PwC Japan ソーシャルメディアポリシー

PwC Japanのソーシャルメディア利用について

  • ソーシャルメディアにおける情報発信や対応については、法令やPwC JapanおよびPwCグローバルネットワークが定めた独自の内部規定などを遵守します。
  • 他者の知的財産権を侵害するコンテンツの投稿を行わないことはもちろん、個人情報およびクライアントや取引会社様などの機密情報の漏えい・目的外利用はいたしません。
  • ソーシャルメディア上においては、多種多様な背景・状況にある不特定多数の利用者がアクセスする場であることを常に意識し、各人が自覚と責任を持って、常に良識ある振る舞いを行うよう心がけます。
  • ソーシャルメディア上の表現行為として、誹謗・中傷など、公序良俗違反となるような行為はいたしません。

公式アカウントをご覧になる皆様へ

  • PwC Japanが正式に権限を与えた担当者のみが、情報発信をする権限を有しています。情報発信権限を有しない者がソーシャルメディアにおいて記載した内容は、個人の見解や意見であり、PwC Japanの立場、戦略、意見などを表すものではありません。
  • PwC JapanのスタッフがPwC Japanの所属であることを明記したアカウントを利用する場合でも、PwC Japanから正式に権限を与えられていない者が情報発信を行う場合には、当該情報発信については当該個人のみが責任を負い、PwC Japanは責任を負いません。
  • PwC Japanの公式発表および見解の発信は、下記のPwC Japan公式サイトおよびニュースリリースなどで行っています。
  • ユーザーによって投稿されたコンテンツはPwC JapanとPwC Japanのスタッフまたは関係者の意見や思想を反映しているものではありません。
  • PwC Japanはユーザーに対し、事前に何ら通知することなく、ユーザーがサイト上に投稿した情報および内容などの削除、公式アカウントへのアクセスや投稿のブロック、その他の必要な措置をとることができるものとします。
  • 各ソーシャルメディアの公式アカウントによって、対応方針(対応時間、返答可否など)は異なりますが、基本的には寄せられたご質問などにお答えすることはできません。あらかじめご了承ください。
正式な発表に関しては、PwC Japan公式サイトに掲載しています。
PwC Japanのソーシャルメディア利用に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。

PwC Japan ソーシャルメディア公式アカウント一覧 (2014年9月現在)

【Facebook】

【YouTube】

【Twitter】

サイト利用規約

公式アカウントの利用に関して本ポリシーに定めのない事項については、以下の規約が準用されるものとします。

著作権について

公式アカウントもしくはそのコミュニティにおいて、ユーザーが行った投稿にかかる著作権など (著作者人格権を含む、以下同じ) は、当該投稿を行ったユーザー本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、ユーザーはPwC Japanに対し、投稿コンテンツを、全世界において無償で非独占的に使用する (加工、抜粋、複製、公開、翻訳などを含む) 権利を許諾したものとし、かつ、PwC Japanに対して著作権などを行使しないことに同意したものとします。

個人情報について

ユーザーが、PwC Japan ソーシャルメディア公式アカウントに書き込みを行う場合には、本ポリシーに同意したものとみなします。ユーザーがPwC Japanソーシャルメディア公式アカウントに書き込みを行う場合には、ユーザーが公開しているユーザーの名前その他のプロフィール情報、プロフィール画像、性別、ネットワーク、ユーザー ID、友達リストなど、公開されているアカウントやプロフィール情報へのPwC Japanからのアクセスを許諾したものとみなします。

PwC Japanが取得したユーザーの個人情報は、PwC Japan各法人のプライバシーポリシーに従って、適切に管理いたします。 詳細の取り扱いについては、PwC Japanのウェブサイトの個人情報保護方針をご覧ください。

本ポリシーの変更について

PwC Japanは、ユーザーの了解を得ることなく、本ポリシーを変更することがあります。

*PwC Japanは、あらた監査法人、京都監査法人、プライスウォーターハウスクーパース株式会社、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース、およびそれらの関連会社の総称です。各法人はPwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム、またはその指定子会社であり、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。

*PwCは、世界157カ国におよぶグローバルネットワークに195,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

2014年9月
あらた監査法人
京都監査法人
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
税理士法人プライスウォーターハウスクーパース

 
 ページトップへ