ファンドニュース(84)ファンドの公正価値について‐容易に算定可能な公正価値に関する規定の一部修正

米国財務会計基準審議会(「FASB」)は、2015年に技術的修正と改善の一部として、容易に算定可能な公正価値(Readily Determinable Fair Value(「RDFV」))の定義を一部修正しました。この結果、RDFVの定義の中に、ミューチュアルファンドに類似した持分証券(1株当たりの公正価値が定期的に算定、公表され、取引する際の基礎となるもの)への言及が含まれました。

今回は、このRDFVの定義の一部修正について解説します。なお、本ニュースは「PwC In Depth US 2016-05(エクイティ投資が容易に算定可能な公正価値を有するか否かの評価)」の訳文となります。