サステナビリティ/CSV/CSR戦略と情報開示

 

企業価値創造を支えるサステナビリティ戦略

企業のサステナビリティとは、長期的な企業価値向上のためのビジネスアプローチです。この価値は顧客・従業員・株主・サプライヤーなどの社内外のステークホルダーにより創造されるものであり、ゆえにこのビジネスアプローチは戦略・マネジメントと情報開示の2つの側面から推進される必要があります。
また価値創造につながるサステナビリティ戦略とそれを実現するアクションプランの策定においては、サステナビリティのメガトレンド(地球規模の課題)に対するリスクと機会の把握、戦略および取り組みの価値の把握、戦略の進捗を捉える計測可能な指標の設定が不可欠であり、これらの新たな課題に積極的に取り組む企業のみが他社との差別化を図ることができ、ひいてはグローバルなリーディングカンパニーとしてその戦略的競争優位からもたらされる価値を享受できるものと考えられます。

戦略的競争優位により価値創造につながるサステナビリティ戦略の立案と実行に向けて
画像をクリックすると拡大します

多様化する情報開示の要請への対応

Corporate Registerの調査によると、CSR・サステナビリティレポートを発行する企業におけるGRI(Global Reporting Initiative)ガイドラインへの準拠の割合は増加し続けており、多くの企業にとってGRIガイドラインが非財務情報開示における重要な基準となっています。一方で、DJSI(Dow Jones Sustainability Index)やCDP(Carbon Disclosure Project)などのサステナビリティ格付けを含むさまざまなステークホルダーの要請により、情報開示の要請はますます多様化しています。このような状況の中、その全ての要請に個別対応することは極めて非効率であり、全ての情報開示要件を把握した上で、より効率的かつ効果的な情報開示の戦略を持つことが極めて重要です。

お問い合わせ

三橋 優隆
パートナー
 
 
田原 英俊
マネージャー
 
 
 
 ページトップへ