世界のプライベートエクイティ社会責任投資調査2013
‐ESG管理が価値を高める‐

PwCはプライベートエクイティ(PE)業界におけるESG投資のとらえ方について、これまでで最も大規模な調査を今年実施しました。18カ国100社以上のPEファンド(管理資産総額8,600億米ドル以上)から回答が得られました。

プライベートエクイティ業界にとり、よりよい環境・社会・ガバナンス(ESG)管理は価値を守り、さらなる価値を創出するための機会を提供します。これらより得られるメリットは、ポートフォリオ企業や投資家のためだけでなく、広く社会のためにもなると考えられます。好ましいESG管理には明確な便益があるだけでなく、価値を算定し投資家や買収者、ステークホルダーなどに報告することも可能です。