ベンチャー支援

CFO育成を重視したベンチャー企業支援と、金融部門ファンド専門家を中心にしたベンチャーファンドの組成支援に注力

日本政府の成長戦略のもと、ベンチャー創造協議会の設置をはじめ、ベンチャー企業を支援するさまざまな施策が実施されています。このような動きに対応するため、PwCあらた有限責任監査法人では「ベンチャー支援センター」を設置し、PwCコンサルティング合同会社およびPwCアドバイザリー合同会社、またPwC税理士法人などから構成されるPwC Japanの各法人と連携し、ベンチャー企業の支援体制を強化します。

当センターは、スタートアップ段階にある企業も対象範囲に加え、CFOの育成をはじめとするベンチャー企業が直面するさまざまな経営課題の解決を支援します。さらに、PwCあらた有限責任監査法人金融部門のファンド専門家を中心に、ベンチャー企業の投資家であるファンドやベンチャーキャピタルの支援にも注力し、ベンチャー市場の拡大に寄与します。

ベンチャー支援センターのサービス

ベンチャー企業への支援

ベンチャー企業に対しては、成長段階に応じた事業戦略支援に加え、CFOへの総合アドバイザリーに注力します。ベンチャー企業の継続的成長には、ヒット商品・サービスを市場投入できるイノベーション・開発機能の強化とともに、それを支える管理部門(特にCFO)の強化は、社会的信頼を得るためにも不可欠です。そのため、当センターは、監査業務などで培った経営者視点から、CFO選定支援、CFOへの研修の提供なども含め、ベンチャー企業のCFO育成や財務管理機能強化のサポートを行います。ファンドの専門家と連携することで、ベンチャーキャピタルと良好な関係を維持するための内部統制構築の支援が可能です。

1) CFOへの総合アドバイザリー

  • CFO選定支援
  • CFOへの研修提供、財務・税務戦略策定支援、内部統制(財務報告プロセスなど)の構築支援
  • IPO支援など

2) 事業戦略支援

  • 事業戦略・IR戦略支援
  • 規制対応支援
  • 顧客開拓支援(海外も含む)など

ファンドやベンチャーキャピタルへの支援

ベンチャー市場拡大の礎となる、ベンチャーキャピタル(以下、「ファンドなど」)への支援においては、さまざまな利害関係を調整することが必要なファンドの組成段階において、金融部門のファンドの専門家が、会計・監査・税務に加え、ファンドなどの投資家の視点に立ったアドバイスを提供します。支援の際には、必要に応じ、その投資先であるベンチャー企業の支援チームと連携することで、投資先の業種などに応じたリスク管理などに貢献することが可能です。

1) ベンチャーファンドなどの組成支援

  • 投資ビークル(Vehicle/組織体)選定支援
  • 契約書・規定などの策定支援、ファンドなどの投資家への情報開示支援など

2) 投資先に関する支援

  • 投資先候補のリスク分析(財務デューデリジェンス、税務デューデリジェンス など)
  • 投資先のモニタリング支援(投資委員会サポートなど)
  • 投資先のバリュエーションなど

ベンチャー支援センターの特徴

ベンチャー支援センターは、PwCあらた有限責任監査法人をはじめ、PwC Japanの各法人における、ベンチャー企業のビジネスおよび各業種に知見・経験を有する専門家と、ベンチャーファンドなどに対して豊富な支援実績を有する金融部門のファンドの専門家が、柔軟に連携して支援します。各案件のニーズに対応してこれらの専門家がチーム体制を組んでサービスを提供することで、ベンチャー企業やファンドなどの固有の課題に対し、多面的な支援が可能になります。

ベンチャー支援センターのサービス