新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)支援関連サービス

新興国の台頭により、世界市場は大きく変化しています
次なる成長への準備は万全ですか?

 

持続可能性が鍵となる新興国進出

世界には40億人のBase of the pyramid (BoP) と呼ばれる貧困層が存在します。70億人の地球の人口の半数を占めるBoPの動向が、昨今注目されています。なぜなら経済発展により、BoPは新興中間層へと急速に変化し巨大消費市場を形成しつつあるからです。デモグラフィー(人口統計学的属性)の変化により、世界市場は今後10年間でこの新興中間層を中心に、様相を大きく変えることは間違いないでしょう。

企業が今後10年間の持続可能な成長を目指すのであれば、この巨大なボリュームゾーンとなる新興中間層をターゲットとした、新興国市場への進出は欠かせません。また、新興国への進出には国際機関、現地政府、NGOなどのさまざまなステークホルダーと協調し、経済的、社会的、環境的に持続可能なビジネスモデルを構築することが求められます。

PwC Japanは複雑かつ不明瞭な新興国での支援として、戦略策定やビジネスモデル検討、現地法規制や税制調査などのあらゆる角度から支援します。

新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)支援関連の主なサービス

 
 ページトップへ