迫る危機について現状を踏まえて考えてみましょう。

サイバー攻撃対処としてのレスポンス能力の構築に役立つ取り組み

サイバー攻撃に係るインシデントへの対応体制としてCSIRT体制の設置が多くなってきてはいますが、体制構築に偏重する傾向が強く、能力向上のための取り組みは不足しています。本講演では、組織自らの努力でレスポンス(対応)能力を構築する取り組みをPwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問 名和 利男が紹介します。

PwC 対談シリーズ 第3回

それは眼には見えない世界で行われているため、気が付いたときには、国家の機密情報が盗まれ、インフラが機能不全を起こし、われわれの生活が壊滅しているという、これまでとは異なる戦争です。今回は、第5の戦場で繰り広げられるサイバー戦争にフォーカスします。

企業リスクとしてのサイバーセキュリティ~サイバーセキュリティ経営ガイドラインを踏まえて~(2016年3月16日 東京開催)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、パロアルトネットワークス株式会社と共同で企業経営層向けに「企業リスクとしてのサイバーセキュリティ~サイバーセキュリティ経営ガイドラインを踏まえて~」を、2016年3月16日に東京で開催します。

PwC 対談シリーズ 第2回(前編)

マルウェア分析の第一線で活躍する2人が対談します。国家間の攻撃から個人の攻撃に至るまで、攻撃者の目線でマルウェアを見続けている名和と、攻撃を解析し守る立場から見続けている星澤。2人の目に映ったものは何だったのでしょうか。

PwC 対談シリーズ 第2回(後編)

前回は、マルウェアがどのように発達してきたか、その変遷について対談しました。では今後、どのように進化していくのか、それに対して、どう対策を採っていけばよいのでしょうか――。後編は、誰もが気になるマルウェアの未来とセキュリティについて対談します。

サイバーセキュリティ コラム・対談

サイバーセキュリティ コラム・対談の一覧です。

クラウド・リスク・マネジメント(2016年01月22日)

多くの企業が直面するクラウドサービス利用にかかるリスクが整理集約された本書は、企業がクラウドサービスを利用する際、把握しておくべきリスクと適切に管理していく手法について解説しています。(同文館出版/2016年01月)

PwC 対談シリーズ 第1回

経済産業省は、2015年12月28日、独立行政法人情報処理推進機構とともに、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定・発表しました。セキュリティの専門家である2人が語ります。

PwCサイバーサービス、サイバー攻撃演習「レッドチーム演習」を提供開始(2016年1月18日)

PwCサイバーサービスが、組織の実利用環境へ疑似的なサイバー攻撃を仕掛け、セキュリティ態勢や対策を検証する、サイバー攻撃演習「レッドチーム演習」を提供開始します。

Game of Threats™ ‐サイバー攻撃とインシデントレスポンスを疑似体験する対戦型ゲーム‐

Game of Threatsは経営層やセキュリティ管理者がサイバー攻撃の脅威を疑似体験できる対戦型ゲームです。サイバーセキュリティ教育の一環としてサイバー演習やインシデントレスポンス訓練に活用いただくと効果的です。

サイバーセキュリティのための情報共有分析機関(米国ISAO)に関する調査分析結果および提言(2015年11月25日)

本レポートは、PwCが米国で2015年4月に開催したサミット「ISAOの設立および運用に関する構想」で得た重要な知見や推奨事項をまとめています。なお、本資料は、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」においても、引用されました。

内部関係者によるサイバー犯罪(2015年10月06日)

外部からの攻撃よりも内部犯罪の方がコストや損害が大きいと回答者の3分の1が述べたにもかかわらず、内部の脅威に対応するための計画を作成している回答者は半数に満たない状況です。

米国サイバーセキュリティ:停滞するセキュリティ対策 2015年米国サイバー犯罪調査における主な発見事項(2015年09月29日)

攻撃者は脅威や手法、標的を常に進化させる中、2015年米国サイバー犯罪調査において回答者の76%が過去12カ月と比べてサイバーセキュリティ脅威に対する懸念が高まったと回答しています。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項(2015年03月17日)

PwCが米国で実施したサイバー犯罪調査2014によると、「米国企業の約60%がサイバー脅威について懸念を持っているものの、サイバーセキュリティに対して戦略的な投資をほとんどしていない」という結果が導出されました。

グローバル情報セキュリティ調査2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

グローバル情報セキュリティ調査®2015(2014年12月09日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響(2014年09月16日)

本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援

サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援サービスでは、経営層が中心となった事故発生前提のプロアクティブな態勢を構築するために、サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援サービスを提供します。

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』(2014年08月11日)

PwC Japanでは、米Eurasia Groupと日本における共同マーケティング活動をしており、「サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争」と題した共同レポートを発行しました。

セキュリティインシデント検知機能の高度化・SOC構築支援

サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援サービスでは、経営層が中心となった事故発生前提のプロアクティブな態勢を構築するために、サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援サービスを提供します。

10Minutes データプライバシー(2014年04月28日)

企業は、顧客データの保護(法令遵守や信頼を得るため)と活用(収益性を向上させるため)のバランスをいかにして取ればよいのでしょうか。本10Minutesでは、効果的な先進事例を紹介しています。

グローバル情報セキュリティ調査2014(2014年02月05日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2013(2013年01月25日)

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

グローバル情報セキュリティ調査®2012(2012年03月20日)

PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

グローバル情報セキュリティ調査®2011(2011年01月10日)

PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。