Big Picture ~サステナビリティの未来を考える

Big Picture ~サステナビリティの未来を考える

PwCは、ビジネスや政策のリーダーと共に、 持続可能な社会とビジネスについて、ビジョンと課題解決策をディスカッションするため、実用レポート『Big Picture~サステナビリティの未来を考える 』を作成しました。

2020年、2050年の気候変動、資源、人口、経済の未来像とは?どのような相互作用、あつれきがビジネスに影響を及ぼすのか?景気低迷と激化する国際競争の狭間にありながら、未来の視点からサステナビリティの課題とどう対峙していくのか?
プロフェッショナルファームとして、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」です。

 

各章の概略

1.はじめに
加速度的な情報化とグローバル化の進展の中で、静かにそして確実に進む価値の多様化。この混沌とした社会状況をチャンスに変えることを目指す組織や企業のリーダーの皆様に対するメッセージをまとめました。

2.地球規模のメガトレンド
国の発展や企業活動を取り巻く地球レベルの潮流および変化の動向や特徴を理解することが重要になっています。持続的な社会づくりと企業経営が求められる根本的な理由について分析しています。

3.世界のガバナンスの潮流と新たな視点~サステナビリティを踏まえたフレームワーク
国や企業のリーダーとしての判断と行動の原則。第2章の地球規模のメガトレンドがもたらすさまざまな課題に対して、リーダーに求められる思考様式と行動を明らかにします。さらに、政府や企業が持続可能な発展と社会を目指すための考え方や取り組みのアプローチに関するヒントを整理しました。

4.サステナビリティに関するリスクの認識
第2章の地球規模のメガトレンドは、国や地域社会、個別の企業にさまざまな影響を及ぼします。未然の対応や今後の戦略に役立つよう、物や人命など、社会的な損害や企業活動への影響と具体的事例をまとめました。
 

5.セクター分析
第2章の地球規模のメガトレンドと第4章のサステナビリティに関するリスクの認識から、民間企業や公益事業に着目し、主要な8つの分野に関し、予想されるリスクと投資機会について具体的に踏み込んだ分析を試みました。
 

6.社会的制度インフラ(公的制度・イニシアチブ)
「持続可能な社会の形成」に向けて、民間企業や公益事業の取り組み以外に、制度・仕組みや社会的基盤における課題を整理し、政府などの制度・政策や施策に期待される役割についてまとめました。

『Big Picture~サステナビリティの未来を考える』

 
 ページトップへ