調査 /レポート -サステナビリティ

サステナビリティ情報開示

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月24日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

GRIガイドラインG4の概要(第1回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月09日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える前編です。G4の全体的な構成と基本的な考え方について、ガイドラインから読み取れる主要な事項についてまとめています。

米国における財務報告上の持続可能性情報開示-Sustainability Accounting Standards Board(SASB)の動向-(2013年05月17日)

米国の非営利の民間団体SASBが財務報告上の持続可能性情報の開示に関する基準策定の動きを活発化させています。理事会メンバーには元SEC委員も加わっていることから、今後の動向が注目されます。

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-(2013年04月10日)

まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

The sustainability yearbook 2011(2011年04月05日)

PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 最終回 事例からみる解決策と今後の課題(2009年04月02日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について第4回目となる本稿では、企業数社へのヒアリング結果および弊社グループが開催したセミナーのアンケート結果から浮かび上がった課題をご紹介しつつ、マテリアリティ判断を実施する際の留意点やポイントを考えてみます。

連載「AA1000」第3回 AA1000セミナー開催報告(2009年02月28日)

第3回目となるAA1000に関する連載である本稿では、あらた監査法人と株式会社あらたサステナビリティ認証機構が主催したセミナー「ステークホルダーから信頼されるCSR報告書を目指して~AA1000改訂とマテリアリティ評価に関する欧州・日本の実務動向~」の結果について報告します。

連載「CSR 報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 第3回 海外企業の状況分析と事例(2009年01月20日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、第3回目となる本稿ではAA1000AS採用事例など海外におけるマテリアリティの導入状況の紹介と国内企業との比較をしていきます。

連載「AA1000」第2回 AA1000APSの詳細(2009年01月14日)

AA1000についての連載2回目となる本稿では、AA1000APS(2008)にて定義されている「包括性」の根本原則、「重要性」および「対応性」の2原則についてご紹介いたします。

連載「AA1000」第1回 AA1000AS改訂の概要(2009年01月09日)

サステナビリティレポーティングに対する保証基準であるAA1000 Assurance Standard(以下、AA1000AS)が、本年10月24日に改定されました。今回から3回にわたり、AA1000AS改訂の概要および今後の動向をご紹介いたします。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第2回 国内企業の状況分析と事例(2008年12月26日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況に関する第2回目の連載となる本稿では、国内企業による2008年発行のCSR報告書で重要性(マテリアリティ)をどのように導入しているかの事例について詳しく見ていきます。

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第1回 2008年発行報告書の全般的な動向(2008年11月20日)

CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、4回にわたり連載で説明いたします。本稿では、改訂されたGRIのサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン「G3」を中心に解説いたします。

連載「SA8000規格」第4回 SA8000規格(SA8000ガイダンスドキュメント):1.児童労(2007年05月24日)

SA8000を策定したSAIからSA8000 のガイダンスドキュメントが発行されており、規格要求事項の解釈、および監査時の留意事項などが解説されています。本連載では、規格要求事項とその解釈について掲載していきます。

連載「SA8000規格」 第3回 SA8000規格の内容について(2007年02月06日)

SA8000規格について、その目的と対象範囲、要求事項、SA8000への取り組みのオプションを解説します。

連載「SA8000規格」第2回 SA8000の概況~サプライチェーンの労働・人権に関するマネジメント~(2007年01月09日)

SAI (Social Accountability International)が1997年に策定した国際規格SA8000に関し、その特徴、企業にとりSA8000に取組む利点について解説します。

ステークホルダー・エンゲージメントに向けて~2006年発行のCSR報告書に見る日本企業の関心~(2006年12月07日)

今年は1,000社を超える企業が環境報告書を発行・公表するのではないかと予測されています。2006年に発行された日本各社発行のCSR報告書を通して見える、報告書の名称・内容の変化やステークホルダー・エンゲージメント、これからの課題などについて解説します。

「ステークホルダーの特定」について考える(2006年03月31日)

企業の社会的責任(CSR)への関心が高まるにつれて、ステークホルダー・エンゲージメントへの関心も高まっています。本稿ではステークホルダーの特定の方法、解決すべき課題からステークホルダーの抽出方法について解説します。

AA1000SES‐世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準‐(2006年01月16日)

組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの具体的な要求事項およびクライテリアを解説します。

AA1000SES‐世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準‐~AA1000SESの目的と対象~(2006年01月12日)

組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの構成、目的と対象、The Stakeholder Engagement Manual について解説します。

ISAE3000の発効と日本への影響(2005年09月22日)

欧州連合(EU)の上場企業は国際財務報告基準(IFRS)に準拠して財務諸表を作成し、会計監査は国際監査基準(ISA)に準拠して行われるようになりました。EUのサステナビリティ報告書の保証への影響があるISAE3000改訂や日本の動向を解説します。

AA1000 Assurance Standard‐世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準(2004年05月12日)

“AA1000 Assurance Standard”とはイギリスのNGOであるAccountAbilityが2003年3月に公表したもので、世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準といわれており、その作成にはPwCも主要メンバーとして参加しました。

気候変動/温暖化対策

サステナブル投資の主流化:投資家の見解を探る(2016年4月28日)

責任投資原則を背景に、環境、社会、ガバナンス(ESG)に含まれるサステナビリティの問題が、投資家の戦略や慣行に与える影響を調査した結果、投資判断への影響力やそれが今後強まる可能性が明らかになっています。

低炭素化動向指標LCEI(Low Carbon Economy Index)2015レポート(2015年10月29日)

PwCでは毎年、G20の経済の低炭素化動向の指標であるLow Carbon Economy Index(LCEI)の調査分析を行っており、その最新レポートを2015年10月に公表しました。

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013(2014年05月30日)

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

GHGプロトコル「スコープ3」「プロダクト」スタンダード公表される(2011年10月28日)

温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gases)の算定・開示の基準の開発とその利用促進を進めているGHGプロトコルイニシアチブより、「スコープ3スタンダード」および「プロダクトスタンダード」が公表されました。

政府エネルギー政策の中間整理の内容と課題(2011年08月05日)

政府の国家戦略室に設置された「エネルギー・環境会議」は、今後のエネルギー政策の基本戦略検討に関しての中間的な報告である「『革新的エネルギー・環境戦略』策定に向けた中間的な整理」をとりまとめました。

政府による新たなエネルギー政策の検討(2011年07月11日)

政府は、現状のエネルギーシステムに関する課題を踏まえた上で今後の広範なスパンを対象とした戦略を策定するため、首相官邸主導で国家戦略室が携わる政策の1つである革新的エネルギー・環境戦略分野を検討する「エネルギー・環境会議」を発足しました。

Carbon Disclosure Project(CDP):Japan 500 Report[日本語](2010年10月20日)

2010年10月、カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)の日本報告会が開催され、国内大規模企業500社に対するアンケート結果「CDP Japan 500 Report」が発表されました。

オーストラリアの排出量取引制度 産業支援の内容(2009年10月26日)

オーストラリア政府は、前政権からヨーロッパ以外で初めてとなる排出量取引制度導入を表明し、制度の整備を進めており、これが成立すると規制の対象となる業種では大きな影響が予想されます。本稿では、支援策を含めたオーストラリアの排出量取引制度の概要と、制度の影響についてご紹介します。

強化される環境規制‐2009年に必要な対応のポイント(2009年02月17日)

2009年に改正が予定されており、企業対応が必要となる省エネ法、化学物質管理、土壌汚染防止などの環境規制・法令について、簡単にご紹介いたします。

排出量取引の国内統合市場の試行的実施に向けて(2008年11月20日)

2008年10月21日、政府は先に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」を受け、温室効果ガスの国内排出量取引制度の試行的実施(以下「試行実施」)を行うことを発表しました。市場メカニズムを活用し、技術開発や削減努力を誘導する方法を活用する必要があるとの観点に立って実施されます。

バイオエタノールを中心としたバイオ燃料の動向(2007年05月11日)

バイオ燃料は地球温暖化問題意識の高まりや原油価格高騰を背景に近年世界的に需要が増加している一方、農作物の価格に与える影響など今後食糧問題の新たな要因となる可能性が指摘されています。本稿ではバイオエタノールを中心としたバイオ燃料に関する動向を簡単に説明します。

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動(2007年02月28日)

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動について、ステークホルダーの関心、諸外国の動向事例の紹介をしながら解説します。

温室効果ガスの算定方法は算定目的にあわせて(2006年06月19日)

温対法 算定・報告・公表制度が施行は企業への影響も大きい。ただし温室効果ガス(GHG)の「算定の目的」は多くあり、算定目的に合った方法の選択が必要であり、その対応のためエネルギー使用量等の基礎的な活動量データ管理が重要となる。

WWFゴールドスタンダード‐ハイクオリティーな炭素クレジットのためのベンチマーク(2004年06月24日)

京都議定書で定められたCDMのルールはUNFCCCのCDM理事会で具体化されてきていますが、WWF(世界自然保護基金)ではより質の高いCDM/JI事業を実現するために独自の基準であるゴールドスタンダード(GS)を推進しています。

環境マネジメント

生物多様性に関する最近の動向について(2009年10月26日)

来年の2010年は国連によって定められた「国際生物多様性年」であり、愛知・名古屋における生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)開催が近づいています。本稿では、最近の生物多様性に関する動きをご紹介します。

連載「廃棄物」 第2回リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年08月12日)

廃棄物に関する昨今の動向について、第1回に引き続き、食品リサイクル法、建設リサイクル法、自動車リサイクル法について最近の動きを整理し説明いたします。

古紙配合率の偽装問題を受けて ~取引先・関係者はどこまで求めるべきか、製紙会社はどこまで対応すべきか~(2008年04月11日)

古紙配合率偽装問題が大きな問題となりました。この問題が投げかけたものについて、リサイクル商品に関する制度的な限界があるのか、また「環境配慮製品」の信頼回復に向けて、海外における取り組みやさまざまな森林認証制度などについて解説します。

連載「廃棄物」 第1回 リサイクル関連法に関する最近の動き(2008年03月25日)

「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」をはじめとするリサイクル関連法案の完全施行から約5年が経過しています。本レポートでは、各リサイクル関連法案の再検討作業において注目した点と問題点について整理します。

排出事業者の責務を認識し、廃棄物管理のリスク低減を(2006年12月27日)

廃棄物管理に関する動向に関し、有害性の低い廃棄物でも注意が必要な事項、潜在リスクのある安易な処理委託、廃棄物管理の現状把握とリスク削減について解説します。

アスベスト(石綿)に関する環境関連法の改正(2006年11月09日)

「アスベスト問題に係る総合対策」により大気汚染防止法、廃棄物処理法の環境関連法と建築基準法等が改正され、この8月、10月にかけて施行されています。

ゼロエミッションの質向上と不法投棄リスクの軽減(2006年04月18日)

多くの企業では、「排出事業者は廃掃法を遵守していればよい」との考えのもと委託処理業者まかせであることがほとんどですが、そのリスク軽減およびゼロエミッションの質向上を解説します。

サステナブルサプライチェーン

持続可能なサプライチェーン:価値の最大化に向けて(2015年09月29日)

APICSとPwCは企業の経営層が持続可能なサプライチェーンの構築に向け、どのように優先順位を見極めているか調査を行いました。本調査では、持続可能性に向けた取り組みの成功要因を探ります。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -(2011年12月15日)

PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

事業継続性とサプライチェーンリスク(2011年08月30日)

本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)(2011年07月13日)

米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

日本におけるCSR調達の状況(2009年03月24日)

人権や労働環境など社会面も含めた、サプライチェーン全体のCSR の取り組み(「CSR 調達」)について、注目され初めてから現在までに日本企業はどのように対応しているのか解説していきます。

連載「SA8000規格」第1回 サプライチェーンにおける倫理・社会性への関心の高まり(2006年11月15日)

サプライチェーンのCSRマネジメントについて、SA8000を中心に4回に分けて説明していきます。

新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)

10Minutes アフリカ投資について(2011年09月05日)

アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

全般

新たなレンズを通してビジネスを考える CEOはサステナビリティをどう捉えているか(2016年7月29日)

PwC が実施した第19回世界CEO 意識調査の結果は、企業のサステナビリティ(持続可能性)に関する問題について、企業のCEOがどのように考え、そしてそれをコアビジネスに組み入れようとしているか示しています。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則(2016年7月8日)

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

ビジネスと持続可能な開発目標(SDGs)‐SDGs実現に向けて企業に何が求められているか(2016年4月15日)

PwCは持続可能な目標(SDGs)の実現において企業がどの程度の準備を進めているか、また、市民が企業に何を期待しているかについて、世界15カ国の企業986社および2015名の市民を対象に調査を実施しました。

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

ビジネスに影響を及ぼす"水"リスク(2015年05月01日)

ビジネス上のリスクのうち水は重要な課題の一つであり社会的にも優先度が高い懸案事項となっています。PwCの最新のレポートでは水リスクへの対応や水を分かち合うための方法について述べています。

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点(2014年11月10日)

PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」(2012年12月27日)

PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~(2012年12月10日)

「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

技術だけでは不十分である(2012年09月13日)

クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

コーポレートレスポンシビリティから生みだされる企業価値(2011年12月16日)

東日本大震災を契機として、企業の社会的責任の果たし方・開示の仕方が見直されています。本レポートは、米国での最新動向を起点に、企業価値向上に貢献する、企業の社会的責任に関する情報開示のあり方を考察します。

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響(2011年08月31日)

PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?(2011年08月30日)

本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

Big Picture ~サステナビリティの未来を考える(2010年10月10日)

PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学(TEEB)(2010年09月30日)

国連の研究調査「ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学」によると、評価方法や分析方法がより良くなれば、世界の自然資本に関する大規模なビジネスやその影響の調査が一層促進される、と報告しています。

Vision 2050‐主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算(2010年08月20日)

2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。