環境マネジメント関連サービス

サステナビリティが及ぼすビジネスへの影響がますます大きくなっています
今、環境やCSRに関する戦略的なマネジメントが求められています

 

サステナビリティとその経済的影響

企業を取り巻く社会情勢や規制環境の変化は、下記のようなサステナビリティに関する事象が持つ経済的な影響をより増幅させており、企業は、従来のスタンドアロン型の環境マネジメントから、戦略やビジネスモデルと関連付けたマネジメントが必要とされています。

  • 資源、エネルギー等の調達環境の激変
  • 再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度の施行
  • 温室効果ガスの排出規制と排出量取引の施行
  • 環境税の創設
  • 紛争金属に関する開示規制
  • CDP(Carbon Disclosure Project)やDJSI(Dow Jones Sustainability Index)のようなサステナビリティインデックスの台頭と投資家への影響
  • PRI(Principles for Responsible Investment)、赤道原則、環境金融行動原則のような金融行動の際のサステナビリティ配慮

これらサステナビリティに関連する事項を認識・測定、さらに分析・評価によりリスク・機会を見極め、経営戦略・ビジネスモデルに組み込んでいくことが求められています。

最適な手法の活用

サステナビリティ事象に関する財務・非財務の状況認識と測定は、サステナナビリティ会計(環境会計)によって行うことができます。環境会計は、実績データを把握し社会からの情報ニーズに応えるとともに、一定の条件の下での将来見積りや意思決定計算にも応用できるため、戦略やビジネスモデルの構築に際して有用な情報を提供することが可能となります。

また、環境問題に関する重大な財務影響については、環境債務評価や減損会計が必要とされ、重要な合併や買収に際しては、環境デューデリジェンスが不可欠です。さらには、企業のサステナビリティに関するリスクや成長性に関心を抱く金融機関にとって、企業のサステナビリティに関する状況を、適正に評価する基準を持つことが重要になります。

PwC Japanは、アカウンティングファームの強みとサステナビリティの専門性を組み合わせ、クライアントのより望ましい戦略とビジネスモデルの構築に貢献します。

 
 ページトップへ