紛争鉱物:FAQs(2)

2012年8月に米国証券取引委員会(Securities and Exchange Commission、以下「SEC」)においてコンゴ周辺国における紛争鉱物の使用に関する開示規則が公表され、SEC上場企業のみならず多くの企業がその対応を始めています。
PwCでは、この開示規則に関し、対象範囲、合理的な原産国調査およびデューデリジェンスなどについて数多く寄せられる質問についてFAQsを作成しています(紛争鉱物:FAQs (1)ご参照)
2013年5月末にSECスタッフが紛争鉱物に関するFAQを公表しました。それらに基づいてPwCは下記のFAQsを更新しています。最新情報は下記PwCサイト(英語)をご参照ください。

  • I am retailer; am I subject to Section 1502?
  • Is the packaging of a product covered under the rule?
  • What is the timeline for reporting if I acquire a company or become an issuer via an initial public offering?
  • What is the penalty for non-compliance?

本掲載にて扱っている特定のトピックの中には、SECあるいはSECスタッフによって明示されていないものもあります。したがって、これらの内容は暫定情報であり、変更する可能性もあります。
今後もSECおよびSECスタッフが公表する解釈指針をモニタリングし、逐次情報を更新していきます。
前回リリースしましたFAQs、および最新版のFAQs(英語のみ)は下記リンク先をご参照ください。

なお、SECがリリースしたFAQsは下記リンク先をご参照ください。